彼氏が風邪を引いた時に女子力をアピールできる看病って!?

季節の変わり目は、気温の変化から体調を崩してしまいやすい時期です。大切な彼氏に「風邪を引いた」と言われたなら、逆にチャンスなのかもしれません。優しく看病をして、「この子でよかった!」と感激してほしいですよね。

この記事では、風邪を引いた彼氏に女子力をアピールできる看病を紹介していきます。

優しい言葉をかけてあげる

彼氏とまだ付き合って日が浅いのなら、お見舞いに行って看病をするというのは遠慮したほうがいい場合もあります。あなたがもし風邪を引いたとしても、色々な意味で彼氏にお見舞いに来られたくはないこともありますよね。彼氏も同じかもしれません。

部屋が散らかっているとか、うつるかもしれないからとか、色々と事情はありますので、彼氏に来なくても大丈夫だと言われたのなら無理に看病には行かず、その言葉に従ってあげてください。

「無理しないでね」

「私に何かできることがあったら教えてね」

なんてLINE(ライン)などでメッセージを入れれば、きっと彼氏の心に響くはずです。

彼氏が風邪を引いた時に女子力をアピールできる看病って!?

風邪薬や必要なものを持って行ってあげる

風邪を引いて寝込んでいる時は動けません。一人暮らしなら、孤独感もものすごいです。

そんな時に気心知れた彼女から「何かいるものある?」と聞かれて、嬉しくない男性はいないはず。彼氏もとっても助かるでしょう。

市販の風邪薬は体質もありますから彼氏の希望を聞いて、後はあなたのセンスで栄養ドリンクやゼリー、のど飴などを買って差し入れしてあげてみてください。

これだけでも、ずいぶん感謝されることに驚くはずです。

風邪を引いている時には気弱になっているものですから、上手く利用をして彼氏の心の隙間に潜り込んでしまいましょう!

彼氏が風邪を引いた時に女子力をアピールできる看病って!?

消化にいいものを作ってあげる

風邪を引いている彼氏の為に、胃に優しい雑炊やおかゆなどをささっと作って看病してあげられると好感度は高いです。

ささっと、というところがポイントで、手の込んだものを長々とキッチンに立って調理したりということは止めておきましょう。料理が得意な人がやりがちなミスですが、体調の悪い時に凝ったものを出されるというのは拷問に近い行為です。

風邪で寝込んでいる彼氏は何も食べていないこともありますから、消化にいい軽めのものなら喜ばれるはず。

料理が本当に苦手だという人は、レトルトのおかゆなどを買って行って、温めて出すだけでも看病になりますよ!

彼氏が風邪を引いた時に女子力をアピールできる看病って!?

病院に付き添ってあげる

看病に行ったはいいものの、彼氏の熱があまりに高い場合や辛そうな場合には、ぜひ病院に連れて行ってあげてください。ただの風邪でもこじらせてしまうと大変です。

近くに病院があるなら一緒に歩いて行けばいいですが、遠い場合は車で行ってあげると彼氏はかなり助かるでしょう。

気弱になっている時の彼氏はあなたに看病をされたことで、将来の同棲や結婚を現実的に考え始めてくれるかもしれません。

彼氏に風邪を引いたと言われたなら、絶好の大チャンスです。ぜひ優しくいたわってあげてくださいね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…