男性からの困ったお願い……顔射を要求された時の効果的な断り方とは!?

セックスの際に、思わず「はい!?」と聞き直したくなる要求を男性からされた経験はありませんか?

日本人は先進国の中でも、最もセックスの頻度が低いと言います。しかし、性欲は誰しも持ち合わせている為、男性たちはセックスができない間、アダルトビデオなどを観て欲求を発散しています。

このアダルトビデオがちょっと厄介なんですよね。普通のセックスではなかなかやらないようなプレイを当たり前に実践しています。その為、男性の中には現実のセックスにもアダルトビデオのようなプレイを持ち込んでしまう人も相当数います。

例えば、顔射。フィニッシュの時に女性の顔に射精するというものですが、筆者の周囲にも当たり前みたいな顔して「顔射でイクのが最高」とか言ってるタイプもしばしばいます。

顔射って弊害が少なくありません。髪にかかると取れにくいし、顔の粘膜に入ると炎症を招きます。

そこで今回は、男性が射精の際に顔射しようとしてきた時の効果的な断り方について、いくつか紹介したいと思います。

「顔に出すものじゃないでしょ!」と一喝!

冒頭でも書いたように、男性の中には……特にセックス経験が乏しく、アダルトビデオに連日お世話になっているような人たちは、“フィニッシュに顔射はある意味当然”だと考えている連中がいます。

つまり、顔射についての価値観が他の男性とはまるで違うわけですね。だからこういう男性を目覚めさせるには、顔射されそうになった時に「精液は顔に出すものじゃないよ」と一喝するぐらいのことはしてもいいでしょう。

こうでもしないと、この手の男性の価値観ってなかなか正常になりません。なんせ彼らは作りものの世界でのセックスが、スタンダードになっているわけですから。

射精は顔で迎えるものではないということ。これを理解させて、目を覚ましてもらうべきですね。男性からの困ったお願い……顔射を要求された時に効果的なお断り方法

「目に入ったらどうするの?」と呆れてみよう!

筆者は顔射なんて馬鹿馬鹿しいことだと思っているし、射精した瞬間賢者タイムになるのに、わざわざそんなことしても冷めるだけだと分かっているので、これまで一度も顔射したことがなければ、しようと考えたこともありません。

だけど筆者の周りには、顔射されてしまった経験を持つ女性はチラホラいます。そしてその大半が、「最悪だ~」という感想を漏らしていました。

そりゃそうですよね。もしも目や鼻などの粘膜に覆われた部位に入り込んだらかなり不快でしょうし、そのせいで病気を招くことも考えられます。

実際、目に入ったせいで病院にかかることになった女性も知っています。決して精液は清潔なものではなく体液ですから、もしも顔射されそうになったら「目に入って病気になったらどうするの?」と呆れ顔を見せることも大切。

こういう馬鹿なプレイを断る強い根拠になるはずです。男性からの困ったお願い……顔射を要求された時に効果的なお断り方法

「私のこと大事じゃないの?」と言ってみよう!

考えられないことですが、時には彼女に顔射をする男性というのがいるようです。百歩譲って(許せないけど)セフレ相手なら、まぁギリ理解できないこともないんですけど、彼女に顔射って割とアウトですよね。

ですので、もしもあなたが彼氏から顔射されそうになった時には、「ねぇ、私のこと大事じゃないの?」と聞いてみましょう。大事な彼女に顔射するなんて、普通の彼氏はしません。

するとしたら、彼女のことをそこまで大事に思えていない、ダメな彼氏ぐらいです。

この問いかけをされる時点で、相当ダメっぽい気がするのですが、ここで躊躇してくれたのなら、その後も関係性次第では長続きすることでしょうね……いや、でもやっぱり彼女に顔射とか、普通のメンタルの持ち主ならしませんね。(苦笑)男性からの困ったお願い……顔射を要求された時に効果的なお断り方法

終わりに

残念なことに、アダルトビデオの中での常識がセックスの常識だと曲解している男性は非常に多いものです。そんな彼らにしてみれば、顔射なんて初歩的なプレイの一環でしかありません。

ですので、「顔射はまだ許せるんだけどなぁ」みたいな許容の精神は、ある意味で危険です。必ずこういう男性は、顔射を許してくれる女性にはいずれもっと常識では考えられないプレイを要求してきます。

顔射を断るということは、その後待ち受けるさらに異常なプレイを拒むということでもあるのです。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…