感情のコントロールができない! 穏やかな気持ちになれるコツって

うまく感情のコントロールができないときは、誰よりも自分自身がきついですよね。怒りや悲しみ、後悔などの重苦しいマイナスな気持ちに取りつかれてはいませんか?

今回は、そんなイヤな気分を吹き飛ばすことができる、上手な感情のコントロール法をお教えしていきたいと思います。マイナスな気分は運気を遠ざけてしまいますので、早めに解消しちゃいましょう!

仕事や勉強を始めてみよう

落ち込んでいたり焦りすぎたり……感情のコントロールができていないときには、何も手につかないような状況に陥ってしまいがち。しかし、あなたにはやらなければいけない・やるべきことがあるはずです。

学生の人なら勉強が残っていませんか? 社会人の人は、仕事は放っておいて大丈夫なのですか? とにかく、目の前にある「やるべきこと」に手をつけて、し始めてみることが感情のコントロールをするコツです。

精神科医の人も提唱している方法ですが、このようにやるべきことにまずは取り掛かってみると、「行動」を取ることによってマイナスの気持ちが薄れてくるのだそうです。

勉強や仕事などはやっているうちにだんだん集中してくるもの。気づけば終わっていて、そのころには何であんなに悩んでいたのだろう……なんていう晴れ晴れとした気持ちになっているかもしれませんね!

感情のコントロールができない! 穏やかな気持ちになれるコツって

ひとりになってゆっくりしよう

怒りの気持ちやイライラがひどいときは、誰かと一緒にいてもらうことは得策ではありません。

そのマイナスのエネルギーをそのまま相手にぶつけてしまいがちになりますし、そうなったらあなたのみならず大切な友達や恋人まで不愉快な気持ちになってしまうでしょう。そのような状態になれば、ますますあなた自身が落ち込んでしまいます。

感情のコントロールがどうしてもできないときは、ひとりでいることにしましょう。その気持ちと1度ちゃんと向き合ってみることも、感情のコントロールをするためには大切なことです。

そのマイナスな気持ちはあなた自身の問題です。他人にそれをぶつけて解消しようと測るのは、絶対にいいこととは思えません。感情のコントロールができないときには、他人を傷つけてしまうようなことが起きないように、ひとりでいることにしましょうね。

感情のコントロールができない! 穏やかな気持ちになれるコツって

意地悪な人には逆襲してみよう

あなたの感情のコントロールができないほどのストレスは、もしかしたら身近な人に攻撃されているのが原因ではありませんか? 例えば毒舌ぶった友達や、意地悪な会社の上司など……。

そのことが原因で落ち込んだり、暗い気持ちになっていたとしたらあなた自身がかわいそうです。しかし、いい方法があります。それが「その相手に逆襲すること」です。

いじめられても気にしないのが1番ですなどと言われて育った私たちは、ついつい精神的な攻撃をされたときも気にしないふりをして、スルーしようとしてしまいますが、そんな相手に遠慮をすることはありませんよ!

感情のコントロールができない! 穏やかな気持ちになれるコツって

ハッキリと声に出して「それは傷つくので、やめてください」と言えたとしたらスッキリとしますし、鈍感な相手にも不快なのだということが伝わります。

スッキリすることが、マイナスな感情のコントロールをする最大のコツなのです。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…