女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介

久しぶりに送るLINE(ライン)だと、どのように送ったら良いか迷うこともあるでしょう。その相手が気になる相手であれば尚更でしょう。

この記事では、女性から久しぶりにLINEを送る場合について紹介しています。注意点やコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性からLINEを久しぶりに送るのはアリ?

女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介アリと言って良いでしょう。久しぶりに送るからと言って、躊躇する必要はありません。何か要件があるのなら尚更です。それに、女性からであっても誰からであっても、久しぶりのLINEは嬉しいものです。

しかし、初めから重くなるような内容は避けた方が良いようです。「面倒だな」と思われてしまう可能性があるので、最初は軽い感じの短文で送るのが良いでしょう。

久しぶりに送りたくなってしまう女性の心情

何か要件がある場合も考えられますが、特に深い意味はなく、ただ送っている場合が多い傾向にあります。暇つぶしで送っているか、もしくは「寂しいから構ってほしい」という理由からです。

寂しさで送っている場合、何か悲しい事が起こった時や夜に送ることが多いので、話を聞いて貰いたいという女性が大半でしょう。

全く知らない相手に送るのではなく、気がしれた相手に送る場合が多いようです。

女性からLINEを久しぶりに送る場合の注意点4つ

女性から久しぶりにLINEを送ったとしても、内容によっては「面倒だな」「嫌だな」「もう返さなくて良いかな」と相手に思われてしまう事もあります。

そう思われずにやり取りを長く続けるために、注意すべき4つの事について紹介します。そうすれば、お互い楽しくLINEのやり取りができるでしょう。

1:いきなり長文から始めない

長文を嫌がる男性は多いようです。いきなりの長文は、読むのも返信するのも面倒だと思われてしまい、無視される可能性が高いでしょう。その一回の長文で嫌いになってしまう男性もいるようなので、初めは軽い感じで送るのが良いでしょう。

2:重ための内容は避ける

久しぶりのLINEで重ための内容を送ると、嫌がられてしまうでしょう。それは、男性だけに限りません。久しぶりのLINEは誰でも嬉しいはずです。それが女性からだと尚更男性は嬉しいでしょう。

しかし、内容が重たい話となると一気に気分が落ちてしまい、返信を後回しにしてしまう可能性があります。要件がある場合や頻繁に連絡を取っている相手であれば、別でしょう。

ただ、しばらく軽めのLINEを繰り返す中で重ための内容になったのであれば、仕方ありません。最初は軽めに話していくと良いでしょう。

3:仕事の時間帯は避ける

女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介相手が仕事中のときは返信できない状況だったり、返信が遅い場合があります。時間やタイミングを見て、相手が返信できる時間を考えて連絡する事も大切です。

昼間に仕事している人であれば、19時〜22時の時間帯に送ると返信しやすいようです。

4:自分の話ばかりしない

これに関しては、男女問わず言える事です。自慢話など、自分の話ばかりしてしまうと相手から嫌がられ、「しんどい」と思われてしまう可能性があります。

それに、会話が楽しくないと思われてしまい、長くは続かないでしょう。それがきっかけで返信が全く来なくなってしまう事もあります。

LINEのやり取りを長く続かせたければ、自分の話ばかりではなく相手の話を聞く事も重要です。

女性からLINEを久しぶりに送るときのコツ5つ

気になる人に連絡したいけど何を話したらいいか、どんな内容を送ったらいいか、きっかけがないと躊躇してしまうこともあるでしょう。また、久しぶりに送るとなると更に迷ってしまうでしょう。

女性から久しぶりに送る時のコツを5つご紹介します。

1:すれ違ったと嘘をついてみる

「もしかしたらすれ違ったかも!」と連絡する事で、良いきっかけをつくる事ができます。本当は見かけていなかったとしても、人違いや見間違いだったと誤魔化す事ができ、それをきっかけに会話が発展することもあるでしょう。

2:下心がない質問をする

趣味や休みの日の過ごし方などを聞いてみるのも良いでしょう。お互いの事を知るきっかけになりますし、共通の話題が見つかり、会話も弾む可能性が高くなります。しかし、根掘り葉掘り聞いてしまうと下心があると思われてしまい、警戒されてしまいます。

日々の出来事を聞いてみるのも良いでしょう。日常の話の中で相手の生活やリズムが分かります。

3:「元気?」と短文で連絡する

女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介久しぶりに送るのであれば、あまり深く考えずシンプルに「元気?」と送るのが無難でしょう。以前トラブルがあったなど、よほどの理由がなければ返信は返ってくるはずです。それに、シンプルな文章が一番返信しやすい場合もあります。

深く考えすぎずに気軽に送ってみるのも大事です。

4:「会いたい」と正直に連絡する

「会いたい」という気持ちを正直に伝えてみるのも良いきっかけとなります。しかし、「会いたい」だけだとストレートすぎる為、「久しぶりに会いたいからご飯でも行こう」など、断られても気まずくならないような文章にしましょう。

素直な気持ちは、遠回しに言っても伝わりません。会いたいのであれば会いたい、声が聞きたいのであれば電話したいなど、気持ちを素直に言う事はすごく大事なのです。女性から会いたいと言われて嬉しくない男性は少ないでしょう。

5:イベントに便乗する

季節ごとのイベントを利用して連絡してみると良いでしょう。例えば、春であれば「桜が綺麗だし、お花見でもしたいね」、夏であれば「みんなで海に行きたいね」という文章になります。

また、相手の誕生日にお祝いのLINEをしたり、その後に季節のイベントを利用して誘い出すという方法もあります。誕生日のLINEは嬉しく思ってもらえる可能性が高いので、送りやすいイベントです。

女性からLINEを久しぶりに送られてきた時の男性心理4選

女性にも言えることですが、久しぶりの人からのLINEってちょっとドキドキするのではないでしょうか。

全員が全員というわけではありませんが、気になっていた人からの連絡は、新しい物語が始まりそうな予感を密かに感じてしまうでしょう。

さて、そんなドキドキな久しぶりのLINEを男性はどう思っているのでしょうか。気になる男性の本音についてご紹介いたします。

1:嬉しい

相手が誰であっても、どのような感情があったにしても、久しぶりの連絡は嬉しいものです。誰かの記憶に自分が残っていると言うのは、相手が誰であっても嬉しいでしょう。

また、気になっている女性からであれば、男性は尚更喜びます。以前トラブルがあった等の理由がない限り、久しぶりの連絡は嬉しいので、気軽に連絡してみましょう。

2:複雑

女性は寂しい気持ちを打ち明ける事に抵抗がない人が多い傾向にあります。その為、男性は女性が寂しさの埋め合わせで連絡したと気づいてしまうようです。

誰かの優しさを求め、寂しさを埋めるだけの連絡ならやめておいた方が良いでしょう。自分を大切にできる女性になりましょう。

3:自分のことが好きかもしれない

女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介好意を持っている、持っていないに関わらず、女性から連絡が来ると舞い上がってしまう男性は多いようです。

男性側は、久しぶりに連絡が来るという事は少なからず自分に気持ちがある、と考える人も多いでしょう。そこで、会えるように会話を進めていくかどうかで、相手の気持ちが少しずつわかってくるのではないでしょうか。

相手の気持ちを確かめつつ、会話を進めてみてください。

4:勧誘目的

久しぶりの連絡は、勧誘目的だと疑われてしまう事も多いようです。そのため、最初から人生や将来の話をするのは避けましょう。

勧誘目的だと勘違いされないよう、世間話や近況報告などのフランクな話題から入ると良いでしょう。

女性からLINEを久しぶりに送るときは自然に装おう

女性からLINEを久しぶりに送ることについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

注意点やコツを紹介しましたが、まずは最初の文を送る勇気を出してみる事が大切です。久しぶりに送るにしても、最初の文を送らなければ会話は始まりません。

また、相手が返信しやすい内容だと気軽に返事を返せるでしょう。例えば、近況報告です。長文ではなく短文で、挨拶程度に送ってみると良いでしょう。

この記事を参考に、久しぶりのLINEはなるべく自然に装うことを意識しましょう。

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

13いいね!

20うーん…