彼女とのセックスに対する、男性の本音……飽きる派と飽きない派の対立

筆者は現在、付き合って3年目になる彼女がいます。基本的に歴代の彼女ともそうそうすぐに別れることはなく、毎度2年以上はお付き合いをするわけですが、いかんせん長く愛し合ううちに、確実に刺激は少なくなっていくのが男女の間柄というやつです。

特に顕著なのが、夜の生活ですね。あれはいけません。男性という生き物は、性欲というものが体の中に煮えたぎっているにも関わらず、1000日近く付き合ってきた相手の裸を想像すると、どうにも下腹部に血が集まらないような状況になってしまうものなんです。

しかし、全ての男性がそうなのかと言えば、決してその通りでもないようです。そこで今回は、長続きした彼女とのセックスについて、対照的な印象を抱いている、二人の男性の心情についてご紹介したいと思います。

「彼女とのセックスなんかとうに飽きた!」Aくんが浮気をする理由……

ほとんどの男性は、長続きしている彼女とのセックスについては、ある程度の段階で飽きが来てしまいます。

それはまあ、女性だってマンネリの強いセックスをすることに苦しみを感じることはあるでしょうから、お互い様と言えるのかもしれませんが、男性の場合、下手をすると3回目ぐらいのセックスで、早速飽きてしまうようなこともしばしば。

こういう状況というのは不条理なもので、彼女がセックス上手であっても飽きてしまう男性は飽きてしまうものなんですよね。

理屈ではなく、自分勝手が過ぎるきらいが男性の体の中に渦巻いていると、やっぱりすぐに彼女とのセックスに飽き飽きして、別の女性に色目を使ってしまうようになるものです。

筆者の知人にAくんという浮気者がいますが、彼は稀代の飽き性で、これまで浮気をしなかったことがないと噂されるほど、彼女のことを大事にしないタイプなのですが、顔が良いのでまあモテると。

彼女とのセックスに対する、男性の本音……飽きる派と飽きない派の対立

世の中、こういう男性の方が案外女性からも愛されるもので、何度浮気がバレても、そこまでの大事に発展したことすらないというのですから、しょうがない話ですね。

そんなAくんに以前、なぜ男性は彼女とのセックスにさっさと飽きて、他所の女性に目移りするのか質問してみました。するとAくんこう言います。

「浮気をするのは自分に自信がある奴と、意思が弱い奴。あるいはその複合タイプだね。俺はモテるから前者なんだけど、自分に自信があろうと意思が弱かろうと、やってることは同じなのは、俺としては納得行かない」

つまりAくんは、モテるべくしてモテる存在である自分は浮気をするのは許されるけど、意志が弱くてズルズル流されるだけの男性とは一緒にされたくないと思っていた、ということになります。

この発言から分かるように、浮気をする人間はやっぱり自分勝手が過ぎるようです。

ただ、彼女とのセックスにもさっさと飽きて次の相手を探したくなるのは、ある程度男性なら持ち合わせている感情です。

そう考えるとAくんのような反感を買いかねない発言って、言い訳をしないだけまだ清清しいのかもしれません。

よくいるでしょ、世間に。なんだかんだ御託を並べて浮気を正当化する男女。

彼女とのセックスに対する、男性の本音……飽きる派と飽きない派の対立

彼女一筋、「彼女とのセックス最高派」のBくん

さて、Aくんのような針の振り切れたような男性もいれば、浮気なんてとんでもないと考えるタイプもいるようです。

今度はBくんという男性の話を紹介したいのですが、彼は交際から間もなく5年目の彼女と同棲しており、非常に彼女と上手くやっているようです。

もう隙あらばLINE(ライン)でお互いに「愛してる」だの「好きだよ」だの、高校生みたいなやり取りを続けているわけですが、そんなBくん曰く、浮気は考えたことがないとのこと。

その理由は、彼女とのセックスの相性が良いからとのことで、元々Bくんも浮気肯定派だったものの、「彼女とのセックスを一度経験してみた時に、『ああこれは、今までのセックスがどれだけつまらなかったんだ』と思えるほど刺激的だったんだよね」と話して聞かせるほど、しっくり来るものだったそうです。

それ以来浮気は一切考えられず、飽きもせずに5年も同じ相手と一途に愛し合っているということなのですが、このBくんは実はAくんの弟。

兄弟でまた随分考え方に開きがあるものですね。しかしBくんもまた、現在の彼女と出会ってなければ浮気を今もやっていたかもしれないわけで、そう考えると浮気心というものは、セックスの相性が良い相手に出会わない限り、ずっと湧き続けるものなのかもしれません(少なくとも男性は)。

まあでも、そんなBくんの話を聞いても、やっぱり筆者は「いや、どんなに彼女とのセックスが良くても、浮気心まで押さえ込めるものかなぁ」と疑ってしまうところですが……。

彼女とのセックスに対する、男性の本音……飽きる派と飽きない派の対立

終わりに

彼女とのセックスって、男性にしてみるとやっぱりマンネリの温床みたいなものがあって、彼女のことは好きでも、セックスをするのはなんだかめんどくさいというか「それだったらオナニーで性欲を発散した方が楽」と思える部分もあります。じゃあ付き合うなよって話ですが。

でも実際、長続きする相手とのセックスで「飽きるな」と言う方が筆者からしたら無理な話をしているように思えるんですよね。

だって世間には浮気をする男女も大勢いて、恋人とのセックスにときめかなくなって久しい男女もまた多いわけじゃないですか。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

10うーん…