合コン・飲み会は指1本で! 誰かと飲みたい夜にtogether

皆さん、気軽に誘える飲み友って何人いますか?
普段、会社での出来事や、恋愛の悩みや愚痴、趣味で感じる自分の成長や新しい発見をビールやカクテルなどを片手に語りたい! 聞いてくれる相手が欲しい! と思っている女性は多いと思います。

私もその一人なのですが、仕事終わりに気軽に誘える人や休日に呼び出せるような人は忙しいアラサー女子にはそう多くはなく、昔からの友達やサークル仲間くらい。そのため集まるメンバー、飲む場所、話の内容までパターン化していて、いつも同じことの繰り返し……。

これはこれで楽しいのですが、新しいものが好きな私にとっては、もっと刺激があってもいいんじゃないかと思うようになりました。いつも愚痴を延々と聞いてくれる友人に対しては、いつも同じ話で申し訳ない、という気持ちを感じ始めていました……。

飲み友……本当に女子会だけで満足している?

飲み会の中には「女子会」もあります。大人になって、女子が数人集まって食べたり飲んだりしているだけなのに、流行に乗っている気分になり、自分が華やかな空間にいるように感じていました。

しかし最近は、他の子の着ている服や身に着けているアクセサリーの値段が気になったり、周りの女性のほうれい線が目に入り自分たちの老化を感じたりと、話の内容にも気をつかって疲れることも多く……。仕事の愚痴と、結婚への願望や結婚後の愚痴がほとんどで、「女子会」というものに対して正直飽きたという気持ちを隠せません。

飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ

合コンで飲み友を探すのは、正直しんどい

会社の後輩や学生時代からの友人が合コンに誘ってくれることがあるのですが、恋愛関係や、一夜限りの関係を求めている場所では、男性から求められる理想の女性像になりきることに必死で、疲労困ぱい。

つくろった自分で見栄を張ったままでは打ち解けた楽しい会話や、美味しいお酒を楽しむことができず、結局新しい交友関係にも繋がりません。
固定された女性メンバーと、ぎこちない会話しかできない男性メンバーのいる合コンは、私の「飲み友とワイワイしたい」という欲求はなかなか満たせるものではありませんでした。

飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ

ボタン1つで飲み友!? 試しにやってみた。

そんな悩みを抱えたまま、女友達と2人でオシャレな雰囲気の居酒屋さんで飲んでいました。

飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ

いつものようにネイルの話などをしていると、『飲み友をボタン1つで作れてしまう』というお店のポスターが、ふと目に入りました。

『together』というこの新しいサービスは、お店にあるボタンを押すだけで、まだ出会ったことのない男性の飲み友が私たちの目の前にやってくるらしい……!!

「え、なにこれ!」
「面白そうだし、ちょっとやってみようよ!」

飲み会にマンネリを感じていた私たちは、新しいことにチャレンジしてみる気持ちで店員さんにtogetherのボタンをオーダー。
このサービスを知ってまだ数分なので、半分興味本位なところもあり、本当に誰かが私たちに気付いてこの場所にやってくるのか、私たちと同じように飲み友が欲しい人たちがいるのかと、内心ドキドキしていました。

店員さんから受け取った手のひらサイズの白いボタンをテーブルに置くと、二人とも思わず「おぉ~!」と声が出てしまいました。
気軽に飲み友が欲しいという人には、夢のようなサービスがこのボタンで始まるのかと感心しながら、しばらく眺めた後、ボタンをゆっくり押しました。

ドキドキ! ついに男性が来店!

私たちが期待に胸を含まらせボタンを押してから10分くらいたった頃、二人のスーツを着た男性が私たちの座るテーブルにやってきたのです。
「togetherの方ですか」と訪ねられ、「そうです」と返すだけでも心臓が高鳴り、パターン化してしまったいつもの飲み会へのスパイスとなる新しい出会いに思わず笑顔がこぼれました。
男性二人と私たち二人がそれぞれ並び、向かい合う形でテーブルを囲みました。

初めて会う人といきなり飲むなんて何を話したらいいんだろう、と不安もありましたが、今回は男性側が話題を振ってくれたおかげで、自然に四人全員の自己紹介や趣味の話で盛り上がりました。

ビールやカクテルを頼み、話題はアルコールの話に。どのくらいで酔うのか、好きなカクテルやおすすめのお店の話など、会話は楽しくなるばかり! 『こんなに簡単に知らない人と楽しく飲めるんだね!』と何度も何度も会話に出てきました。

私たちはボタンを押しただけ。
男性2人はアプリを入れただけ。
こんな簡単なことで、いつもとは違う新しい飲み友ができたのです。

飲み友だけじゃない! 素敵な出会いの予感♫

男性が着席し、それぞれ頼んだ飲み物がテーブルに揃い、乾杯。好きな食べ物やお酒、音楽の話になり、意外と共通点が多いことに気が付きました。

1軒目のお店は時間制だったので3時間でお店を出たのですが、このまま帰るのは寂しく、もっと飲みたいと思った私たちはそのまま2軒目へ行くことになりました。実は2軒目へ行く時点で、とてもお腹いっぱいで普段なら帰るところだったのですが、それでももっとこのメンバーで一緒に飲みたいと思ったのです!

男性2人は、私たちを「~ちゃん」と呼んでくれ、飲み代もごちそうになり、忘れかけていた「女の子扱い」をされた気分になり、私は久々にトキメキを感じました!

飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ
▲ほろ酔いで帰りの電車を待つ私たち。今日は素敵な出会いがあって楽しかった!!

『ボタン1つ』で飲み友が増え、好奇心が有意義な時間に!

飲み友と出会うという、恋愛を前提としないサービスだから気軽に使えますし、合コンのように自分を演じることもありません。
togetherで新しい飲み友に出会い、4人で一緒に5時間も楽しく飲んで、最初は半信半疑でボタンを押したものの、最終的には素敵な出会いに繋がり、好奇心が有意義な時間に変わるという良い経験をしました。最近なんだかつまらないな……と感じていた飲み会ですが、以前より前向きに飲み友を作ろうと思えるまでになりました。

詳しくはtogether公式サイトへ!
飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ

togetherアプリダウンロードはコチラ↓↓
飲み友は指1本で探せる時代! 誰かと飲みたい夜にオススメのアプリ 

愛の他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

0うーん…