婚活パーティーの自己PRって事前準備が必要? 【元・合コンクィーンの婚活お悩み相談室 第8回】

婚活パーティーは、第一印象で決まるといっても過言ではありません。特に、印象アップに効果的な自己PR力は大切です。婚活パーティーではプロフィールカードといって、自己PRの時に必要なカードを渡されます。

何も考えずに参加すると、プロフィールカードに自分のことを書く時点で悩んでしまうので事前準備しておきましょう。プロフィールカードを書く時間は限られているので、迷わずサッと書けるようにしておきたいものです。

今回の記事では、婚活パーティーでの自己PRに悩む相談者様の悩みにお答えさせて頂きます。

婚活パーティーで自己PRが苦手です。事前準備って必要ですか?

みくまゆたんさん、はじめまして。現在婚活中の、某地方在住のOLです。現在29歳ですが、30歳までに結婚できる相手を探そうと考えています。

婚活パーティーや街コンに参加しているのですが、初対面の人と話すのが苦手で悩んでいます。会った事のない異性に「趣味はなんですか? 」と聞かれて話したりするのですが、会話が続きません。男性の会話も、大して面白くないのに笑わないといけないのが苦痛です。知らない男性に、何を聞いたらいいかもよくわかりません。

結局、婚活パーティーや街コンに参加しても上手く自己PRできずに終わってしまいます。自己PRって、やっぱり事前準備が必要なのでしょうか?

婚活での自己PRは、事前準備が大切

婚活パーティーや街コンは、事前にプロフィールカードを配布されるイベントが多いです。カードに自己PRを書く時間は決まっており、大体イベント開始後5~10分程度です。慣れている人は書くのが早いですが、慣れない人は書ききる前にイベントが始まってしまいます。

婚活パーティーは、一人あたりの自己紹介の時間も短いです。大体2~10分位で、平均は5分あたりが多いような気がします。わずか5分の間に、自分をアピールするためにはプロフィールカードをしっかり埋めておくことが大切です。

相手への質問も、プロフィールカードを見ながら話せば大丈夫です。しかし、ここが埋まっていないと相手も何を話したらいいのかわからなくなってしまいます。パーティーに行く前には、ある程度自分のことをノートにまとめておくと良いでしょう。

女性なら、「学歴」「仕事」「喫煙者か」「離婚歴ありか」「趣味」「特技」「得意料理」「初デートどこに行きたいか」あたりを書かなければならないかもしれません。趣味や特技は、どのイベントでも書かされるので予め考えておきましょう。
婚活パーティーの自己PRって事前準備が必要? 【元・合コンクィーンの婚活お悩み相談室 第8回】

男性のプロフィールカードは、どこを重点的にチェックすればいいの?

婚活に参加する前には、自分のPRだけでなく相手に何を求めるかもノートにまとめておくと良いでしょう。

男性のプロフィールカードには、一般的に「仕事」「学歴」「年収(女性は書かないケースが多い)」「喫煙者か」「離婚歴ありか」「趣味」「特技」「初デートどこに行きたいか」が書かれているケースが多いです。

参加者の女性が最もチェックするのが、年収、仕事、学歴、離婚歴です。しかし、こればかりはあなたが何を求めるかで異なります。自己アピールポイントだけでなく、相手に何を求めるかもまとめておきましょう。

自己PRする前に、相手に興味を持たせるテクニック

婚活はコミュニケーション能力が大切なので、自己PRばかり上手くなってもダメです。また、自分のことばかりペラペラ話すのもNGです。しゃべるのが苦手なら、ネタを小出ししながら相手の反応を見てトークを勧めることをオススメします。

自己PRというと、「料理は肉じゃがが得意です」「趣味にお茶を習っています」など女子力をアップさせることを言えば良いと思っている人もいますが、以前婚活パーティーで男性の反応を無視して一方的に自分の良いことばかり話し続けていた女性がいました。男性は苦笑いしつつも、早く隣の女性と話したいオーラを醸し出していました。

自己PRは、いいことをまとめて一気に話す必要はありません。自己PRするだけでなく、相手に興味を持っていることをアピールするテクニックも磨きましょう。どちらかというと、自己PRはカードに記載するところに力を入れる程度で、トークは相手に聞かれてから答えるくらいで充分です。

自己PRがスタートしたら、相手のプロフィールカードを興味津々の顔で見る仕草をしたり、「へぇ~。凄いですねぇ」と、相手のプロフィールを見て褒めたりすると良いでしょう。相手のプロフィールに興味を示す仕草や、褒めることでアピールタイムで相手と親密になりやすくなります。
婚活パーティーの自己PRって事前準備が必要? 【元・合コンクィーンの婚活お悩み相談室 第8回】

自己PRで、どうしてもトークが浮かんでこない人はどうすればよい?

自己PRの時間で、男性に話を振っても全く会話が盛り上がらないことがあります。そういった場合は、相手がコミュ障かよっぽどあなたに興味がないかのどちらかかもしれません。婚活パーティーには、極度のコミュ障男性や引きこもりの男性も参加しています。

筆者も、プロフィールカードの「休みの日は何してる?」の項目に「引きこもり」と書いている男性からアプローチされてしまったことがあります。トークは何の話題を振っても全然話さないのに、実は気に入られていたのかと思うと不思議な気持ちになったものです。

なんの話題を振ってもトークに応じてくれない人や、どうしてもトークが浮かんでこない場合はニコニコしておきましょう。女性は、笑顔がトークの代わりになります。話しをしても、墓穴を掘ってしまいそうなら無理する必要はありません。

その人との時間は1回休憩ということにして、次に席に座った異性と気持ちよく話せば良いのです。すごろくでも1回休めという項目があるのですから、婚活パーティーで1回休めがあってもいいハズです。
婚活パーティーの自己PRって事前準備が必要? 【元・合コンクィーンの婚活お悩み相談室 第8回】

婚活パーティーの自己PRって事前準備が必要? まとめ

婚活パーティーでは、プロフィールカードを書かされるイベントが多いので事前に自己PRを考えておくと良いでしょう。自己PRは、婚活アプリを登録していると慣れるようになります。色んな人のプロフィールをチェックできるので、どんな風に書けば良いかの勉強にもなります。

ただ、会って話すタイプの婚活では自己PRが上手くなればよい訳ではありません。相手の歩幅に合わせてトークできるスキルや、相手に興味を持っていることをアピールできるスキルが問われます。

人は自分に興味を持っている異性に関心を示すようになるので、仲良くなりたい異性と出会ったら相手の目をみて微笑んでみましょう。それから、相手のプロフィールを嬉しそうな顔をして眺める仕草をしたり、相手のトークにはニコニコと笑顔で対処しましょう。笑う時は、口元を手で隠すと上品に映るのでオススメです。

自己PRに慣れるには、楽しみながら異性と会える街コンもオススメです。婚活パーティーよりも自由度が高いので、自己PRの練習としては最適です。たくさんの街コンに参加して、自己PRに慣れておきましょう。

街コンジャパンでは、女性なら月額500円でイベント参加し放題の婚活フリーパスというサービスを行っています。料金を気にせず参加できるので、一人暮らしで金欠の女性でも安心です。街コンには飲食できるイベントもあるので、婚活フリーパスで街コンに参加することで食費を浮かせることも可能です。

▼婚活フリーパスの詳細はこちら
婚活フリーパス

自己PRが苦手な方こそ、街コンで腕を磨きましょう。婚活フリーパスを使用して、たくさんのイベントに参加しながら自己PR力を磨いてみてくださいね。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…