“遠距離の彼女”をもつ男子の本音とは?

“遠距離の彼女”に対する男子の本音、あなたは知っていますか?

今現在“遠距離の彼女”の立場にあるあなたはもちろん、今は他人事に感じているあなたも、いつその立場になるかはわかりません。

今回ご紹介する“遠距離の彼女”をもつ男子の本音。ぜひあなたの恋の参考にしてみてくださいね。

「大好き!!」

――彼女のことはモチロン大好き。なかなか会えないのはさみしいけど、そのぶん会えたときは最高に幸せ。浮気なんて考えられません!(29歳/製造)

 

“遠距離の彼女”に対する彼氏の気持ちとして、女子が考えるもっとも理想的な答えなのではないでしょうか。思うように会えない遠距離の関係に不安を抱いているのはお互い同じ。

そんな中で、こんなふうに彼氏がゆるぎない愛情を抱いてくれているとしたら、これ以上なく幸せかつ安心ですよね。いつか思う存分一緒にいられる日がくるまで、穏やかに愛を育んでいくことができそうです。

“遠距離の彼女”をもつ男子の本音とは?

「大好きだけど、あわよくば……」

――彼女が1番大切で、大好きな気持ちに変わりはないです。でも、仮に今浮気をしたとしても彼女にバレる心配はないんだって思うと……あと腐れなく遊べそうな子がいたらいっちゃうかも……。(32歳/営業)

 

女子としてはいささか不満ではありますが、男子からしてみると、これが最もリアルな本音かもしれません。

よく知られているように、男と女の本能には大きな違いがあって、基本的に男は“可能な限り多くの女を所有したい”という潜在的な願望をもっているとされています。

その願望は、社会構造やモラルによってほとんどの場合叶えられることはありませんが、“彼女との遠距離”というある意味好条件のもとであれば、中には本能に従ってしまう人がいるのも不思議なことではありません。

とはいえ、こういったタイプの男子は、「なにがなんでもほかの女子と遊びたい!!」とまでの欲求をもっているわけではありません。

どんな形であっても浮気は許せない、とあなたが思うのであれば、あらかじめ釘をさしておくことで簡単に防止できるはずですよ。

“遠距離の彼女”をもつ男子の本音とは?

「別れたほうがいいのかな?」

――遠距離になったときは、彼女への気持ちはなにがあっても変わらないって思ってました。でも、ぶっちゃけ今はそこまでの気持ちはありません。このままズルズル付き合うなら、別れたほうがお互いのためかなって思ってます。(35歳/販売)

 

遠距離恋愛の哀しい現実と言ってしまえばそれまでですが、変わらず彼氏を思い続けている“遠距離の彼女”の立場から考えると、なんともやるせない気持ちになってしまいますよね。

とはいえ、人は身近な相手により深い親愛を抱く生き物です。遠く離れた時期が長くなれば、気持ちが離れてしまうのも致し方ないのかもしれません。

「気持ち的には終わってる」

――僕の気持ち的には彼女との関係はとっくに終わってるんですよね。彼女のほうもそうなんじゃないかな。このまま自然消滅だと思うんですけど……。(25歳/美容師)

 

なんとも残酷な言葉です。

恋の終わりがもはや回避不可能なものであるのなら、スッキリ気持ちを切り替えて次の恋に向かうためにも、“別れの言葉”というケジメがほしいものですよね。

とはいえ実際のところ、こういった自然消滅は、遠距離の恋では珍しくないものなのかもしれません。

“遠距離の彼女”をもつ男子の本音とは?

おわりに

いかがでしたか?

“遠距離の彼女”に対する思いも、人によってさまざま。上手に彼の気持ちを汲み取りながら、ふたりのステキな関係を育んでいってくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

22うーん…