男女でまったく違う! 女性のイクとはどんな感覚なの?

突然ですが、あなたは大好きな彼とのセックスでイッたことはありますか?

「気持ちいいけど、『イク』って感覚がよくわからない」
「イクのが怖くて、自分でブレーキをかけてしまう」
「彼を満足させたいから、いつも“イクふり”をしている」

女性のイクとは、とっても曖昧でわかりにくいもの。未だにイクって感覚がわからない女性は少なくないはずです。

そこで今回は、20~30代独身男女を対象に「セックス」に関するアンケートを実施! 男女の「イク」の違いにクローズアップしてみましたよ。

1:男性の「イク」ってどんな感じなの?

「男のイクは射精すること。でも、射精するまで、どれだけ我慢したかによって気持ち良さの度合いがまったく違うんだよね。ゴールまでの時間が長ければ長いほど快感が大きいから」(28歳/男性)

男性にとってイクとは、射精をすること。セックスが始まってから少しずつ高まってきた気持ち良さを一気に放出するのが、“イク”なのです。

実際に男性に聞いてみると、「イクまでの時間が一番気持ちいい」「イクのをどれだけ我慢できたかによって快感の度合いがまったく違う」といったリアルな意見が……!

すぐにフィニッシュするのではなく、「できるだけ長く繋がっていたい」「もっと……」と口にする男性が多いのも納得ですね。 男女でまったく違う! 女性のイクとはどんな感覚なの?

2:「女性のイクとき」とは?

「初めて『これがイクってことかも!』と感じたのは、クリトリスを刺激されていたときかな」(29歳/女性)

「エッチが上手な彼と付き合っていたとき、Gスポットを刺激されて漏れそう……と思ったことがある。これがイクってことなのかな?」(27歳/女性)

ゴールに向かってまっすぐ突き進む男性の“イク”に比べて、時間をかけてゆっくりと何度も感じるのが、女性の“イク=オーガズム”です。

実際にイッたことのある女性に聞いてみると、「頭が真っ白になる」「カラダの中にビビビと電気が走った」「アソコがじんわり熱くなった」「おしっこを我慢している感じ」など、人によってさまざま。

女性の“イク”は男性の“射精”と違って、イったことに気が付きにくいのが特徴かもしれませんね。男女でまったく違う! 女性のイクとはどんな感覚なの?

3:男女で違うのは「イク」回数と時間

1回のセックスで1度しか「イク=射精」することのできない男性に対して、1回のセックスで何度も「イク」ことができる女性。

前戯の段階でカラダがピクッと反応してしまうほど敏感になっていると、挿入中もイキやすい傾向があるようです。

「でも、私まだイッたことがなくて……」

そんな悩みを抱える女性は、彼の前では心もカラダも解放的になることを心がけましょう。

女性のイクとは、心のカラダの関係が大きく関係しています。恥ずかしい気持ちを捨ててセックスに貪欲になれば、きっと今までにない体験が待っているはずです。男女でまったく違う! 女性のイクとはどんな感覚なの?

おわりに

本当の意味で心を許しているパートナーだからこそ、女性は“イクこと”ができるもの。

彼に遠慮をしたり、演技をするのではなく、思い切ってあなたの要望を伝えてみてはいかがでしょうか?

 

(取材協力)
・20~30代 独身男女

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

21いいね!

1うーん…