ゆらぎ肌で夏をどう過ごす? 季節に合わせたスキンケアポイント

ゆらぎ肌の人にとって、紫外線の強い夏は怖い季節。お肌に大きなダメージを与えかねないため、乾燥しやすい冬とは違う、十分なケアが必要不可欠です!

ゆらぎ肌の人に試してもらいたい、夏のスキンケア方法をご紹介します。

ゆらぎ肌の人が、夏に気をつけるべきこと

ゆらぎ肌の人は、季節の変わり目に肌トラブルに悩まされがち。秋から冬、冬から春と、それぞれの季節に違った悩みを抱えますが、今回は特に「夏」のお悩みに焦点を当てていきましょう。

夏場、肌トラブルの主な原因となるのが「紫外線」です。紫外線は、シミ、シワ、ニキビと、あらゆる肌トラブルの原因になります。

ゆらぎ肌の人は、春の終わり、暑さを感じはじめた時期から、早めに紫外線対策をしなければいけません。

続いて、夏に多い肌トラブルと言えば「テカリ、べたつき」。汗をかきやすい夏は、皮脂の分泌が多くなります。メイクも崩れやすくなるため、こまめな対策が必要になります。

また、急激に気温が暑くなると、扇風機やクーラーを使って体温調整をする機会が増えますよね。冷房器具は熱中症対策に欠かせませんが、使い続けていると身体が冷えすぎてしまいます。

冷えは、乾燥やターンオーバーの衰えにもつながるため、適温をキープしましょう。
ゆらぎ肌で夏をどう過ごす? 季節に合わせたスキンケアポイント

ゆらぎ肌の人の、夏のスキンケア方法

秋冬など、乾燥を実感しやすい季節は保湿ケアを徹底する人は多いはず。それに比べ、夏はべたつきやすいことから、さっぱりとした質感を求めてしまいますよね。

実はここが、夏のスキンケアの落とし穴。表面がべたついて感じられるお肌でも、内側は乾燥している可能性があります。

乾燥したお肌は、潤すためにどんどん皮脂を分泌してしまいます。そしてお肌の表面がべたつくという、悪循環を招いてしまいます。

この悪循環を断ち切るためには、保湿ケアを徹底することからはじめましょう。ゆらぎ肌の人にとって、お肌の内部にまで保湿成分や美容成分を浸透させることは、とても重要です。

暑さを感じはじめたら、より丁寧な保湿ケアで夏を迎える準備をはじめてください。

さっぱりとした使い心地のスキンケアアイテムは夏に気持ちよく使えますが、ゆらぎ肌の人はお肌の状態を見極めながら使う必要があります。

使ってみて、テカリやべたつきが過剰に感じられたなら、高保湿タイプのスキンケアアイテムに切り替えて様子を見ましょう。
ゆらぎ肌で夏をどう過ごす? 季節に合わせたスキンケアポイント

ゆらぎ肌の人のための、夏のケアポイント

紫外線は、3月ごろから少しずつ強くなり、7~8月、夏真っ盛りの時期にピークを迎えます。そのため、体感ではまだ春という時期から紫外線対策を始めるのがベスト。

紫外線が気になる季節に差しかかったら、ベースメイクの前に日焼け止めクリームを塗る習慣をつけましょう。しかしゆらぎ肌の人の場合、日焼け止めクリームそのものがダメージになってしまうことも少なくありません。

そんなときは、日焼け止め効果の高い下地クリームやファンデーションを使いましょう。顔や手足はもちろん、見落としやすい首やデコルテまでしっかりクリームを塗り広げ、十分に対策してください。

汗をかいたときには、こまめに拭き取ることも大切です。汗を放置していると、雑菌が繁殖し肌トラブルの原因になりかねません。常に清潔なタオルやハンカチ類を持ち歩いて、優しく拭き取る習慣をつけましょう。
ゆらぎ肌で夏をどう過ごす? 季節に合わせたスキンケアポイント

ケアを徹底すれば、夏のゆらぎ肌も怖くない!

夏にすべきスキンケアをあらかじめチェックしておき、早めの対策を心がければ、ゆらぎ肌の人もきれいなお肌をキープしやすくなります。

夏へ向けて衣替えをはじめる頃には、お肌も夏を迎える準備を始めてくださいね!

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…