体じゃなくて心を通じ合わせる、それがタントラセックス

こんにちは、センチネルです。

今回は「タントラセックス」についてのお話。なんかあれですね。文字ズラだけ見ると、スローセックスっぽい響きがありますね。ですがそう思われた方は正解。タントラセックスにはスローセックスと似ている部分もありますから。

全体の流れを簡単に説明

はい、簡単に全体の流れを説明しますね。

僕も記事を書くにあたり「タントラセックス」について調べてみましたが、完璧に説明しようと思えばおびただしい量になります。ですので今回は簡単に、ポイントだけを押させてご説明。

さて、タントラセックスの全体の流れを簡単に説明すると「リラックス」⇒「気の流れを調える(呼吸)」⇒「スローセックス」という手順になります。まあ難しく考えずに、気楽に試してみてください。

体じゃなくて心を通じ合わせる、それがタントラセックス

まずはリラックスしてみて

はい、最初はリラックス。何事もリラックスするのは大切なことです。

体の力が抜けますし、気分も落ち着いてきますから。

ゆっくりとお風呂入ったり、アロマを焚いたり、キャンドルを使ったりしてリラックスできる環境を作りましょう。

あとはパートナー同士、お互いに動きやすい服装(ジャージとかじゃないよ)にしましょう。軽く、薄手の下着とか、身に付けている感覚が少ないものでいいですね。

体じゃなくて心を通じ合わせる、それがタントラセックス

鼻から吸って、口から吐く。呼吸を合わせる

はい、次は呼吸を合わせましょう。吐いて、吸って、吐いての呼吸をパートナーと合わせるのです。

鼻から息を吸って、そして口から吐く。口から吐く息は、ロウソクの炎を消してしまわない程度の勢いにすることを心がけます。

と言っても、この呼吸方法。ヨガの経験がある方はご存知かもしれませんね。

日本的なところで言えば座禅とか、もしくは武道にもこんな感じの精神統一方法があります。へそ下、三本指分ぐらいの場所。そこが丹田と呼ばれている、気が集まる場所とされています。

ちょっと嘘くさいかもしれませんが、一度試してみてください。この呼吸方法は本当にリラックスできますよ。緊張したときにおススメ。

体じゃなくて心を通じ合わせる、それがタントラセックス

そしてスローセックスへ

はい、このタントラセックスというもの。大切なのはリラックス。

肉体の繋がりよりも精神的な繋がりを重視していますから、セックスの本番であってもそれは同じですね。

そして本番中は「相手をみつめる」「時間をかけてピストンする」「言葉を掛け合う」などがポイントになってきます。

ガシガシとピストン、はい終わり、は違います。ゆっくりと時間をかけて、挿入したまま抱き合うかのようにするのです。

おススメの体位は対面座位ですね。ちょうど抱き合うような形になりますから。

それとオーガズムにはそこまでこだわらなくても大丈夫です。イケたら、それでいい。そのくらい気楽にかまえることも重要なのです。一つになる感覚を楽しみましょう。

体じゃなくて心を通じ合わせる、それがタントラセックス

さいごに

さて今回は「タントラセックス」についてのお話でした。

大切なの「リラックス」そして「精神的な繋がりを意識すること」の2つです。性欲の発散だけを目的としない、そんなセックスができれば、パートナーともっと良好な関係を築くことができるでしょう。

それでは、また。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

0うーん…