失恋して立ち直れない時に思わずしてしまったこと

いくつになっても失恋の痛みは変わらないですね。歳をとるごとにきつくなってくる気さえします。さて、そんな時、冷静になれずにしてしまった言動で後悔したことはありますか? 筆者は山ほど(笑)

勢い余って、どうしても抑えきれなくて……。というわけで、失恋して立ち直れない時に思わずしてしまったことをいくつかご紹介いたします!!

彼の家の前で待ち伏せ

気持ちはわかるけど絶対やっちゃだめですよね、これは。相手を怖がらせてしまいます。

筆者の後輩男性(超モテ男)の体験談で昔、別れた彼女が毎日インターフォンを鳴らしにくるという話を聞きました。

それは完全にホラーだし、なんなら警察沙汰になる場合だってあると思いますが、彼の場合は、話し合いで解決したのだとか。

う〜ん、しかしこれはだめですね、相手にアポが取れて、相手も会うことを望んでいるならば良いと思いますが、相手が望まないならばやめましょう。

失恋して立ち直れない時に思わずしてしまったこと

しつこい連絡

これも迷惑ですよね。先ほどの待ち伏せもそうですが、こういうことをしてしまうと復縁の可能性はもうゼロ以下でしょうね〜。

まだ好きな気持ちが残ったまま別れているならば、会いたい気持ちも話したい気持ちも分かりますが、そこは我慢しましょう。無理強いして良いことはないです。

相手がそれを望んでいるかどうかが一番のポイントです。基本的には、別れた直後はお互い冷静になる期間なので、会わない方が良い期間です。

本当に愛しているならば、その期間を耐えることができるはず。そしてその結果、相手の心がやはり戻ってこなかったとしても、それはそれでもう仕方のないことだときっぱりと認めましょう。

失恋して立ち直れない時に思わずしてしまったこと

SNSを見張る

これもよく聞く話! 今の時代、フェイスブックやインスタグラムなど、毎日の行動が見えてしまうツールがたくさんあるので、見たくなくても目に入ってしまうというのも事実。

しかし、そこに慣れてしまうと、やはり別れた彼が今どうしているのかとか、誰といるのかとか気になって気になって仕方なくなってしまいます。見なきゃ良いのに、新しい女性の影を感じてショックを受けることも。

ただ、それは相手にもバレていることだったりします。相手からしてみると「SNS見張られてるから更新するのはやめておこう」「見られたくないからブロックしよう」などと思われてしまうことも。

勢いで他の男性と関係を持ってしまう

「私はもうボロボロ!」と宣言して始まる飲み会ほど恐ろしいものはありません(笑)。今日は行くところまで行く、と周囲に知っておいてもらおうというものですからね。

その結果、勢いでよく知らない男性と関係を持ってしまってあとあと後悔したりとか、まぁ、なくはない話ですからね。ただし、そんなことをしたところで、冷静になって虚しくなるのは女性の方。

傷口にさらに傷を塗るような行動はやめた方がよさそうですね。「今日はもう壊れたい」という時は、女友達の家とか、自分の家に女友達を呼ぶとか、安全な空間でそうなることをお勧めいたします。

たとえ男性と関係を持たなくとも、ぐちゃぐちゃに酔っ払った女性は美しくないですからね(笑)。

失恋して立ち直れない時に思わずしてしまったこと

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 辛い気持ちを乗り越えるのはとても大変なことです。

一時的な感情で、あとあと後悔するような言動のないように、都度、弱い自分と戦い、そして勝利してください! 参考までに!!

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…