ブスと美人の違いはどこにある? 問題は見た目より中身にあった!?

「美人は得をする」というのは、多くの人が感じていることでしょう。

ブスと美人の違いを判断する材料は、見た目の印象です。しかし、持って生まれた顔やスタイルにもよりますが、性格は顔に表れるとも言いますよね。では、決定的なブスと美人の違いはどこにあるのでしょうか?

表情が暗いとブスになる

テレビやファッション雑誌に出てくる女優やモデルは、元々美しい容姿を持っていますが、常に口角を上げて明るい表情を保っています。

一方ブスと言われる人は、口角が下がり、暗く不幸そうな顔をしている人が多いことに気が付くでしょう。

元々美しい顔立ちの人でも、暗い顔をしていれば美人というより幸の薄い人というイメージになってしまいます。つまり、常に明るい表情を意識することが、美人への第一歩と言えるでしょう。

笑顔を作るのが難しいという人は、鏡の前で笑顔の練習をするようにしてみるといいかもしれませんね。ブスと美人の違いはどこにある? 問題は見た目より中身にあった!?

美人とブスの差は美に対する意識の差

一般的に美人と言われる人は、ほとんど例外なく努力家です。美しくなるにはどうしたらいいかということを考え、自分に足りないものがあれば、努力して手に入れるというのが美人の考え方。

一方ブスと言われる人は美に対する意識が低い人が多く、綺麗になる為の努力をほとんどしないという人が多いです。たまに気が向いた時に美容液を買って「努力している」と満足しているタイプが多いのです。

常に美しくなることを意識している人と、「人に見られなければいいや」とズボラな生活を続けている人では、差が出るのは当然のことです。

この差は、年齢を重ねれば重ねるほど顕著に表れます。30歳を過ぎて急におばさんくさくなる人と、年齢より若く見える人がいるのは、美に対する意識の差が理由だと言えるでしょう。ブスと美人の違いはどこにある? 問題は見た目より中身にあった?

美人は自分を引き立たせるファッションを知っている

美人かブスかを分けるのは、顔やスタイルだけとは限りません。自分に似合うファッションを取り入れているかどうかということも、美人に見える重要なポイントとなります。

美人は常日頃から自分を引き立たせるファッションについて、雑誌やテレビを見て研究しています。一方ブスな人は自分に似合うかどうかはさておき、「自分が着たい服」を選ぶ傾向があります。

基本的にどんなファッションをするかは個人の自由ですが、相手を不快にするようなファッションの人は美人とは言えません。

他人の目線で物事を考えられない人は、ブスの仲間入りとなってしまいます。洋服を選ぶ時は、相手にどう見えるかを意識することも必要なのですね。

「自分はブスだから」は思い込み?

「自分はブスだから」と自分を卑下する人は多いですが、実際にどうしようもないほど顔が醜い人というのはそうそうお目にかかることがありません。つまり、自分がブスだと思い込んでいるだけというケースが非常に多いのです。

日本の女性は、自分の顔に対して自信がないという人が多く、「自分の顔が好きではない」という人が多いように思います。

その為、誰かに「綺麗ですね」と言われても「そんなことないですよ」と否定したりします。せっかくの褒め言葉を素直に受け取れないこと自体が、自分をブスにしているということに気が付いていないのです。

美人になりたければ、自分をきちんと認めて、褒められたら「ありがとう」と素直に言える心を育てることから始めるべきかもしれませんね。ブスと美人の違いはどこにある? 問題は見た目より中身にあった?

内面を磨けば美人になれる!

美人とブスの違いで最も目に付くのは見た目の違いですが、その違いは美に対する意識の違いということが出てきます。つまり、心がけ次第で美人に変身できる可能性があるということ。

どんなに美人と言われる人でも、容姿に100%の自信を持っている人はごく少数で、誰もがコンプレックスを抱えながら生きています。

「自分は見た目が悪いから」と諦めてしまうことが、ブスの始まり。自分の悪い部分に注目するのではなくいい部分に目を向けて、それを伸ばしていけば、魅力的な女性に生まれ変わることができるでしょう。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…