30代の恋愛は一歩が踏み出しにくい? 若い頃よりハードルが上がる訳

若い頃は好きな人ができたら何も考えずに飛び込んでいけたのに、30代の恋愛はそうはいかない……。なんて自分で恋する気持ちにブレーキをかけてしまっている人はいませんか?

30代の恋愛はなぜ若い頃よりハードルが上がってしまうのでしょうか? その訳を探ってみました。

仕事が面白くなってきたから

20代の頃は右も左も分からないことだらけで、先輩の背中についていくのがやっと……という人も多かったのではないでしょうか。

でも30代になるとだんだんと重要なプロジェクトを任されたり、出世をして地位を手にしたりしている人もいるでしょう。

恋愛至上主義だった女性も、仕事に面白味を感じてやりがいを感じていることも多いはず。そうなると、一日中好きな人のことを考えていたのは過去のこと。今は考えなければいけないことが他にもたくさんあるのです。

面白くなってきた仕事に夢中になっているうちに30代が終わって40代へと突入するという人も多いものです。プライベートと仕事のバランスを上手に取るのは今の日本では至難の業。

いくつになっても将来どうなりたいかというビジョンをしっかりと持っていることが大切なのかもしれません。30代の恋愛は一歩が踏み出しにくい? 若い頃よりハードルが上がる訳

結婚を具体的に考えるようになったから

若い頃は将来の結婚相手をなんとなくしか考えていなかったのに、30代になると急に結婚が身近なものになるというのはよくある話です。

「次に付き合う人と結婚するかもしれない」と思うとなかなか気軽にお付き合いを始めるのも難しくなるようです。

結婚は巡り合わせ。運もあるので「まだまだ30代は恋愛も楽しむわよ!」というようなノリがあった方が男性も口説きやすいかもしれませんね。

30代になると急にモテなくなるという声も多々ありますが、それならこちらからグイグイと行くのも手です。また、恋愛がご無沙汰になったから仕事を頑張る! というのも一つの手だと思います。

現代の女性はとってもパワフル。「二兎を追うものは一兎も得ず」なんて古臭いことを言わないで、どちらも同時に手に入れるくらいのバイタリティを持って頑張りましょう。30代の恋愛は一歩が踏み出しにくい? 若い頃よりハードルが上がる訳

周りを見ると既婚者ばかりになっているから

まだまだ自由に恋愛を楽しみたい! と思っているのに、ふと周りを見回せば結婚適齢期の男性はほとんどが既婚者になっていた……なんてこともありますよね。

しかもいい物件からどんどん売れていくのですから、焦る気持ちも出てきちゃいます。

女性も一人、また一人と結婚していって気軽に「飲みに行こう!」なんて誘えないような状況になると取り残された気分になってしまいます。

30代はまだまだ若い気持ちでいるのに、周りからのプレッシャーもあって気乗りのしないお見合いを勧められたりすることも多いようです。

会社内では不倫のお誘いもちらほら……なんてこともよく聞く話です。寂しいからと不倫に走らず、冷静になって判断してくださいね。30代の恋愛は一歩が踏み出しにくい? 若い頃よりハードルが上がる訳

元カレよりも良い条件の男性を求めているから

30代になると「結婚相手がどんな人でもいい」という訳にはいかなくなってきます。「それなりに地位があって年収があって、性格も見た目もいい男性じゃなければ、今まで独身でいた意味がない!」なんて自分にプレッシャーをかけている人も多いのではないでしょうか。

「今まで付き合ったどの男性よりも条件が良くなければ結婚できない!」なんて言っている人も多いようです。「若気の至り」という言い訳で、相手を選べなくなってしまうのも辛いところなのかもしれません。

人間誰しも欲があるのは当然ですが、さらに上を求めているうちにチャンスを逃すことがないように気を付けたいですね。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…