幸薄いなんて言わせない! メイクでなれる華やか顔

「あの子の顔って、幸薄いよね」なんてことを言われてしまってはショックですよね。メイクをしても元々の顔のパーツの大きさやバランスのせいで、なんとなく幸薄い顔になっている人はいます。

でも、幸薄い顔でもメイクの仕方を変えることでイメチェンが可能です。ここではメイクで華やか顔になる方法をご紹介します!

幸薄い顔にならないためにはベースメイクが大切

華やか顔になるためには、ベースメイクからつくりこみましょう。幸薄いと言われてしまう人が華やか顔になるためには、ツヤ感を出してみずみずしい肌に仕上げるのがポイントです。

ツヤ感のある肌に仕上げてくれるアイテムをご紹介します。

パール感のあるメイク下地

ファンデーションを塗る前に塗るメイク下地はパール感のあるものを選びましょう。

そうすれば、内側から自然なツヤが出ます。Tゾーンなどのベタつきが気になる人は、Tゾーンのみオイルコントロール効果のある下地を塗るといいですよ。

幸薄いなんて言わせない! メイクでなれる華やか顔

クッションファンデーション

テクニック要らずでツヤ肌になれるファンデーションがこれ。ポンポンと肌にのせていくだけで、ツヤツヤの肌に仕上がります。

もちろん、ツヤ肌に仕上げてくれる美容成分がたっぷり入ったリキッドファンデーションでもOKです。

ハイライト

Tゾーンや目の周りのCゾーンなどにハイライトを入れれば、キレイなツヤ肌に。ハイライトだけでも華やかさがアップします。

幸薄いなんて言わせない! メイクでなれる華やか顔

表情を左右するのは眉毛

眉毛が細すぎたり、八の字になったりしていると、「暗そう」「困っていそう」「寂しそう」という印象を与えてしまい、幸薄い顔になりがちです。

ハッピーオーラのある顔になるためには、眉毛の形を変えてみましょう。

眉毛はしっかりと整えて!

眉毛が太すぎるのはNGですが、細すぎるとハッピーオーラがなくなりますので、眉毛にはある程度存在感を出してもらいたいもの。なので、眉毛は太すぎず、細すぎず、の丁度いい太さに整えましょう。

眉毛はあまり角度をつけずに、なだらかなアーチ型の眉毛に整えるのがおすすめです。アイブロウペンシルとアイブロウパウダーの両方を使って整えますが、色はブラウン系のものを選びましょう。

眉頭側を薄めのブラウンで、眉山から眉尻までを少し暗めのブラウンで整えるとキレイなグラデーションができます。

幸薄いなんて言わせない! メイクでなれる華やか顔

アイメイクよりはリップメイクの色にこだわりを

アイメイクに気合を入れる人は多いと思います。しかし、アイメイクはシンプルにアイラインとマスカラだけでも問題はありません。それよりも力を入れたいのはリップメイク。とくにカラー選びは大切です。

顔色をよく見せてくれる明るい色のリップを選ぼう

ベージュ系は派手な顔の人には合うリップカラーであるものの、幸薄い顔には似合いません。幸薄い顔になりやすい人は、明るめのリップカラーを選ぶのがおすすめです。

赤だと少し違和感があるかもしれませんが、フレッシュに見せてくれるオレンジやコーラル、かわいらしいピンクをベースにしたリップカラーを選ぶと失敗がありません。

幸薄いなんて言わせない! メイクでなれる華やか顔

チークを入れると幸せオーラがアップ

チークを入れない人も少なくありませんが、幸薄い顔に見られてしまう人はぜひチークを入れましょう。チークを入れるだけで、グッと顔の表情が変わります。

チークの色はローズピンクなど明るめがおすすめ。頬にふんわりと入れるだけで、華やかな雰囲気の顔になりますよ。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…