30代の基礎化粧品の選び方とは? 20代とどう違う?

30代になっても20代の時と同じ基礎化粧品を使っていませんか?

少しずつ肌の変化がみられるようになる30代。20代と同じ基礎化粧品を使っていては、お肌の老化は進んでしまいます。

30代の基礎化粧品はどんなことに気を付けて選ぶといいのでしょうか? 30代の基礎化粧品の選び方をご紹介していきます。

お肌の変化があらわれるようになる30代

30代になると、さまざまな肌の変化がみられるようになります。30代で感じることの多い肌の変化には次のようなものがあります。

 

・メイクのノリが20代と比べて悪くなった

・肌が乾燥しやすくなった

・目元のシワが気になりだした

・うっすらとしたシミができている

・なんだか肌が疲れて見えるようになってきた

 

肌の乾燥やシミやシワ、ほうれい線などのエイジングサインがみられるようになるのが30代です。なんだか肌がくすんで「疲れてる?」なんて聞かれることも増えてくる時期でもあります。

20代の時の肌とは違うので、20代と同じ基礎化粧品を使っても同じような効果を感じることはできません。30代に合わせたものを選ぶ必要があります。

30代の基礎化粧品の選び方とは? 20代とどう違う?

30代の基礎化粧品選びは自分の肌質を知ることから

30代になると20代の頃とは肌質が変わってしまうことも。オイリー肌だった人が混合肌になったり、乾燥肌だった人が敏感肌になったり、という風に肌質が変化することはよくある話です。なので、自分の肌質がどのタイプなのか、再度確認してみましょう。

自分の肌質をチェックする方法

洗顔後、肌に何もつけない状態で10分程度放置しましょう。その後、肌の状態を見て自分の肌質を判断しましょう。

 

・肌がつっぱる→乾燥肌

・Tゾーンのみテカる→混合肌

・とくに変化なし→普通肌

・全体的にテカテカしてる→オイリー肌

肌質に合った基礎化粧品を選ぼう

自分の肌質がどのタイプなのか分かったら、その肌質に合った基礎化粧品をそろえていくようにしましょう。

乾燥肌は保湿とアンチエイジング重視

乾燥肌の場合は、保湿重視の基礎化粧品を選びましょう。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、ライスパワーなどの成分は保湿力が優れているので、これらの成分が入った基礎化粧品を選ぶのがおすすめです。

また、30代からは必ず美容液を使用するようにしてください。保湿効果の高い美容液を使うと肌のしっとり感が持続しますし、シワなどもできにくくなります。アンチエイジング効果のある美容液も保湿力が高いのでおすすめです。

30代の基礎化粧品の選び方とは? 20代とどう違う?

混合肌は保水重視

混合肌の人に多いのがお肌の水分不足。なので、基礎化粧品は化粧水選びにこだわるのがおすすめです。

人気のとろみのある化粧水は肌がうるおうイメージがあるものの、モノによっては肌に浸透しにくいものもあります。いくつかサンプルを使ってみて肌の水分が保持できると感じる化粧水を選ぶようにしましょう。

普通肌はアンチエイジング対策をスタート

今のところ肌の変化はよく分からないという普通肌の人は、30代に入ったらアンチエイジング対策をスタートさせましょう。

アンチエイジング対策用の基礎化粧品をライン使いするのがおすすめです。高級なものよりも経済的に負担のないものを選ぶのが長く続けるコツです。

30代の基礎化粧品の選び方とは? 20代とどう違う?

オイリー肌は毛穴対策を

オイリー肌の人は放っておくと毛穴が徐々に開いたり、毛穴が黒ずんだり、といったトラブルがみられるようになります。なので、30代に入ったら毛穴対策をスタートさせるようにおすすめします。

毛穴の開きにはビタミンCがいいので、ビタミンC誘導体などが入った化粧水や美容液などを使用して毛穴の開きを予防しましょう。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…