感情の起伏が激しい人にみられる特徴や性質12選|克服法についても紹介

感情の起伏が激しくて、気持ちが疲弊してしまったり、周囲に迷惑をかけるなどすることに悩んでしまう人は多くいます。しかし、感情の起伏が激しいことを改善するための方法はあります。その方法を把握し、実践して、感情の起伏の激しさを改善しましょう。

感情の起伏が激しい人とは

当てはまったら要注意! 人間関係を壊す人の5つの特徴

感情の起伏が激しい人は些細なことで激しく怒ったり、落ち込んだりなど感情がコントロールできません。そのため、いろいろな場面で感情が強く出てしまい、周囲を困惑させたり、自身の気持ちを疲弊させたりすることがあります。

感情の起伏が激しい人の中には、感情の起伏の激しさを改善したいと思う人もいます。感情の起伏が激しいことは改善できるので、克服法を実践してみましょう。

感情の起伏が激しいことはデメリット?

感情の起伏が激しい人は些細なことで感情が大きく変化します。大きな感情の変化で周囲を困惑させることもあり、円滑なコミュニケーションを取ることが難しいと思われてしまう場合があります。

また、感情の変化が大きいことで、自分自身も気持ちが疲弊してしまうでしょう。

感情の起伏が激しい人にみられる特徴や性質12選

尽くしてたのに……彼が同棲をやめたいと思うきっかけ3つ

感情の起伏が激しい人は、些細なことで感情が大きく変化します。そのため、周囲の人は感情の起伏が激しい人のことを理解しようとしても難しい場合があるでしょう。

感情の起伏が激しい人には、共通した特徴や性質があります。近くに感情の起伏の激しい人がいる人や、感情の起伏が激しいことを改善したい人は、まずは特徴や性質を把握しておきましょう。

1:気分屋である

感情の起伏が激しいは、自分の気分に合わせて素直に言動することがあります。そのため、少しでも嬉しいことがあれば素直に喜び、少しでも嫌なことがあるとすぐに不機嫌になりします。

また、気分で意見や考えなどが変わるので、昨日と今日で言っていることが真逆になる場合もあります。

2:感情の振り幅が大きい

感情の起伏が激しい人は感情の振り幅が大きく、些細なことでも感情が極端に出てしまうことがあります。他の人はあまり気にしなくても、急に感情を振り切って怒り出したり、落ち込んだりすることもあるでしょう。

些細なことでも感情を振り切ってしまうので、周囲の人は何が感情のスイッチとなるのか把握できず、気を遣ったり、対応に困惑したりすることがよくあります。

3:固定観念や偏見が強い

固定観念や偏見が強い人は「このような場合はこのようにしなければならない」「このような場合はこのようになるはず」など物事に対して思い込みを持ってしまうことがあります。

そのため、頭が固くなって柔軟に対応できなくなります。柔軟に対応できず自分の思い通りに物事が進まなくなることで、感情の起伏も激しくなるでしょう。

4:仕事中にキレやすいh3-4:仕事中にキレやすい

感情の起伏が激しい人は自分の感情をコントロールできていません。そのため、仕事中は忙しくて追い込まれたり、問題や課題が発生して悩んだりなど感情を抑えきれずに表に出てしまうこともよくあります。

また、感情の起伏が激しい人は些細なことで感情が振り切られるので、少し忙しくなっただけで苛立ったり、少しタイミングを間違えて質問しただけで急に怒られたりすることもあります。

5:自立しすぎている

1人で何でもできることは良いことではあります。しかし、1人で何でもできるからと、自立しすぎて誰にも頼らなくなれば、周囲の人との人間関係を築けなくなってしまいます。

人と接する際はストレスを感じることもありますが、悩み事を相談したり、一緒に遊んだりしてストレス発散や気持ちの安定を保つ効果もあります。

自立をしすぎることで人との繋がりが薄くなりストレスを溜めてしまうことは、感情の起伏が激しくなる原因になります。

6:承認欲求が満たされていない

仕事や勉強などを頑張っているのに、上司や周囲から正当な評価がもらえない場合に不満の気持ちが溜まってしまいます。

不満の気持ちを溜め込み過ぎることで、苛立ちを感じ、モチベーションを維持できず、感情の起伏が激しくなります。

7:人との関りが希薄である

自立しすぎて人との関わりが少なくなることで、ストレス発散ができなくなったり、気持ちの安定を保てなくなったりします。そのため、人との関わりが希薄な環境で生活を続けていると、感情の起伏が激しくなってしまうでしょう。

久しぶりに会った人が感情の起伏が激しい人になっていた場合、会っていない間に人との関わりが希薄な生活をしていた可能性があります。

8:独りよがりな思い込みが激しい

固定観念や偏見の強い人は、思い込みが激しく物事に対して柔軟に対応ができない可能性があります。

また、独りよがりな性格をしている人は、自分の意見や考えが正しいと思い込んで、人の意見を最後まで聞かなかったり、人の意見を認めずに否定したりします。

柔軟な対応ができず、独りよがりになっていることで、自分が思うようにことが進まなくなることが多く、ストレスを溜めて感情の起伏が激しくなる場合があります。

9:自己犠牲的な姿勢が強い

仕事や集団で何かする際、目標や課題達成のために負担の大きい作業を率先して行う人がいます。このような人は責任感が強く、周囲から信頼されることも多いでしょう。

しかし、率先して行動を起こしても、思っていたような結果が出ず失敗に終わってしまうと、周囲からの信用が落ちる可能性があります。1度の失敗で信用が落ちることはない場合もありますが、何度も同じような失敗を繰り返すと信用は徐々に落ちていきます。

自己犠牲の精神で取り組んでいるのに思うようにならず、自分の頑張りを正当に評価をしてもらえない状況にストレスを感じて、感情の起伏が激しくなっていくこともあります。

10:自分の感情を表現できない

自己表現や自己主張が苦手な人は、自分が思っていることや、自分の気持ちを上手く伝えられません。

なかなか自分の気持ちを伝えられないことで、周囲に自分を理解してもらえない状況に徐々にストレスを溜め込んでしまいます。

自己表現や自己主張が苦手なので、溜め込んだストレスもどのように表現すれば良いかわからず、急に感情が溢れてしまいます。このようなタイプは普段は大人しいのに、急に怒り出して手がつけられなくなる場合もあるでしょう。

11:責任感が強く真面目である

感情の起伏が激しい人は責任感の強さから自己犠牲の精神を持ち、その自己犠牲が感情の起伏を激しくしてしまう原因になることがあります。

このようなタイプの人は、言われたことはキッチリとやる、手をつけたことは最後までやり遂げるなど基本的に真面目です。

しかし、真面目であるがゆえに、言われたことなどに手をつけている際に、問題や課題、挫折や失敗などにぶつかると、心身に大きな負担を抱えます。その負担がストレスとなり、感情の起伏が激しい状態になるでしょう。

12:感情がコントロールできず短気である

短気な性格をしている人は上手く感情をコントロールできないため、些細なことで怒りの感情を大きく振り切ってしまう場合があります。急に怒りの感情が大きくなるので、場所や相手などを考えずに怒りの感情を向けてしまうことも多いでしょう。

感情の起伏が激しい人の克服法7選

感情の起伏が激しい人の中には、感情の起伏が激しいことを自覚し、改善したいと考える人もいます。感情の起伏が激しいことを改善する方法はいくつかあるので実践してみましょう。

1:一度その場から離れてみる

感情の起伏が激しい人は、些細なことをきっかけに感情を振り切ってしまいます。しかし、その感情を表に出してしまうと、いつまでも感情の起伏は激しいままです。

感情に変化を感じ始めたら、感情をすぐに表に出すのではなく、その感情は正しいのか、その感情をこの場所で出しでも良いのかなど冷静に考えるようにしましょう。

落ち着いて考えられない場合は、一度その場から離れて、気持ちを少し落ち着けてから冷静に判断すると良いでしょう。

2:ゆっくり深く深呼吸してみる

感情の起伏が激しい人は感情の変化を感じたら、まずは冷静にその感情を出しても良いか判断する必要があります。しかし、冷静になろうとしても、すでに感情が変化し始めていた場合、感情を表に出すことを抑えられない場合もあります。

そのような場合は、ゆっくりと深く深呼吸しましょう。深呼吸をするだけでも気持ちを落ち着ける効果が期待できます。感情の起伏が激しい人は、日頃から深呼吸をすることを意識しましょう。

3:瞑想することを習慣にしてみる

感情の起伏が激しい人は、気持ちにゆとりを持つために瞑想を習慣にしても良いでしょう。瞑想はリラックスするために効果的で、マインドフルネス瞑想という種類の瞑想は有名企業でも導入されています。

ただし、瞑想は毎日続ける必要があるので、感情が変化したときに行うのではなく、習慣化する必要があります。

4:自分の表情を鏡で見てみる

感情の起伏が激しい人が感情の変化を感じた場合は、冷静になることが重要です。

感情が変化していることを感じた場合は、自分の表情を鏡で見てみましょう。自分の表情を客観視することで、感情が変化して生きていることを実感したり、その表情を他人に見せてはいけないと思うことができ、冷静さを取り戻せる場合もあります。

5:1日を振り返り日記をつける

感情の起伏が激しい人は、1日の終わりにその日の出来事を振り返り、自分の感情・言動を思い返して日記にしてみましょう。

その日にあったことやそのときの感情を日記にまとめることによって、その日の自分の言動を客観視できます。自分の言動を客観視することで、そのときの感情の流れを把握して気持ちをスッキリさせられます。

また、なぜ怒ったのか、なぜ落ち込んだのかなど、冷静に分析して自分なりの答えを見つけることで後の行動に活かすことができます。

6:リラックスする時間を決める

感情の起伏が激しい人が、感情の波に合わせていると気持ちが疲弊してしまいます。そのため、1日の中で必ずリラックスする時間を作りましょう。

何も考えずに深呼吸して落ち着く、寝る前には温かいハーブティーを飲む、お風呂では湯船に長めに浸かるなど、自分にとってリラックスしやすい方法や時間帯などを見つけましょう。

7:休養をしっかりと取る

感情の起伏が激しい原因が、心身の疲労という可能性もあります。そのため、休日はしっかりと体を休めるようにしましょう。

日頃から睡眠不足や食生活の乱れなども起こさないように、規則正しい生活も心がけましょう。体の健康を保つことで、感情の起伏の激しさが和らぐ可能性があります。

感情の起伏が激しい人は克服法を冷静に実践してみよう

リアクションは大きく

感情の起伏が激しくて悩んでいる人は多くいます。しかし、感情の起伏が激しいことを改善するための方法はあります。その克服方法を実践して、感情の起伏の激しさを改善していきましょう。

Written by

愛の他の記事を読む