顔が太るのはどうして? 太りやすい顔を改善する方法をご紹介

ちょっと食べ過ぎると、すぐに顔にお肉が付いてしまうのが悩みという人は少なくありません。顔が太るのはどうしてでしょうか?

ここでは、顔が太る原因についてお話します。また、太りやすい顔をスッキリとさせる方法についてもご紹介しますので、顔が太るのがコンプレックスという人は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

顔が太る原因はなに?

顔が太る原因はひとつだけではありません。複数の原因が挙げられます。では、どのような原因があるのかみていきましょう。

顔が太るのはどうして? 太りやすい顔を改善する方法をご紹介

むくみ

お酒の飲み過ぎや塩分の取り過ぎは顔のむくみの原因となってしまいます。寝る前に水を飲み過ぎるのもそうです。

顔が太ったと思っていたら、実はむくみが原因だったというケースも意外とあるもの。顔のマッサージをするとフェイスラインがスッキリとする場合は、顔が太る原因はむくみの可能性が高いです。

顔の筋肉の低下

顔の筋肉があまり使われずにいると、徐々に筋力が衰えます。結果として脂肪がつきやすくなりますし、顔全体がたるんで顔が太くなってしまいます。

顔の骨格のゆがみ

顔の骨格のゆがみも顔が太る原因になります。というのが、骨格がゆがむと顔の血液の流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるからです。

老廃物が排出されないと、顔は徐々に太ってしまいます。左右の方の高さが違う、口を開くとアゴがカクンと音がするという人は骨格がゆがんでいる可能性が高いです。

太って脂肪が付いた

ただ単に体重が増えて顔が太ることもあります。もしもカラダが全体的に太ったという場合は、顔にも脂肪がついて顔が太ってしまったと考えられます。

太りやすい顔をスッキリさせる方法

顔が太る原因が分かったところで、太りやすい顔をスッキリさせる方法を原因別にご紹介していきます。

顔が太るのはどうして? 太りやすい顔を改善する方法をご紹介

むくみが原因の場合

むくみが原因の場合は、マッサージでむくみを解消しましょう。夜、寝る前に、また朝メイク前に簡単にマッサージをすることで顔のむくみが解消されるはずです。

また、塩分の多い食事やアルコール、寝る前の水分の摂取は控えめにするのを心がけると、むくみによって顔が太ることを予防することができます。

顔の筋肉低下が原因の場合

日本語は顔の表情をあまり使わずに話すことができます。また日本人は欧米人と比べて話す時の表情が乏しい傾向にあります。

そのため顔の筋肉(表情筋)が低下しやすいので、毎日意識的に顔の筋肉を使うことで筋肉を鍛えるようにしましょう。顔の筋肉を鍛えれば、顔が太るという悩みは解消されるはず。

顔の骨格のゆがみが原因の場合

毎日のちょっとしたクセがゆがみの原因となるので、まずはそれを改めるようにしましょう。

具体的には頬杖をつく、足を組む、食事の時にいつも同じ側で噛む、片側の肩にカバンをかけてしまうといったことは、顔のゆがみの原因になります。このようなクセを直すだけでもゆがみは徐々に改善されるはずです。

太って脂肪が付いたのが原因の場合

この場合はダイエットをするしかありません。それと同時に顔のマッサージや顔の筋肉を鍛えるエクササイズなどをやると、顔がスッキリしてくるはずです。

顔が太りやすいということは顔の肉が落ちやすいということでもあるので、地道に努力を続けましょう。

 

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

12いいね!

4うーん…