優しい雰囲気は眉毛で作ろう! いまどきふんわり顔の作り方

優しいイメージを演出したいとき、大切なのが眉毛。眉毛が変わるだけで、全体の雰囲気は大きく変わります。

これからご紹介する眉毛メイクのポイントを押さえて、優しいイメージの女性に変身しちゃいましょう! 

優しい眉毛の作り方ポイント

眉毛は、顔全体のイメージを変えてしまうとても重要なパーツです。特に、細い眉、つりあがった眉、太い眉はきついイメージを与えやすいので注意しましょう。

優しいイメージを演出するためには……

◆太めに整えること
◆色はやや薄めにすること
◆髪の色よりもワントーン明るい色を選ぶこと
◆山を大胆に作りすぎず、平行のシルエットを作ること
◆眉尻の位置は、眉頭よりも少しだけ上辺りにすること
◆眉を長くしすぎず、やや短めに整えること

このようなポイントを意識しながら、メイクしましょう。優しい雰囲気は眉毛で作ろう! いまどきふんわり顔の作り方

優しい眉毛を作るために揃えたいコスメ

理想の眉毛を作るためには、必要なコスメを用意することからはじめましょう。

◆眉マスカラ

自眉の色が濃いときや髪の色と合っていないときは、眉マスカラを使ってカラーを調整しましょう。

黒髪のときはグレーの眉マスカラ、茶髪のときはブラウンやライトベージュの眉マスカラなど、ワントーン明るい色を選びます。

 

◆アイブロウパウダー

濃すぎず、ふわっとした質感を演出するためにはパウダータイプのアイブロウアイテムがおすすめ。

濃く、しっかり描けるペンシルタイプのアイブロウと違って、パウダータイプならふんわりとした質感が演出しやすくなります。理想の眉色を実現するためには、いくつかのパウダーをブレンドして使うことがおすすめです! 

 

◆眉コーム

眉毛の流れや向きを整えるコームです。最後の仕上げで使うことで、きれいな眉毛を実現します。

優しい眉毛を描くきの手順

必要なアイテムを揃えたら、さっそく眉毛を描いていきましょう。

1.アイブロウパウダーを使って、眉の形を整える
2.眉の長さが足りない場合や、密度が足りない部分をアイブロウパウダーで埋めていく
3.眉マスカラを塗り、全体のカラーを染め上げる
4.最後に、眉コームで眉毛の流れを整える

眉毛を描くときは、鏡を動かしたり、顔の角度を変えたりと、色んな角度からチェックすることが大切です。

正面から見るとうまく描けているような気がしても、角度を変えると短すぎる、薄すぎる……など、気になるポイントが目に入るかもしれません。優しい雰囲気は眉毛で作ろう! いまどきふんわり顔の作り方

思うように優しい眉毛が描けないときは……?

コスメを揃え、上記の手順通りに眉毛を描いていても、理想の優しいイメージにならないときもありますよね。

特に、自眉が太い人、濃い人は強い印象を与えやすいので注意が必要です。あらかじめ眉の上の部分を剃り、平行のシルエットを作っておくと、優しいイメージを演出しやすくなります。

自眉の色が濃く、主張しすぎてしまうときには眉毛を脱色するという方法もあります。脱色クリームを眉毛に塗ることで、眉毛を薄く目立たないものに変えるのです。

ただし、顔というデリケートなパーツに脱毛剤を使うことにはリスクもあります。自己判断に頼らず、サロンに相談することがおすすめです。優しい雰囲気は眉毛で作ろう! いまどきふんわり顔の作り方

眉毛を変えて、優しいイメージの女性になろう

普段と同じメイク手順でも、眉毛が変わると「イメージが違う!」と驚かれることがあるかもしれません。

シルエット、濃さ、長さなどを研究しながら、自分の顔に合う眉毛を探してみましょう。そして、優しいイメージの女性に変身してくださいね。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…