感度が良い女性の特徴3つ! 感じやすい体質になる方法はある?

感度が良い女性は、男性が好む特徴を多く持っています。自分の彼女が感度のいい女性なら、男性は「手放したくない」と感じてしまうもの。

今回は、感度が良い女性にはどのような特徴があるのか、また感じやすい体になるための方法についてご紹介します。

感度が良い女性に共通する特徴3つ

セックスの経験が豊富

女性の場合、初体験からセックスを「気持ちいい」と感じる人はあまり多くないのではないでしょうか。緊張していることもありますが、触られても気持ちいいと感じなかったり、痛い場合もありますよね。

女性の体は、経験を重ねるほどにセックスを気持ちいいと感じられる体になっていくものです。感度が良い女性は、セックスの経験がある程度あって、自分がどうされたら気持ちいいと感じるのか理解しています。自分の体についての理解が深まると、男性をうまく誘導したり、自分が不快に思う攻められ方をしても、うまくかわすことができるようになるでしょう。

感度が良い女性はくすぐったがりが多い?

体をくすぐられて敏感に反応する女性は、感度が良い女性であることが多いです。誰かに触れられてくすぐったいと感じる部分は、性感帯となる可能性が高いのだそうです。また、小さな物音に反応したり、少し触れただけで敏感に反応するのも、感度が良い女性の特徴だと言われています。

感度が良い女性は、耳が敏感であるという特徴もあります。耳元でささやかれたり息を吹きかけられて思わず体が反応してしまう人は、人より感じやすい体質だと言えるでしょう。

感度が良い女性の特徴3つ! 感じやすい体質になる方法はある?

喜怒哀楽を素直に表現することができる

感度が良い女性は、喜怒哀楽の感情を素直に表現できるという特徴があります。女性の場合、恥ずかしさからセックスの時に声を出すのを我慢してしまったり、「気持ちいい」ということをうまく表現できない人も多いです。そのため、相手の男性は「気持ちよくないのかな」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。

女性がセックスの時に感情を表現してくれることは、男性にとっても嬉しいことです。普段は大人しい女性が、自分とのセックスの時は感情表現が豊かになるというギャップは男性の大好物。気持ちいいときはその感情をきちんと表現したほうがいいですね。

感じやすい体質を作るためにできること

体の力を抜いてリラックスする

セックスの時に緊張して体に力が入ってしまうこともあるでしょう。しかし、体に力が入っていると気持ちいいと感じにくいだけでなく、痛みを感じやすくなってしまいます。感度を高めるためには、体の力を抜いてリラックスするように心がけましょう。

また体に力が入りすぎていると、「気持ちよくないのかな」と男性が気を遣ってしまうでしょう。そうするとどちらもセックスを楽しめず、「身体の相性がわるいのかも」と感じてしまう可能性も。セックスは二人の愛を確かめ合う行為ですから、必要以上に緊張する必要はないのです。

感度が良い女性の特徴3つ! 感じやすい体質になる方法はある?

声を我慢しない

女性はセックスの時、声を出すことを恥ずかしがって我慢してしまう人が多いようです。何かを我慢している状態というのは、そのことに気を取られてしまうもの。セックスの時声を我慢することは、セックスに集中できていないということです。感度を上げるためには、セックスに集中することがとても大切なのです。出てしまう声は我慢せず出してしまいましょう。

男性はセックス中、相手の女性が感じているかどうかで興奮度が違ってきます。女性が感じているかどうか判断する材料の一つが、女性が出す声なのですね。あまりにも大げさな声は引かれてしまうかもしれませんが、自分とのセックスで声を上げる女性を嫌がる男性はいません。声を我慢せずに出すほうが、女性にとっても男性にとってもメリットが大きいのです。

セックスの経験を積む

感度のいい女性になるには、セックスについて色々な経験をすることが一番の近道です。セックスの経験が少ない女性は、自分がどうされたら気持ちいいのかよくわからないという人が多いので、まずは自分を知ることから始めるといいでしょう。

この訓練は、彼の協力が必要不可欠ですが、セックスとは二人でよくしていくもの。彼にしてほしいことをどんどんリクエストしてみるといいでしょう。彼女のことを愛しているなら、セックスに対して積極的な彼女を嫌がる男性はいないでしょう。

感度が良い女性の特徴3つ! 感じやすい体質になる方法はある?

彼にもっと愛される感度が良い女性になろう

男性は、自分とのセックスに感じてくれる女性が大好きです。それが自分の愛する彼女なら、「絶対手放したくない」と感じてしまうものです。

感度が良い女性になるためには、恥ずかしさや緊張を捨てて素直に感じることが大切です。彼とのセックスをもっと楽しむために、彼に体をゆだねて素直に感じる練習をしてみましょう。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

20いいね!

5うーん…