意外と見られているフェミニンゾーンとは? お手軽ケア方法3選

肌はしっかり保湿しているし、髪の毛のケアもバッチリ!

そんな女性でも見落としがちなのが『フェミニンゾーン』です。実はこの部分、意外と男性に見られているかもしれません。

モテモテ愛され女性は知っている! 今回はフェミニンゾーンをお手軽にケアする方法を3つご紹介しましょう。

エッチのときに見られている? フェミニンゾーンとは?

フェミニンゾーン。なかなか聞き慣れない言葉ですが、実は『外陰部周辺のデリケートゾーン』を指している言葉。

例えば化粧品や美容グッズを販売するとき、デリケートゾーンと記載してしまうと購入に躊躇してしまう人もいますよね。

けれど『フェミニンゾーン』なら、恥ずかしさも少し緩和されたような印象に……! 

とはいえ、フェミニンゾーンのケアを行うと、どんなメリットが得られるのでしょうか? 具体的なメリットは以下の通りです。

・パンティーラインの黒ずみがキレイになる
・デリケートゾーンの痒み対策
・気になる匂いの予防につながる

女性は誰しも(特にエッチの前に)気になるポイントですよね。

ではさっそく、自宅でカンタンにできる、フェミニンゾーンのケアを3つご紹介しましょう。

1.ぬるま湯でやさしく洗う

フェミニンケアの基本は、やさしく洗うこと! 

痒かったり、匂いが気になるとついつい力を入れて洗ってしまう人もいるでしょう。しかし、デリケートゾーンと呼ばれているだけあって、フェミニンゾーンはかなりデリケート。

・刺激の少ない弱酸性の石鹸を使用する
・35~40℃程度のぬるま湯で洗う
・爪を立てずに、指の腹を使ってやさしく

この3つのポイントを抑えて、ケアしてください。

タオルを使ったり、爪を立ててしまうと、皮膚が傷つき、バリア機能を低下させる要因につながります。もちろん、フェミニンゾーンを洗う前に、指を綺麗にすることも忘れずに!意外と見られているフェミニンゾーンとは? お手軽ケア方法3選

2.通気性のいい、やわらかい下着を選ぼう

フェミニンゾーンのトラブルはムレたり、しめつけられたりすることで発症するケースもあります。

セクシーでかわいい下着がいい! とデザイン性だけで下着を選んでいると、締め付けによって血行が悪くなったり、下着の素材で肌が荒れてしまったり。

自分の肌に合ったやさしい素材、締め付けの少ないもの、通気性のいい下着を選ぶこともフェミニンケアにつながります。デリケートな場所だから、できる限り、外部からの刺激を減らしてあげましょう。意外と見られているフェミニンゾーンとは? お手軽ケア方法3選

3.季節に合わせたフェミニンケアを……。

夏は汗によってムレてしまったり、冬は乾燥しやすかったりと、フェミニンゾーンは季節ならではのトラブルを受けやすい場所でもあります。

その季節に合わせて保湿をしたり、素材や洗剤に気を遣ったりしながら、やさしいケアを心がけましょう。トラブルが多い季節はとくに肌をいたわってあげてくださいね。意外と見られているフェミニンゾーンとは? お手軽ケア方法3選

まとめ:フェミニンケアで愛され女性に♡

日本ではあまり馴染みのないフェミニンケアですが、海外ではスキンケアやネイルと同じように、女性のオシャレや身だしなみとなっているフェミニンケア。

気になる男性と。
大好きなパートナーと。

いつ訪れるかわからない『そのとき』に備えて、あなたも手軽にできるフェミニンゾーンのお手入れを始めてみませんか? フェミニンゾーンの清潔を保っておけば、彼との愛もより一層深まるかもしれませんよ♡

焼肉ハナコの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…