付き合ってからエッチするのは色々不都合! 可能な限り早めにエッチを

エッチをする際には、色んな意味でのギャップがつきものですよね。そこまで期待してなかった相手が、ものすごくテクニシャンだったり、一晩に3回も4回も求めてきたり……なんてことがしばしばあるものです。こういう状況はエッチが好きな人にとっては、歓迎すべきものでしょう。

しかし、ギャップには良い意味もあれば、悪い意味もあります。エッチが上手そうだと思って寝てみると、てんでダメ。ただのマグロ男だったというケース。遭遇したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ましてやそういう男性と、エッチもせずに付き合うことになってしまったら、まあ、なかなかの地獄。なんせ彼氏がエッチが下手なわけですから、ベッドインする度にフラストレーションを溜めてしまいます。こういう悲劇を防ぐ根本的な方法はないのでしょうか?

付き合ってからエッチでは遅い! エッチは付き合う前にすべし

この社会では付き合ってもない相手とのエッチは、モラルに反するものだと認識されています。こういうことをすると、女性は尻軽、男性はヤリチンなどと呼ばれることが多いわけですが、筆者はそれでも付き合ってからエッチをするぐらいなら、その前段階で一度エッチはしておくべきだと主張します。

その理由としては前述のように、付き合ってからエッチをして、相性が悪かったり、相手が下手だと分かってしまったりしたら、もう後の祭りでしかないからです。

付き合った手前、すぐに別れるのも億劫ですし、相手にも嫌な思いをさせてしまいます。別れようにも、その理由が「だってあなたエッチ下手じゃないの」では、きっと男性もショックを受けることでしょうし……。

そんなことになるぐらいなら、交際前に体の相性は確認しておくべきです。大人の恋愛に、セックスの相性を抜きで愛情一辺倒で挑むのはあまりにも心細いというか、短絡的だという話なのです。

付き合ってからエッチをして、それで相性が悪いと分かったら、どうせその時点で妙なギクシャク感を覚えるわけですから、そんな嫌な空気を共有するよりも、付き合う前に一度寝てみること。これを強くオススメします。付き合ってからエッチするのは色々不都合! 可能な限り早めにエッチを

付き合ってからエッチして、相手が下手だと分かった女性のフラストレーション

ここで実例を挙げてみたいと思います。これは筆者が、以前知人女性Jさんに聞いた話なのですが、彼女も一般的な例に漏れず、正式に交際がスタートするまで、相手方の男性と肉体関係は持たずに過ごしてきました。

そして、クリスマスイブの夜に正式にお付き合いをすることになり、その日のうちにいわゆる“付き合ってからエッチ”に乗り出したわけですが、もうその彼氏のセックスセンスの無さたるや、散々という言葉がぴったりだったようです。

体の触り方一つとっても、何か不快感を与えるような男性だったそうで、たまらずエッチの途中で「ごめん、相性が悪いみたいだから別れて」と告げることにしたのだとか。余程その男性とのエッチに堪りかねたようで、そのまますぐに連絡先も消してしまったそうです。

似たような話、皆さんの周りでも披露する女性はいるのではないでしょうか? 体の相性だけは、実際にエッチしてみないと分かりません。そして、もしも相性が悪いと分かった時、既に相手と付き合っているようでは、本当にめんどくさい状況が待ち構えています。付き合ってからエッチするのは色々不都合! 可能な限り早めにエッチを

終わりに

大人の恋愛なのですから、付き合ってからエッチなんて学生さんの色恋みたいな形式にこだわる必要はないと思います。

どうせ体の相性が悪ければそんな関係は長続きしないことは知れているわけなのですから、だったら最初にエッチして、それから付き合うかどうか判断する方が効率的ではないでしょうか?

それに、世間にゴロゴロしている「付き合う前にエッチするなんてありえない! 付き合ってからエッチする方が正しい!」みたいなことを主張する人たちだって、いざ自分が同じ立場になったら、利己的な考えを起こすに決まっていますから、あまり「世間がこうだから」みたいなことは考える必要はないと思います。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…