彼の喘ぎ声が聞きたいなら男性のココを攻めてみよう

こんにちは、センチネルです。

今回は「彼の喘ぎ声を聞きくために攻めるべきポイント」をご紹介。「私だけ喘いでズルい! 彼の喘ぎ声も聞かせろ!」という女性の方は参考までにどうぞ。

男性側も喘ぎ声出したほうが、たぶんセックスは盛り上ると思いますよ。

そもそも喘ぎ声はなんのタメにある?

前提としてなぜ喘ぎ声なるものがあるのか。

俗説には「女性が喘ぎ声を出すのは他の強い雄を呼び寄せるため」なんて話があったりします。より強い雄の遺伝子を残すために、喘ぎ声で他の雄を呼んで略奪させるとか。そして結果として強い雄の遺伝子を残す、動物であった頃の名残とか。まあ俗説ですので冗談半分にお願いします。

さて、そんな話は置いておきまして。

我々人間が喘ぎ声を出すのは、お互いに興奮するためという一面もあると思うのです。例えば女性の喘ぎ声を聞いて男性は興奮する。そして女性も自分が興奮するために喘ぎ声を出す。ある意味では演出。映画にBGMが付いているのを同じ。気分の高揚のためにある。喘ぎ声にはそんな効果があると思うのです。

ですからセックスでは、女性だけでなく男性も喘ぎ声を出したほうがよいのかもしれません。
彼の喘ぎ声が聞きたいなら男性のココを攻めてみよう

フェラチオで男性の喘ぎ声を聞こう

まずはフェラチオ。男性にとってあらゆる意味で急所。

で、フェラチオで男性を喘がせるには、やはり「じらし」が重要ですね。例えばですけど、カリ首を入念に舐め回して、いよいよ亀頭の先端を舐めると思いきや、舌をそのまま竿の下方に向かって動かす、みたいな。まあ簡単な話が「おあずけ」にするということ。

要するにフェイントです。スポーツなどでもフェイントってありますよね。サッカーのドリブルとか、相手選手の右側を走り抜けると思いきや、左側を走り向けるみたいな。「じらし」のテクニックはそれと同じです。つまりは男性の予想を良い意味で裏切るということ。

結果的に男性の口から「喘ぎ声」や「頼むからイカせて」と言わせればアナタの勝ち。ゴールは近い。
彼の喘ぎ声が聞きたいなら男性のココを攻めてみよう

乳首を攻めて男性の喘ぎ声を聞こう

はい、次に紹介したいのは「乳首責め」というというもの。

ちなみに男性の乳首って利用目的がないらしいですよ。女性の場合は赤ちゃんに母乳を与えるため、という生物的な目的がありますが、男性にはそういった目的が皆無。ただそこにあるだけ。

しかしながら、男性の乳首も開発を続けると、女性と同じくらい強い快楽を得られるようになるとか。不思議ですね、男性の乳首。考えようによっては快楽を得るためだけに存在しているということ。とてもエロい。

さて話を戻しまして。男性の乳首を攻める方法は大きくわけて2つ。1つは指先で、もう1つは舌先で。

そして方法は先ほど上記したフェラチオのとき同じ、「じらし」ですね。

例えばですけど、乳首に向かって指を這わせて、乳首に触れる直前で引っ込めて、また乳首の周りを撫でるとか。そして不意に乳首を弄ってあげる。いい意味で男性を裏切るということ。

あと面倒ならアダルトグッズを使ってみるのも手ですね。乳首を攻める道具もあったりしますから。
彼の喘ぎ声が聞きたいなら男性のココを攻めてみよう

さいごに

さて今回は「彼の喘ぎ声が聞きたいなら男性のココを攻めてみよう」というお話でした。大切なのは「じらし」と「予想をいい意味で裏切る」ということです。

それでは、また。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

19いいね!

14うーん…