女性のことをお前と呼ぶ男の心理! 実はいろいろな意味があるんです!

あなたは彼氏や親しい男友達にどのように呼ばれていますか? 男性からの呼ばれ方によって、二人の関係がある程度つかめることもあります。

特に男性が使いがちな呼び方が「お前」です。今回は、お前と呼ぶ男の心理について、関係別にご説明していきます。

彼女をお前と呼ぶ男の心理

彼女をお前と呼ぶ男の心理は「独占欲」の表れだと思ってください。男性は自分の彼女を「お前」と呼ぶことで、「コイツは俺の女だ!」と思えるのです。

付き合う前は「●●ちゃん」と下の名前で呼んでいたのに、付き合い始めた途端に「お前」と呼びだすのが良い例ですね。

また、初めてエッチをしたことがきっかけで心の距離が縮まり、そこから「お前」と呼び始めることもあります。エッチをしたことで「支配欲」の感情が芽生えだし、下の名前で呼ぶよりも「お前」と呼んだほうが支配欲を満たせるのです。

彼女をお前と呼ぶ男の心理は、愛情表現の1つだと認識しておきましょう。女性のことをお前と呼ぶ男の心理! 実はいろいろな意味があるんです!

男友達の前だけで彼女のことをお前と呼ぶ男の心理

普段は下の名前で呼ぶくせに、男友達の前では彼女のことを「お前」と呼ぶ男性がいます。

これは、単純に男友達の前で見栄を張りたいだけ。「俺と彼女の立場関係は俺のほうが上だ!」という気持ちの表れで、「俺は彼女の尻に敷かれてないよ」というアピールなんです。

突然の「お前」呼ばわりに戸惑うかもしれませんが、男には男の社会があるのです。甘んじて受け入れておきましょう。

友達の関係でお前と呼ぶ男の心理3つ

ほかの女性には「●●ちゃん」とか名字で呼ぶのに、あなたに対してだけ「お前」と呼ぶ男性が近くにいませんか? これには3つの理由があります。

1.好意がある

1つは、あなたに対して好意を持っているからだと考えられます。ほかの女性のことは「お前」と呼ばないのに、あなたにだけ「お前」と呼ぶのは、距離感をどうすればいいのかわからないのです。

名字はともかく下の名前で呼んでしまうと、自分が「好き」だということがバレるかもしれない、かといって名字だと距離が遠い気がする。

「俺はお前に対して心を開いてるよ!」というアピールだったり、恥ずかしくて名前を呼べない。あなたのことを意識するがあまり、「お前」と呼んでしまうのです。

また、「お前」と呼ぶことで「俺は男らしい! 強い男なんだ!」という無意識のアピールも含まれていたりします。近くにそういう男性がいましたら、ぜひ観察してみてください。呼び方以外にも、あなたに好意のサインを送っている可能性があります。女性のことをお前と呼ぶ男の心理! 実はいろいろな意味があるんです!

2.男友達のように付き合える女友達

2つ目は、あなたのことを男友達と同じ感覚で接しているのだと考えられます。

男性は男友達を名前で呼ぶこともありますし、「お前」と呼ぶこともあります。あなたのことを呼び捨てで呼んでみたり、「お前」と呼んでみたりするのは、あなたのことを男友達感覚で付き合える仲の良い友達だと思っています。

3.自分より下だと見下している

3つ目は、あなたのことを見下している可能性です。例えば、一緒に仕事をする関係で、あなたがミスばかりして、その男性が尻拭いをしている。あなたとの関係が、立場的に上に置かれている男性は、つい「お前」と呼んでしまいがちです。

また、仕事や勉強でアドバイスをしている側になると、対等な立場であっても女性のことを少し下に見てしまう傾向があり、「お前」と呼ぶようになります。

“見下している”と書くと表現が悪いですが、男の心理的には『助けてあげたい』『放っておけない』という優しさも含まれているので、悪いことばかりではありません。女性のことをお前と呼ぶ男の心理! 実はいろいろな意味があるんです!

最後に

いかがでしたか? 男性がお前と呼ぶ心理。その背景にはいろいろな意味があったりします。

明日からあなたのことを「お前」と呼ぶ男性を観察してみてください。意外と近くに恋のチャンスがあるかもしれません。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…