都合のいい女はもう卒業! 絶対幸せな恋をするために

彼の言うことなら何でも聞いちゃう、都合のいい女。本当はこのままじゃダメだとわかっていながら、ズルズルとそんな関係を続けてしまうんですよね。

でも本当に幸せになるためには、勇気を出してその関係から卒業しないとダメなんです。今回は、都合のいい女を卒業するための考え方をご紹介します。

都合のいい女ってどんなオンナ?

都合のいい女って、具体的にどんな女の子のことを指すのか、よく考えてみたことはありますか? 特徴は一つには絞れませんが、おおまかに言ってしまえば「彼の言うことなら何でも聞く」「自分の気持ちは常に後回し」こういった女の子のこと。

たとえば彼が「会いたいから、今から来てよ」と言えば、真夜中でも彼の家まで駆けつける。そしてじつはあんまり気分じゃないのにセックスに応じ、彼が喜んでくれるならと甲斐甲斐しく朝ご飯まで作っちゃうような、そんな女の子です。

都合のいい女はもう卒業! 絶対幸せな恋をするために

行動の一つひとつが、彼のためであり、彼に愛されるためでもあります。それなのに女の子が自分を抑えて尽くせば尽くすほど、彼にとって「都合のいい女」になっていくのだから、皮肉なものですね……。

呼べばいつでも来てくれて、セックスしたいときにセックスさせてくれて、お腹が空いたらご飯を用意してくれる。彼は「便利だなあ」と思いこそすれ、そこで愛情を深めてくれることはありません。

そんなに彼のために尽くしているのに、理不尽だと思いますよね? でも、それが現実なんです。

逆の立場になって考えてみましょう。「あれやってよ」と言えば文句一つ言わず、何でもやってくれる彼氏。自分がどうしたいのか、何を考えているのか、常にあいまいな笑顔を浮かべるだけで何も語らず、ただあなたのご機嫌だけを取り続けるのです。

「わたし、愛されてるな」とは感じるかもしれませんが、あまり魅力的とは言えなそうですよね。とりあえずキープしておいて、本命の彼氏は別に作っちゃおう……なんて悪い考えがよぎっちゃうかも。悲しいけれど、都合のいい女もそれと同じなんです。

というわけで、幸せな恋愛をするには、やっぱり都合のいい女は卒業するしかないみたいです!

都合のいい女はもう卒業! 絶対幸せな恋をするために

都合のいい女を卒業するための方法

どうして都合のいい女になってしまうのでしょうか。ざっくりと言ってしまえば、自分にそれほどの価値がないと感じているからです。

嫌なことを嫌だと伝えたら、彼に嫌われてしまうんじゃないか。自分の希望を伝えたら、彼の負担になってしまうんじゃないか。今の彼氏に捨てられたら、もう一生彼氏なんてできないんじゃないか……。

このように、自分で自分を低く見てしまうから他人に対しても卑屈になり、都合のいい女へと変わっていきます。

この思いを払拭するためには、まず無理矢理にでも「わたしはもっと価値のある人間だ!」と思い込むことです。頭の中で何度もリピートし、たまに口に出して言ってみたり、紙に書いても良いです。

そうすることで、自分をポジティブ思考に変えていきます。「どうせわたしなんて」そんなことばかり言っていてはダメ!

「わたしには価値がある。だから夜中に会いに行かなくてもいいし、セックスを断ったって問題ない。今の彼とダメになっても、もっといい男性と巡り会えるはず」とにかくそう思い込みましょう。

都合のいい女を卒業するためには、自分の考え方を変えるしか道はないのです。

都合のいい女はもう卒業! 絶対幸せな恋をするために

 

まとめ

誰だって、本当は都合のいい女になんかなりたくないはず。それでもなっちゃうのは、自分にちょっと自信がなかったり、彼のことが好きすぎたり、いろいろな理由があるのです。

でも、それではいつまで経っても幸せな恋はできません。あなたはもっと価値があり、自分の思っていることをそのまま伝えていいんです。それで腹を立てるような彼氏なら、どっちみちうまくなんかいきっこない。つらいかもしれないけれど、認めることで前に進めるはずです。

だからなんでも彼の言いなりになっちゃう「都合のいい女」は、今日限りで卒業しましょう!

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…