男の本音! 男女の友情があるのは確かだけど簡単に一線も超えられる

あなたには“男友達”がいますか? もし居たとして、その男の人はあなたを“女友達”だと思っているでしょうか。よく「男女の友情は成立しない」なんておっしゃる人が多いですけど、どうしてなんでしょう。

成立しない派の意見を持つ男の本音について紹介していきたいと思います。

男女の友情とか異性だとか気にしてなかったけど……

男女の友情とかとくに意識してなかったけど、“友達”だとは思っていた。でも、一緒に飲んだ時とか、ふと女性らしい魅力を感じてしまうと友達だけど異性として見えてしまう。これは男でも女でもあることでしょう。

こうなると二人の関係を友達だと言えるかは微妙ではないでしょうか。どちらかが相手に異性としての魅力を感じてしまうと、友達以上の関係を本音では望んでいるはずです。

また、あくまで個人的な意見ですが、どちらかといえば男のほうが先に女友達に好意を持ってしまう率が高いような気もします。

二人で居ると楽しかったり、一緒に居て心落ち着く女性であれば「もっと一緒に居たい!」「その女性を彼女にして独占したい!」とか、少しでも女性としての魅力を感じてしまうとそういう気持ちになりやすいです。

あなたは彼氏から「男友達との付き合いを控えてほしい」、もしくは「やめてほしい」と言われた経験がありませんか?

こういうことを言ってしまう男の本音は「彼女がいくら男友達だと思っていても、向こうは彼女のことをバリバリ異性として見ているかもしれない」と思っているからです。

男の本音としては、男女の友情は世の中にたくさんあるには違いないけど、自分の周りは例外、とか思っていたりします。

男の本音! 男女の友情はあるのは確かだけど簡単に一線も超えられる

男女の友情があっても“下心”は捨てきれない男

完璧なる男女の友情って、“下心”のないクリーンな関係ではないでしょうか。

女友達に対して下心がゼロな男って確かにいますけど、「あわよくば……」みたいに思っている男は多いです。多分、ここの気持ちが男女でかなりの温度差があるのかと。

飲みの席で盛り上がり、気づくと男友達に誘われてホテルへ行ってしまった……。それまでまったく男として意識してなかったのに……。それもこれも男女の友情はあったけど、男のほうが下心を捨てきれてなかったためです。

男って別に好きでもない女性のことを抱けたりしますし、チャンスがあれば簡単に一線を超えてしまいがち。それが女友達であろうと、あとで後悔するハメになっても平気で今の関係を壊しちゃうんです。

筆者は男女の友情は成立する派ですが、少なからず下心を持ってしまう女友達はいます。筆者から一線を超えることは決してないと思いますが、逆に女性のほうから来られたら抵抗できないかもしれません。こういう男はぶっちゃけ多いです。

女性は割と簡単に「この人は私の男友達です」と、彼氏に紹介することができても、男は彼女に「この子は俺の女友達なんだ」とハッキリ言えないこともあります。

その理由は、彼女に「浮気をしているのでは?」と疑われないようにするためだったり、本心ではどこか後ろめたい気持ちがあるからです。

後ろめたいというのは、つまり先ほどの下心が関係しています。女友達だと言い切ってしまうと、“もしかしたら”が起きる可能性が低くなりますからね。意外とこういう計算をしている男もいるものです。

男の本音! 男女の友情はあるのは確かだけど簡単に一線も超えられる

男女の友情というのはあやふやな関係

男女の友情は、まずお互いに気持がブレないことが大切。「この人とはなにがあっても友達」と割り切れる人であればその友情は続くでしょう。

けど、男女の友情は少なからずその人の魅力に気づいていることが多いので、男と女の関係、または恋愛へと発展しやすいのも事実。とくに男はその傾向が強く、気持ちがブレやすい。簡単に男女の友情を壊し、カラダの関係になることができます。

男女の友情が成り立つには、そもそも“お互いに人としても魅力があるか”も関わってきますから、興味のない人と「仲良くなりたい」「喋りたい」なんて気持ちになりません。

せいぜい知人止まりか単純に異性としか見れるかどうか。魅力のある女友達だからこそ一線を踏み外してしまいやすいのです。男の本音! 男女の友情はあるのは確かだけど簡単に一線も超えられる

男の本音としては、男女の友情は成立するけど「チャンスがあれば」と思っていることが多く、また女性としての魅力を感じてしまうと一瞬で友達以上の関係になりたいと思ってしまいます。

「男女の友情は成立しない」という意見を持つ男が多いのは、男女の友情はあやふやになりやすい、と思っているのも理由のひとつなんです。もしかしたら、あなたの男友達もそういう風に思っているかもしれませんね。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…