セカンドバージンは痛い? しばらくセックスしていなくても大丈夫?

けっこういるんですよね、セカンドバージン女子。もう、セックスがどういうものだったか忘れてしまった、なんていう人もいるのでは? いざ彼氏ができたときや、いい雰囲気になったとき、セカンドバージン女子はどうすればいいのでしょうか。

セカンドバージンとは?

しばらくの間セックスをしていない状態をセカンドバージンといいます。特に「2年以上セックスをしていない」という人が当てはまります。それだけご無沙汰だと、気持ちは処女に近いかもしれませんね。

いざ、いい雰囲気になっても「痛いのはイヤ」「ちゃんとセックスできるかな」など、不安もいろいろと出てきます。

「長いこと彼氏がいないから」「付き合いが長い彼氏とセックスレスが続いている」「仕事が忙しくて遊びすらできない」など、理由も人によってさまざま。

セカンドバージン女子のホンネ

私のまわりにも「セカンドバージン女子」がいるので、本音を探ってみました。

「元カレと別れた直後は次の恋がしたくてしょうがなかったけれど、しばらくすると恋愛自体にあまり興味がなくなってしまった。出会いがありそうな場に誘われても、あまりに久しぶりすぎて臆病になってしまう。ドキドキしたいし、セックスに興味がないわけではないけれど、どうすればいいのかわからない」(27歳/公務員)

「合コンで出会った人といい雰囲気になったけど、久々すぎてキスの先を拒否してしまった。もしかしたらチャンスだったのかもしれないのに、もったいなかった」(24歳/大学院生)

「仕事に没頭している間に、彼氏いない歴4年になってしまった。もうすぐ30歳なのに、遊びのセックスすら全くしていない。下着やメイクも適当になってしまったのでかなり焦っている」(29歳/サービス業)

「性欲はあるので、彼氏がいなくてもひとりで慰めていた。気付いたら彼氏いない歴2年半。ひとり慣れしているので、セックスで感じるかどうか不安」(27歳/派遣社員)

セカンドバージンは痛い? しばらくセックスしていなくても大丈夫?

多くのセカンドバージン女子に共通しているのは「セックスに不安を感じる」「女磨きをしていない」というところ。

美容院にしばらく行っていない、新しい下着を買っていない、性格が男っぽくなってきた……など、思い当たることはありませんか?

セカンドバージンは、久々にセックスすると痛い?

処女の時のような痛みはありませんが、「濡れなくて痛い」「久々に激しいセックスをしてヒリヒリする」「セックス後、下腹部が痛くなった」ということはよくあります。

【セカンドバージン=痛い】ではありません。

【セカンドバージン=不安や緊張が強く、セックスを楽しめない。受け身になってしまう】が正解だと思います。

だからこそ、挿入までに十分濡れておくこと、コミュニケーションをしっかりとっておくこと、激しいセックスをしないことの3つが重要です。

相手にセカンドバージンを打ち明ける必要はありませんが、自分の状態を確認しながら、優しいセックスをしてくれる相手を選ぶ必要があります。

焦って適当な相手とセックスしてしまうと、激しいピストンでお腹が痛くなったり、膣が傷ついて出血してしまうこともあります。

セカンドバージンは痛い? しばらくセックスしていなくても大丈夫?

セカンドバージンの悩みから脱出するには?

とにかく焦らないことです。まずは、今まで放っておいた女磨きを復活させましょう。メイク、髪型、ムダ毛処理などが雑になっていた人はそこから。

今なら大丈夫! という状態になったら、積極的に行動しましょう。気になる人がいればデートに誘う、特に相手がいない人は合コンやパーティーに積極的に参加してみましょう。

実際セカンドバージン女子はかなり多くいるので、周りと比較する必要はありません。男性からすれば、多少ぎこちないほうが可愛く思えるものです。

セカンドバージンは痛い? しばらくセックスしていなくても大丈夫?

それにセカンド童貞男性だっていっぱいいるんです。焦らず、ゆっくりと、自分を大切にしてくれる人を探しましょう。

千晶の他の記事を読む


この記事どうだった?

10いいね!

0うーん…