恋人をホテルに誘う時に覚えておきたいこと4つ

一般的に、恋人をホテルに誘うのは女性ではなく男性の役割とされがちです。その一方で、女性側からホテルに誘うことで変えられる関係や状況があることもまた事実。

今回は、恋人をホテルに誘う時に覚えておきたいポイントを4つご紹介していきます。

改まらない

たとえ相手が気心の知れた彼氏であったとしても、自分からホテルに誘うのは勇気がいるものですよね。

でも、だからこそあなたからホテルに誘われた彼の驚きと喜びも大きなものになるんです。

ここであなたが緊張のあまり、必要以上に改まった態度を取ってしまうと、彼は「なんだか無理してる?」と感じてしまい、素直に喜びを表現することができません。

自分から彼をホテルに誘う際は、できる限り普段通り、まるで天気の話でも始めるかのような自然な雰囲気で切り出せるといいですね。恋人をホテルに誘うときに覚えておきたいこと4つ

“あなただから”をアピールする

初めてあなたの方からホテルに誘われた彼は、嬉しい反面、「突然どうしたんだろう」といぶかしむ気持ちも同時に持っているはずです。

そんな彼の思いを払拭するためにも、自分からホテルに誘った理由をハッキリさせておきましょう。

――セックスがしたくなった
――二人きりになれる場所に行きたかった

そんな理由でも十分なのですが、最も効果的なのは“あなただからこそ自分から誘いたくなった”という気持ちを表現することです。

「自分からホテルに行きたいなんて思うの、あなただけなんだよ」

そんな風に伝えることができたなら、彼はたちまち有頂天になるはずです。恋人をホテルに誘うときに覚えておきたいこと4つ

誘いが成功したら、一転通常モードへ

彼が上手く誘いに乗ってくれたなら、それまでの緊張を解きほぐし、いったんクールダウンしましょう。

というのも、誘う段階からホテルに入ってセックスにいたるまで、緊張のあまり一貫して普段よりテンションが高い状態が続いてしまうと、彼に“単純に性欲が高まっている状態”と誤解されてしまう恐れがあるからです。

そうなると、せっかくの勇気を振り絞ったお誘いや“あなただから”のアピールも無意味なものになってしまいかねません。

そうした事態を避けるためにも、ホテルに誘うことが成功した時点で気持ちを切り替え、普段のあなたを取り戻しましょう。

そうすることによって、自分から彼をホテルに誘ったあなたの勇気と特別感がより一層際立つことになるはずです。

「また誘ってもいい?」

ホテルでの彼との時間を存分に満喫したら、最後にぜひ「また誘ってもいい?」と彼に尋ねてみましょう。

この問いかけによって、婉曲的に“彼とのホテルでの時間に満足したこと”を彼に伝えることができるんです。

まず100%の確率で彼は「いいよ」と言うでしょうし、性欲とプライドを満たされたことによってあなたへの愛情もグッと高まることでしょう。

自分を誰よりも必要としてくれる大切な存在として、改めてあなたという存在の重要性に気付かされることになるんです。恋人をホテルに誘う時に覚えておきたいこと4つ

終わりに

いかがでしたか?

好きな人を自分からホテルに誘う上で覚えておきたいポイントがお分かりいただけたのではないでしょうか。

あなたと好きな人との関係を思い通りに進展させるため、ぜひ今回の記事を一つのヒントにしてみてくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

7いいね!

1うーん…