婚約破棄から復縁するカップルの心理とは?

婚約破棄したのに、復縁して結婚するカップルがいます。一度は別れを決意したのに復縁するという複雑なカップルの心理をリサーチ。

婚約破棄の理由から復縁に至るまでのカップルの本音に迫ります。復縁希望のは方は必見です!

婚約破棄で受けるダメージは?

婚約破棄の原因

婚約破棄は、相手に対して信頼をなくしてしまう出来事が起こった場合に発生します。例えば、婚約中に浮気をしてしまったり、隠していた借金問題などがわかった場合などです。

また、マリッジブルーになり、結婚することに不安を感じてしまう場合もあります。「結婚して相手の両親とうまくやっていけるのだろうか?」「家族と離れて過ごせるのだろうか?」「一生この人で大丈夫なのだろうか?」など……。

このような要素が結婚破棄へと導いてしまいます。

婚約破棄による心理的ダメージ

婚約破棄による心理的ダメージは、計り知れません。結婚という最高のイベントを前にダメになってしまうので、「もう誰も信じることができない」「もう誰も愛せない」という心理状態に陥ってしまいます。

信じていた相手に裏切られると、心に傷を負います。

周りは結婚前でよかったなどと無責任な言葉を言う人もいますが、このダメージは経験した人にしかわからない心の闇になります。婚約破棄から復縁するカップルの心理とは?

婚約破棄から復縁するため必要な事は?

周りを巻き込んだアプローチ

婚約破棄から復縁するためには、周りを巻き込むことが大切です。

婚約破棄の理由にもよりますが、だいたい婚約破棄に至る場合、信頼を失っていることが多いのですが、自分で頑張ってる感をアピールするよりも、友達や家族など自分の周りの人にサポートしてもらいましょう。

婚約破棄から復縁を考えているなら、根回しをきちんとして、周りから固めていきましょう。

気持ちをリセットする冷却期間

婚約破棄から復縁したい場合は、相手が気持ちをリセットして、また自分に気持ちが向いてもらえるような冷却期間を持つ必要があります。

相手を失望させてしまった場合、もう一度自分に気持ちを向けてもらえるようになるには、しばらく時間をおく必要があります。「どうしてもあなたじゃないとダメだ」と思ってもらう必要があるからです。

さらに、自分が相手に対して失望してしまった場合も、一度気持ちをリセットする必要があります。「本当にこの人と一生暮らして幸せになれるのか?」と心に問う時間と思って下さい。

本当に相手が運命の人なら、何年経っても復縁するようになっています。婚約破棄から復縁するカップルの心理とは?

一時的なマリッジブルーと考えよう

特別悪いことをしていないのに婚約破棄された場合は、相手のマリッジブルーによることもあります。

このマリッジブルーというのは、皆さんもご存じの通り、結婚で環境が変ることに対して、体や心が不安でついていかない状態のことです。

その為、一時的に起こる場合が多いです。しばらく時間をおいたり、冷静になって物事を考えたり、不安要素に対応策を考えるだけでマリッジブルーから解き放たれます。

そうなると婚約破棄まで進んだのに、復縁できる可能性もあります。婚約破棄から復縁するカップルの心理とは?

原因追及しよう

最終的に婚約破棄から復縁したい人がしなければならないのは、婚約破棄まで至ってしまった理由や原因を追及することでしょう。

原因を知らなければ、先に進むことができません。復縁したければ、その原因を直すことが一番だからです。

上記でアドバイスをしたように、今後どのようにしたいのかをしっかりと話し合い、考えなければいけません。

自分一人で解決できないことなら周りに協力してもらうことも視野に入れておきましょう。

また、しばらく会わないようにして、自分自身をしっかり磨く事も大切です! 久しぶりに会ったときに「やっぱりこの人と結婚したい!」と思ってもらえるように。

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

1うーん…