長いつきあいでドキドキが薄れたカップルがもう一度盛り上がるための秘訣

■マンネリは悪いことではない

 誰しも、好きな人とつきあいはじめた頃は、ハイテンションになるものです。まだ慣れない相手への新鮮さも手伝って、ボルテージは最高潮に。しかし、どんなに盛り上がっていたふたりでも、数カ月~半年もすれば、関係にも落ち着きが生まれます。すると、脳裏に浮かぶのは「マンネリ」の4文字。

 人間は慣れる生き物です。むしろ、ずっと慣れずに緊張したつきあいをしていたら、今度は恋人といる時間がストレスへと変化してしまいます。トラブルや喧嘩の耐えない関係に疲れてしまうのと同じです。そういう意味では、マンネリは悪いことではありません。むしろ、ストレスなく「一緒にいると癒される、ホッとする」関係になるのはいい変化。

 反面、今までどんなにドキドキする相手でも、慣れてしまうと色気が半減してしまうことも。マンネリを恐れるのは、その点につきるといってもいいでしょう。

 穏やかな関係の中、ちょっとしたドキドキを感じさせるには、どうすればいいのでしょうか?

■彼女のために彼氏が心がけたいこと

□照れずに誉めよう

 「その服似合ってるね」「今日の髪型いいね」。あなたとのデートのためにオシャレしている女性の気持ちを受け取ったら、ちゃんと言葉で伝えましょう。

 女性がデートに気合いを入れなくなるのは「手抜きなデートコース」「彼のファッションが手抜き」「気合いを入れても彼は気づかない」といった要因です。どの手抜きもいいとはいえませんが、せめて彼女をちゃんと見ているというサインが伝われば、あなたのためにキレイでいようとする気持ちが継続されるはず。

□愛は言葉で伝えよう

 誉めるだけでなく、言葉で愛情を伝えるのはとても大事なこと。ほとんどの女性は愛の言葉を好みます。あうんの呼吸でわかりあえる関係になってもそれは同じ。「言わなくてもわかるだろ」は通用しません。どうしても恥ずかしいなら、メールで伝えて。ハートの絵文字ひとつでも、愛は伝わります。

 「愛している」「好きだよ」ばかりが愛の言葉ではありません。「ありがとう」という感謝の気持ちもきちんと伝えて。親しき仲にも礼儀ありです。

□彼女をエスコートしよう

 気取らない関係はとても心地よいものですが、たまにはメリハリも必要です。自宅デートや同棲しているカップルは特に、普段着で接しているせいか、色気がなくなってしまいがち。

 いくらリラックスした関係になっても、彼女をエスコートする紳士的な振る舞いは大事。女性が「女らしさ」を常に意識するには、身近な男性(あなた)が彼女を女性らしく扱うことが不可欠なのです。

■彼氏のために彼女が心がけたいこと

□恥じらいをなくさずに

 馴れ合いになるほど恥じらいを失ってしまいがち。たとえば(セクシーな場面以外で)平然と全裸でいるほど恥じらいをなくしてしまったら、色気も何もありません。

 男性にとってのロマンティシズムを壊さないことは、恋愛においてとても重要。相手は異性であることを忘れずに。

□恋人だから口説こう

 振り向いてくれるかわからない相手ではないからこそ、不安を感じることなく、安心して口説けるというもの。恋人という関係に落ち着いてからも、多角的なアプローチを実行して。手料理で胃袋を虜にしてもよし、あえてラブレターを書いてもよし、ときにはセクシャルなアプローチも照れずにやってみて。

□「キレイなお姉さん」でいよう

 どんな男性も、キレイなお姉さんは大好きです。飽きられてしまう不安や他の女性に浮気されてしまうかも……といった無用な恐れを抱かないためには、自分磨きに精を出すことが大切。

 完璧を目指す必要はありません。今のあなたにできるベストであればいいのです。最低限、彼に手抜きと思われない程度の身だしなみやケアは怠らないこと。他の男性も放っておかない「キレイなお姉さん」でいれば、彼もあなたに夢中になり、よそ見をする余裕がなくなるかも。

【島田佳奈の恋愛コラムガイド:島田 佳奈】


この記事どうだった?

7いいね!

8うーん…