【コラム】追い込まれ男子に聞く! 第3回 恋人にどんな時「好き」って言う? – 「毎日」「お金を貸してくれた時」

その愛情の深さゆえに、彼氏を追い込んでしまう”追い込み女子”――。追い込まれる側の男子はいったいどう感じているのだろうか。マイナビニュース会員のうち、恋人がいる独身男性116人に「どんなときに恋人に『好き』と言うか」聞いてみた。

Q.どんなときに恋人に「好き」って言いますか?

■シャイな男性も多い
・「ほとんど言わない: 恥ずかしいから」(23歳男性/電機/技術職)
・「言わない: 照れるから」(34歳男性/金融・証券/事務系専門職)
・「言わない: 男性なのでかるがるしくいいたくない」(32歳男性/農林・水産/販売職・サービス系)
・「言わない: 必要ないし」(32歳男性/情報・IT/技術職)
・「最近あまりいいません: お互いにわかっているので」(50歳男性/その他/その他)

■”追い込み”系男子も
・「いつでも言ってしまう: 好きだから!!!」(36歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「いつも: 言うのが普通」(27歳男性/金融・証券/営業職)
・「シーンにかぎらず頻繁に言っている: 好きだから」(27歳男性/情報・IT/技術職)
・「毎日です: 好きだからです」(15歳男性/学生/その他)
・「朝起きたら: 毎日確認したいから」(31歳男性/自動車関連/技術職)

■気分が高揚した時
・「いい感じの時: ムードを高める」(27歳男性/建設・土木/事務系専門職)
・「抱き締めたとき: 言いたくなるから」(25歳男性/生保・損保/事務系専門職)
・「目があって見つめあったとき: なんとなく、黙って見つめているのも変だし、言いたくなる」(46歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「夜: 伝わりやすい」(31歳男性/食品・飲料/技術職)
・「イチャイチャしてるときなど: さらに良い雰囲気になれるから」(30歳男性/情報・IT/技術職)
・「ピロートーク中に: 愛情が高まっている時なので自然に言いやすい」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「ベッドで: 雰囲気的に」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)

■かわいいと感じたとき
・「あまえてくるとき: かわいいから」(25歳男性/建設・土木/販売職・サービス系)
・「かわいいしぐさのとき: ほんとにいとおしくなる」(24歳男性/情報・IT/技術職(設計・エンジニア))
・「かわいいと思う: キュンとくる」(30歳男性/建設・土木/事務系専門職)
・「愛情があふれてる時: 自然と出てくる」(36歳男性/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「かわいいな、と思ったとき: 思わず抱きしめて思ってしまうので」(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「笑顔がかわいいとき: 好きな人の笑顔は一番」(27歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

■特に決まりはない
・「たまに: たまには言いたくなる」(29歳男性/その他/事務系専門職)
・「たまに、さりげない時にポツッと言います: いつも言っても、ありがたみがないと思うので、たまに言うのが効果的だと思うので」(43歳男性/情報・IT/技術職)
・「何気ないとき: そっちの方が突然で効果ありそうだから」(30歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「何気なく幸せを感じた時: ぽつんとつぶやいてしまう」(38歳男性/情報・IT/技術職)

■彼女にせがまれると
・「言ってって言われたとき: 普段は言えない」(27歳男性/医療・福祉/専門職)
・「言ってとせがまれたとき: 恥ずかしいので」(33歳男性/商社・卸/営業職)
・「相手が言ってほしいとき: 相手が喜ぶから」(30歳男性/金融・証券/専門職)
・「そう思った時なので、特にタイミングありません: 要求されると言いたくなくなってしまうので」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)

■デートやイベントで
・「デートの時: ロマンチックだから」(45歳男性/電力・ガス・石油/営業職)
・「デート中にかな: いい雰囲気の時にいいたいから」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「記念のとき: 特別な時に言いたいから」(23歳男性/その他/その他)
・「記念日: 意思表示が必要だから」(34歳男性/情報・IT/営業職)
・「相手の誕生日: インパクトがあるから」(39歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「イベントのとき: そういうシチュエーションだから」(32歳男性/金融・証券/事務系専門職)

■危険な「好き」
・「やましい気持ちがあるとき: 引け目を感じるし、自分自身への確認」(49歳男性/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「お金を貸してくれた時: 競馬に行く時に無言で現金をくれるので」(41歳男性/電機/技術職)
・「落ち込んでそうな時: すっと心を捉えそうだから」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「寂しさを感じた時: 相手に依存したい前触れ」(32歳男性/金融・証券/専門職)

■総評
男性が恋人に「好き」と言うタイミングを聞いてみたが、やはり恥ずかしがり屋の男性が多いようで、照れるので「ほとんど言わない」という回答が目立った。軽々しく言いたくない、お互いに分かっているので言わない、という回答もあったが、これは女性にしてみたら不服かもしれない。

意外だったのは、「いつでも」「毎日」「朝起きたら」など、頻繁に彼女に好き好き言ってしまうラテン系男性も相当数いたということ。こんな男性、いつでも彼氏から「好き」と言ってもらいたい”追い込み系”女子からしたら相当うらやましい話だろう。

気分が盛り上がった時に「好き」という男性も多かった。いい雰囲気になった時、互いに見つめ合っている時、抱きしめた時、ベッドの上、など、いとしい気持ちが湧き出てきて「好き」といってしまうよう。かわいいな、と感じた時に自然と「好き」と言ってしまう、という声もあったので、本当に「好き」という言葉が欲しいなら、あまり男性を追い込まないほうが良いのかもしれない。実際「要求されると言いたくなくなる」というあまのじゃくな男性もいた。男性側にしてみれば「あまり言うとありがたみが薄れる」「ロマンティックな時に言いたい」という”量より質”な気持ちも強いよう。

中には「雰囲気作りの一環」「ムードを高めるため」など、イベントごとや記念日に戦略的に「好き」を使う男性もいた。また、「お金を貸してほしい時に言う」「やましいことがある時に言う」なんて怖い回答もチラホラ見られた。男性の「好き」の裏には、もしかしたら恐ろしい意図が潜んでいる場合もあるかもしれない。女性陣はくれぐれもご注意を。

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2014年10月2日~2014年10月9日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性116名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※イラスト: 2014年11月7日発売予定の『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』(森もり子 著/KADOKAWA メディアファクトリー)より

調査時期: 2014年10月2日~9日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性116名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

<イラスト: 森もり子(もり もりこ)>
1988年生まれ。福岡出身。性別不詳の元OL。LINEクリエーターズマーケットから発売した「もっと私にかまってよ!」(返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ)で話題を集める。2014年11月22日にマイナビより恋愛かまってちゃんあるある『もっと私にかまってよ!』が、11月7日にKADOKAWAメディアファクトリーよりコミックエッセイ『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』も発売予定!

●『もっと私にかまってよ!』特設サイト

●『もっと私にかまってよ!』<Amazonでも購入する>

●『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』

●【追い込み女子の実態】彼氏に「もっと私にかまってよ!」と思ったエピソード10選

(アリウープ)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…