彼女の友達を好きになった時の男のホンネとは?

あなたは、彼氏の友達を好きになったことってありますか?

今回は、彼女の友達を好きになった時の男のホンネについて、一緒に見ていきたいと思います。

男のホンネとは……

「彼女の友達を好きになった事ありますか?」という問いに対して、「好きになってはいけないと気持ちを抑えた(20%)」「彼女と別れて告白した(20%)」「二股をかけた(20%)」「その他(40%)」というアンケート結果があります。彼女の友達を好きになった時の男のホンネとは?もっとも、回答者数が10人なのでどこまで一般化して解釈すればいいのかですが……でも、肌感覚で言っても「まぁ、こんな感じだろう」と思います。

これについては、男のホンネも女子のホンネも同じです

彼女の友達を好きになった時、「ソッコーでエッチする or 付き合う」のが若い男子である、という見方をしている女子もいると思います。実際にそうしている男子がいるのだから、この見方はこれで正しいのだろうと思います。

でも、この見方を発展させて「男子って、ようするに下半身がサル同然」と思うのは、男のホンネの見立てとして間違っているように思うんです。

例えば、友達の彼氏を好きになった場合、女子はどうしますか?

「倫理」に反すると思って、「友達の彼氏を好きになった」という気持ちを押し殺して、何もなかったかのように淡々と暮らす女子もいますよね。

友達に内緒で友達の彼氏とエッチして、何食わぬ顔で友達と友達関係を続ける女子もいますよね。あるいは二股をかける女子もいますよね。

男子も女子と全く同じなんです。男子だけが「性欲旺盛のサル」ではないんですよね。男子も女子も、「友達の彼女(彼氏)であっても、ヤリたいからなんとしてもヤルんだ」と思う人はそういう行動に出るし、好きという気持ちを抑えるべきだと思う人は抑える。

たったこれだけのことです。

では、「ヤル or 彼女(彼氏)と別れて告白する or 二股をかける」人たちと、「気持ちを抑える」人たちの違いってどこにあるんでしょうか?彼女の友達を好きになった時の男のホンネとは?

違いは3つあります

1つは、明らかにセックスが好きかどうか、ですよね。「友達の彼女が好きだけど、セックスはあまり好きじゃない」人は、気持ちを抑えやすいですよね。

2つ目は、どこまで「友達」と思っているかどうか、です。「友達」とは名ばかりで、じつは「知人」としか思っていない。こんな「友達」関係もありますよね。

3つ目は、彼氏彼女の関係性が弱い、です。例えば「今の彼氏と別れそう」とあなたが思っている時、彼氏が友達の彼女とエッチしちゃった、とか。あるいは彼氏か彼女のいずれかが「付き合っているつもり」ではいるものの、実は相手は「セフレかそのちょっと上」の存在としか思っていない、というようなケース。彼女の友達を好きになった時の男のホンネとは?

生きている世界が狭い、ということ

もっと分析的に見ていくと、他にも色んな違いがあると思います。

でも、総じて言えることは一度セックスが原因で苦い思いをしないと、自分の性的欲求の扱い方が分からない人がいる、という事実です。

友達の彼女とエッチした――この事実が元で友達を失い、付き合っていた彼女を失い、苦い思いをした。こういう経験がないと性的欲求の扱い方が分からない人っているんですよね。

女子も同じですよ。友達の彼氏とエッチして、友達にブチ切れられ、ウワサが流れ、何人もの友達を失って初めて自分の性欲の扱い方を知る人がいる、ということです。彼女の友達を好きになった時の男のホンネとは?そういう痛みを知った人は、性的欲求の扱い方が上手くなることもあります。上手くなるというのはどういうことかといえば、割とエロい友達が増えて、そういう人々の中で上手く生きていく、ということです。

上手く生きていけない人とは、一生そういう癖が直らない人です。何歳になっても「友達の彼女(彼氏)いいな」と思えば、したたかに出て手を出してしまう人っているんですよね。

そういう人の特徴は生きている世界が狭い、ということ。

何も身近な狭い世界の中からエッチする相手を見つけなくったっていいじゃないですか。ぶっちゃけ、彼女(彼氏)の友達よりいい女(男)って、この世にいっぱいいるんだからさ。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…