曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?

曖昧な関係でいる男の本音について知りたくはありませんか?

私は遊びでセフレなのだろうか、本気で考えてくれているのだろうか気になりますね。

曖昧な関係が続いている時の男の本音のパターンは3つあります。あなたが気になる人の男の本音はどれにあたるのか参考にしましょう。

気持ちを伝えたら引き戻せない

曖昧な関係とは、セックスはするけれども恋愛関係にはないことをここでは指します。

女性にとっては、気になる人であり好きな人を振り向かせるために「まずは体の関係だけでも」と思うこともあり、決定的な交際に至るための言葉を待っている状態でもあります。そんな時の男の本音、気になりませんか?

まず1つ目にご紹介するのは、男が交際に慎重になっている場合です。

次に交際する女性とは結婚を考えていきたい、または自分は既婚者だから曖昧な関係ではなくなった場合は本気で恋愛をすることになる場合です。

曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?

ある程度の好意はあるけれど、なかなか決断を下せずに曖昧な関係を続け、セフレのような状態でいることを気にしていますが、決定的な言葉を伝えればそこには責任が生じ、男女の交際を本気で取り組むことに躊躇しています。

本当に始めてもいいのだろうか、「彼女の気持ちにきちんと応えることができるだろうか」とまだ不安な気持ちを抱いています。

「好き」な気持ちを持ってはいながらも、前に進めない男の本音がそこにあります。

曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?

このまま都合のいい関係でいたい

曖昧な関係を望んで続けている男の本音、知りたくないかもしれませんが無視しているとあなたが傷ついてしまうことも考えられます。

曖昧な関係、それは男にとってセフレであり都合のいい女として見られています。

男の本音としては、このままお互いに責任のない都合のいい関係でいたいと思っているようです。他に本命の彼女がいる、結婚している人がいる、恋愛をする気分ではない場合にはよくあること。

あなたが曖昧な関係について言及してこないことで、セックスをする相手として付き合っていきたいという願望を抱いていますので「私たちの関係って?」なんて聞いてしまうと関係が崩れてしまうかもしれません。

曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?

えっ? 付き合ってるよ!

曖昧な関係は、あなただけが感じていることである場合もあります。男の本音は、セックスをする仲なんだから付き合っているよ、というもの。

「好きだよ」「付き合ってください」と言う言葉がなくても、お互いに体を許していることはそれと同義だと思っています。

若干、女性の気持ちには疎いところのある人ですが、セックスをする責任をきちんと持ち、あなたとの未来を見据えた考え方までしていることもありますので、確認して安心を手に入れましょう。

曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?

男の本音を探って

「曖昧な関係が続いている時の男の本音とは? 私はセフレなの?」についてご紹介しました。

曖昧な関係を不安に思っている時には、その不安を解消させるためにも男の本音を探る工夫をしましょう。

セックスをするだけという軽い男の本音もあれば、将来のこともきちんと考えているということもあります。

あなたが笑って過ごせるように、曖昧な関係を早い段階ではっきりさせてくださいね。

春森 桜の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…