嫉妬しない人は感受性が乏しいわけではない! 嫉妬について紐解きます

恋愛において「嫉妬」というワードはつきもの。けど世の中、男女問わず激しく嫉妬する人もいれば、嫉妬しない人もいますよね。その違いは一体何なのでしょうか?

今回は、嫉妬についてあれこれお話したいと思います。

そもそも嫉妬しやすい人とは?

『なぜ嫉妬しやすいのか?』ですが、嫉妬しやすい人には幾つか共通点があります。

まず、自分に自信がないタイプ。まぁ、これはなんとなく分かりますよね。劣等感から自分より優秀な人を見ると嫉妬しちゃうアレです。

ですが、自分が一番じゃないと気が済まないという変にプライドが高いタイプも嫉妬しがちです。自分が一番じゃないと気が済まない人は往々にして、自分と周りを比較する癖があります。で、自分が一番であることに優越感を感じ安心するのです。

けど、もし他の人が一番だったら? 自分のプライドが許さず、「なぜあの人が一番なんだ?」と嫉妬しちゃうのです。このタイプの嫉妬は男性に多く見られる傾向な気がします。

また、妄想が激しく、思い込みから不安を作ってしまうタイプも嫉妬しやすいですね。彼が他の女子と楽しそうに話しているだけで「なんであんなに仲がいいの? もしかして、あの子と浮気してる?」など、悪い妄想から自分で不安を作った結果、彼に対し「浮気してるでしょ!?」と、事実を確かめずに嫉妬で狂った気持ちをぶつける。こちらは女性に多い気がします。

まぁ、これも元をたどれば自信の無さからくるものですね。嫉妬しない人は感受性が乏しいわけではない! 嫉妬について紐解きます

嫉妬しない人は自分と他人を比べない

じゃあ逆に、『嫉妬しにくいタイプはどのような人なのか?』ですが、そもそも嫉妬しにくい人は自分と他人を比べない傾向があります。

「自分は自分、他人は他人」と割り切っているので、他人の優秀な部分を見て自信喪失ということが起こりにくいのです。向上心はあっても競争心がないタイプは、嫉妬しにくいでしょう。

自分に自信があるから他人の幸せも喜べる

自分の意見をしっかり述べることができるし、自分の弱い部分も素直に受け止めている自信家タイプは、他人をいちいち妬んだりはしません。自信がある人って劣等感が薄いので、むしろ他人の幸せすら一緒に喜べたりします。

「私が他の男子と喋っても、彼はちっとも嫉妬しない……」と不安な女子もいるでしょうが、彼が他人の幸せも喜べる善人タイプなら、そもそも彼の中には嫉妬心というものがあまりないと思っていいですよ。嫌いとかじゃなく嫉妬しにくいタイプなだけ。嫉妬しない人は感受性が弱いわけではない! 嫉妬について紐解きます

嫉妬したところで意味がないと知っている

嫉妬しないのは自分に自信があるのもそうですが、「嫉妬したところで状況が良い方向に行かない、嫉妬しても意味がない」ということを知っている賢いタイプだからでしょう。

賢く合理的なタイプなら、嫉妬心も薄いですよ。嫉妬はただ自分の心がモヤモヤするだけで、メリットなどありませんから。なので賢い人は無駄に嫉妬しないでしょう。あまり嫉妬しない彼なら、賢い合理的タイプかも。嫉妬しない人は感受性が弱いわけではない! 嫉妬について紐解きます

終わりに

嫉妬しない人は淡白なのではなく、自分を自分でしっかり認められているから他人の優れた部分も認めることができるんです。

彼が嫉妬しないのは、愛情がないからではなく、アイデンティティーがしっかり確立されているからと思った方がいいですよ。

美佳の他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

1うーん…