告白するなら何回目?デートの際に愛を打ち明ける頃合いは統計で見定めろ!

恋人を作るために欠かせないのは、まず下地となる自分磨き、それから異性と積極的に関われる積極性、そして最後に必要なものがデートです。
デートもしないで恋人を作れるという方は、よほどの美人であるか、聖母のような性格で異性から慕われているか、このどちらかでしょう。
なかなかそうした条件に当てはまる人物は、男女共に少ないものです。やはりデートは恋人を作る上で無視出来ない、最後の仕上げといったところですね。

さて、皆さんは大体何度目のデートで告白したい、もしくはされたいと考えているのでしょうか。この手の質問はなかなか同時に多数の意見を得ることが難しいもの。人によってその答えにバラつきこそありますが、それでも何百人規模で統計を取ると、その平均値は割り出せるはずです。

今回は、20代から30代の街コン参加者533名に聞いた、「何回目のデートで告白をされたい(したい)ですか?」という質問から得られたデータをご紹介いたします。

告白するなら何回目? トップ

人気はやっぱり3回目?男女共にほぼ意見は変わらず

早速このグラフをご覧ください。

告白するなら何回目? 本文

今回のアンケートの集計結果を男女別に円グラフに表したものですが、パッと見て、ほぼ似たような比率になっていることがお分かりいただけるでしょう。
男女共にもっとも多かったのは「3回」。ほとんどの方が、告白する(またはされたい)最適なタイミングとして、3度目のデートを挙げていたというわけですね。男性は46.2%。女性は56.6%という数字になっています。

また、比較的目立つ差異としては、1回目のデートで告白を考えている男性が21.4%と結構多いのに対して、女性はその半分以下の6.9%止まりだったことが見て取れます。男性は恋愛においてはせっかちなタイプが多いということかも知れませんね。その一つの証拠として、5回目以上のデートでの告白を理想とする女性は17.8%に対し、男性の場合は9.4%と激減していることも挙げられるでしょう。

男性である筆者としては、フィーリング次第では1回目のデートの終盤で告白したいと考えるのもよく分かるのですが、女性の立場からすると、もっと仲を深めてから告白してもらいたいと考えている方が比較的多いということなのでしょうか……。

どちらかと言うとこのグラフは、女性よりも男性に見てもらいたいところではありますね。自分も含めて、恋愛の押し引きがひたすら「押してから押す」しかない男性って、結構多いものですから(笑)

今回のまとめ

このアンケート結果を見れば、端的ではあるのですが、男性と女性のデートと告白に対する考え方のちょっとした違いに気が付くことが出来ますね。
恋学をご覧になっている女性の方々におかれましては、この結果を見て「ああ、男性は余裕ねえな」ぐらいの認識を持っていただければほぼ間違いないことと存じます。

そうなんですよね~。
大体男性ってデートとかで気持ちばっかりが先行して、お互いのことをもっとよく理解し合うという基本的な部分がおざなりになりがちなんです。
筆者としてはこのグラフ、非常に勉強になることしきりでございました。

 

■調査概要■
調査期間:2014年7月5日~7月27日
調査対象:20代30代の街コン参加者男女
調査数:合計533名(男性276名、女性257名)
調査方法:アンケート(紙)
調査機関:株式会社リンクバル(恋学:大人の女性の恋活・婚活を応援する恋愛情報サイト)