恋を10年お休み中。ならば「恋愛抜きの婚活」はいかが?~桃山商事の恋愛相談 vol.1~


34歳、福祉関係の仕事をしています。すごく好きだった彼氏と別れてから
恋愛に対して日々関心がなくなっていき、
気づいたらもう10年間も彼氏がいません。
仕事もプライベートにも特に不満はないのですが、そろそろ女性として焦りを感じています。
素敵な男性と、いずれ結婚はしたいとは思うのですが、この事実を男性に告げると引かれますでしょうか?
というか、今さらどうやって恋愛モードに入ればいいのかもわかりません。
アドバイスをお願いいたします。(相談者:アヤコ/34歳)

●桃山商事の回答●  恋愛抜きの婚活はいかが? 今の幸せは手放さないで!

仕事やプライベートにさほど不満がなく、さらに恋愛にもあまり関心がない、とのこと。34歳というと、仕事でも責任ある立場を任される頃だし、福祉関係だなんて、
めっちゃカッコいい仕事じゃないですか!
人に認められ、誰かの役に立つ。これができているだけで、アヤコさんの人生は
かなり素敵です。もはや、無理に恋愛をしなくてもいいのでは……という気もします。

なので、悩むことなくそのまま突っ走ってください!
と、言いたいところですが……おそらく、最も気にされているのは恋愛でも結婚でもなく、
「出産」のことではないかと思われます。
事実、桃山商事の利用者にも、「今のままでも楽しいけれど、妊娠のリミットから逆算すると、
そろそろ相手を見つけなきゃ……」という漠然とした焦りを抱える独身のアラサー女性は
少なくありません。

『AERA』や『婦人公論』で仕入れたつけ焼き刃の知識で大変恐縮ですが、女性の卵細胞には
数に限りがあり、30代の半ばを過ぎると妊娠率が下がると言われています。
それゆえ多くの女性が妊娠に対して「リミット意識」を抱えているとのこと。
もしかしたら、アヤコさんの焦りも、個々に端を発しているのではないでしょうか。

女性にとっては本当に腹立たしいことだと思いますが、この「リミット意識」を男性は
ほとんど共有していないように感じます。
ここは全男性が本当に改めた方がいい部分です(自戒を込めて……)。
なので、もし子どものことを見据えてとなると、女性の方から能動的に恋愛へ
近づいていった方が現実的だと思われます。
男なんて、放っておくといつまでものうのうと暮らしていくだけですからね!

 仮に恋愛にさほど興味がないならば、無理に恋愛モードにならずとも、例えば
「一緒に子育てをする相手」という視点で相手を探してみるのも手だと思います。
ちゃんとコミュニケーションが取れる。何かと協力しながら進められる。
いざとなったら頼りになる。
そういう人を、まずは恋愛感情抜きで見極めてみたら、何か視界が開けるかもしれません。

 いずれにせよ、恋愛を10年しなかったのもアヤコさんの人生であり、そこを
否定するような男性とは子育てなんてできないでしょうから、
まったく気にすることはないと思います。
それを言って引くような男はこっちから願い下げ!
見極める時間が省けてラッキーくらいに思えばいいと思います!

●まとめ●

・女性の「リミット意識」を、男はほとんど共有して
・今の仕事や生活は手放さないで!
・婚活に必ずしも「恋愛感情」が必要なわけじゃない

桃山商事 清田隆之の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…