湿度高い日=肌トラブルが起きやすい? 不快な季節のケア方法!

湿度高い日が続くと、肌トラブルが増えお肌のコンディションに変化を感じませんか? 

実は湿度高い日には、肌トラブルが起きやすくなる原因がたくさんあるんです。

季節の変わり目には、美肌を手に入れるためのケア方法をチェックしておきましょう。

湿度高い日、お肌に与える影響とは?

ニキビ、毛穴開き、ゴワつきやかさつき、シミやシワといった肌トラブルの多くは「乾燥」が原因で発生します。

じめじめ、ムシムシとした湿度高い日は、乾燥とは真逆の状態のため、肌トラブルが起きにくいと感じてしまうかもしれません。しかし実際は、湿度高い日にニキビが発生したり、かゆみに悩まされたりする人は少なくないのです。

乾燥しやすい季節を過ぎ、湿度が高くなってきたときには、肌トラブルが起きないよう環境に合わせたスキンケアに切り替える必要があります。

湿度高い日=肌トラブルが起きやすい? 不快な季節のケア方法!

湿度高い日のスキンケア方法

湿度が高くなってくると、蒸し暑さから汗をかきやすくなりますよね。汗をかいたお肌は、べたつきやテカリなど、脂っぽさが目立ってしまいます。

そうすると、べたつくクリーム類が使いづらく感じ、皮脂を抑えられるスキンケアアイテムに切り替えたくなるのではないでしょうか。しかし、お肌はインナードライ状態に陥っているだけかもしれません。

インナードライとは、お肌の表面は脂っぽく感じるのに、内側は乾燥している状態のこと。湿度の高さや蒸し暑さによって、お肌の表面がべたつき、保湿が足りなくなると、お肌そのものが皮脂を盛んに分泌してうるおいをキープしようと働きます。それによって、お肌の表面がより脂っぽく感じられ、お肌の内側(=インナー)ばかりが乾いていく……という悪循環に陥ってしまうのです。

湿度高い日が続いているときは、化粧水をたっぷり使った保湿ケアを徹底しましょう。顔全体に化粧水をのせ、じっくり染みこませてお肌に水分を与えることで、べたつきが抑えられる可能性があります。

さらに、取り込んだ化粧水の蓋代わりになり、蒸発を防いでくれるクリーム類もきちんと使いましょう。どうしてもべたつきが気になるときには、湿度高い日だけさらっとしたテクスチャーのクリームに切り替えるのもいいですね。

湿度高い日=肌トラブルが起きやすい? 不快な季節のケア方法!

肌トラブル改善のため、身の回りを清潔に

湿度高い日が続くと、お肌だけでなく身の回りにも変化が起きるものです。肌トラブルを避けるためには、スキンケアを見直すのと同じくらい、身の回りの環境を清潔に保つことが大切です。

例えば、普段使っているまくらやシーツ、ベッドカバーは、常に清潔な状態でしょうか。寝ているときにお肌に触れるものは、知らずしらずの間にお肌と触れ合い、摩擦を起こすため、肌トラブルの原因になりやすいのです。

また、湿度高い日が続くと、寝ている間の汗を吸い込んだシーツ類には、雑菌が繁殖しやすくなります。雨が続くと洗濯も億劫になってしまいますが、肌トラブル改善のためには、意識的に取り替えるように心がけましょう。

普段身につけている衣服や、カーペット類も同様です。カビやダニも繁殖しやすいため、晴れた日を逃さないよう、こまめに洗濯と天日干しを行ってください。

湿度高い日=肌トラブルが起きやすい? 不快な季節のケア方法!

湿度高い日も肌トラブル知らずを目指して!

湿度高い日が続き、不快な思いをしているときに肌トラブルまで出てしまっては、気持ちが落ち込んでしまいますよね。

肌トラブルは、ちょっとした予防や対策によって防ぐことができます。身の回りの環境を見直し、嫌な季節を乗り切りましょう。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…