敏感肌とは? 敏感肌の原因と対策方法をご紹介

「肌荒れが起こりやすい」
「化粧水で肌がピリピリしてしまう」

そのような症状が見られる場合、敏感肌の可能性があります。では、敏感肌とは具体的にどんな肌のことを言うのでしょうか?

ここでは肌トラブルで悩んでいる人の為に、敏感肌とはどんな肌なのか。また、敏感肌の原因・対策方法をご紹介していきます!

敏感肌とはどんな肌?

実は医学的に敏感肌とはどんな肌なのかという定義はありません。なので、「敏感肌とはどんな肌?」と聞かれた時に、人それぞれにイメージするものは異なるものです。

敏感肌に見られる症状

敏感肌とはどんな肌なのかという明確な定義はないものの、一般的に次のような症状が見られる場合、敏感肌と呼ばれます。

・化粧品によって、使った時に肌が荒れることがある
・化粧水によって、肌がピリピリすることがある
・季節の変わり目には肌が荒れやすい
・髪の毛や衣類が肌に当たると、かゆみがある

思い当たる点がありますか? もしもそうなら、あなたも敏感肌の可能性があります。敏感肌とは? 敏感肌の原因と対策方法をご紹介

敏感肌とは、バリア機能が低下した肌

健康な肌と敏感肌とは、バリア機能の状態が違います。健康な肌は十分に潤っていて、バリア機能がしっかりと機能している状態です。

その為、外部からの刺激を受けにくく、化粧品などで肌が荒れることはほとんどありません。

それに対して敏感肌の場合は、肌のバリア機能が低下しているので、外部からの刺激を受けやすく、しかも肌の水分も逃げやすい状態になっています。

肌が乾燥しやすいですし、紫外線やホコリ、細菌などが角層に侵入しやすく、肌トラブルが起きやすいのです。

敏感肌になってしまう原因

では、どうして敏感肌になってしまうのでしょうか? その原因を見ていきましょう。

間違ったスキンケア

元々肌が弱いという人もいますが、間違ったスキンケアが原因で敏感肌になっている人も少なくありません。

例えば、合成界面活性剤がたっぷりと入ったクレンジング剤や洗顔料で、丁寧に洗うのを習慣にしているという人。洗い過ぎによって、肌が過敏になってしまうことがあります。

さらに、肌の角質ケアなどをやり過ぎてしまっている人も、肌のバリア機能を低下させてしまい、結果として敏感肌になってしまいます。

良かれと思ってやっている間違ったスキンケアが、敏感肌を招いてしまうというのは残念ながらよくある話です。敏感肌とは? 敏感肌の原因と対策方法をご紹介

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは肌のコンディションに影響を与えます。

生理前に肌荒れが起こりやすくなるのは女性ホルモンの乱れが原因ですが、この乱れが慢性的に続くと敏感肌になってしまいます。

不規則な生活

肌の為には睡眠をしっかり取り、栄養素のバランスがとれた食事を心掛けることが大切です。

しかし、睡眠不足が続いたり、食事も食べたり食べなかったりと不規則な生活を送っていると、敏感肌を引き起こしやすくなります。敏感肌とは? 敏感肌の原因と対策方法をご紹介

スキンケアと生活習慣の両方からのケアを

ここでお話したように、一般的に敏感肌とは肌のバリア機能が低下して、肌トラブルが起きやすくなった状態のことをいいます。

毎日のスキンケアや生活習慣が敏感肌を引き起こす原因となりますので、敏感肌で悩んでいる人はぜひスキンケアや生活習慣を見直してみましょう。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…