【トイアンナ】人間関係でストレスを溜めたくないなら〇〇をやめよう

こんにちは、トイアンナです。あなたは人間関係でストレスを溜めやすい方ですか? 私は昔、かなりストレスを感じる方でした。

学生時代は、誰かが自分を嫌いだという噂を聞いては体育座りで「もうだめだ……」と自分を責めていましたし、嫌われるのが怖くてバレンタインでは「友チョコ」を100個も用意しました。お年玉がまるまる友達付き合いのチョコに消えていくのは切なかった……。

しかし意識的に心の持ちようを変え、それからストレスを感じにくくなりました。今回は自己流で心を強くしたとある方法をご案内します。

期待するのをやめると、人生は楽になる

私がストレスを人間関係であまり感じなくなったのは、ある先輩の言葉がきっかけでした。その先輩は誰にでも優しく、どんなきつい罵倒を上司から受けても、のほほんとしていました。その理由を聞いてみると、先輩はこう答えたのです。

「だって、僕は相手が変わってくれるだろうとか、人が僕をいつか理解してくれるだろう、好きになってくれるだろうっていう”期待”をしないからね」

目からウロコでした。そう、当時の私は「あの人はどうしたら変わってくれるんだろう」「何でわかってくれないの。もっと私を理解してほしいのに!」と相手の変化に期待していたのです。けれど期待をすればするほど裏切られた気持ちになり、ストレスを抱えてしまっていたのでした。
【トイアンナ】人間関係でストレスを溜めたくないなら〇〇をやめよう

人間関係に疲れたら、自分が期待しすぎていないか考える

それから、人間関係でストレスを感じるたびに「私、あの人に期待しすぎていないかな」と考えるクセをつけました。人を無邪気に傷つける方が、いきなり気配りの達人にはなりません。モラハラをする人は、たいてい一生モラハラのままです。

人のことは言えません。私だって欠点まみれです。ズボラは生来のものですし、うっかりミスも多くあります。それを「なぜ変わってくれないの!」と怒られても、とまどうことしかできません。期待されてもプレッシャーになって困るだけなのです。

自分の欠点を直すように期待されても困るんだから、人にだって大きすぎる期待を抱いてはいけない。それが先輩から教わった、人間関係でのストレスをなくすすべでした。
【トイアンナ】人間関係でストレスを溜めたくないなら〇〇をやめよう

 

お互い幸せになるため、人間関係で期待しすぎない

それから、私は人へ重すぎる期待をぶつけないようにしています。冷酷に聞こえますが、そのほうが相手にもラクなのです。そして期待をしないからこそ、予想を超えて優しくしてもらえることも増えました。期待しないことで、感謝の心も教わったのです。
春ぼっちの不安を解消! 新生活をエンジョイするためのコツ

あなたがもし人間関係でストレスを感じているなら……「完璧な上司であってほしいって、期待してない?」「友達なら秘密を守るものって期待しすぎてない?」と自分を振り返ってみてください。あなたと、相手の幸せのために。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)人間関係に悩む方だと思いますか?

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

1うーん…