男性が感じるポイントを攻める上で大切なコトとは?

あなたはセックスでの“奉仕”は好きですか? もし奉仕が好きな女性であれば、きっと「もっと私で気持ちよくなってもらいたい」と考えているはず。

でも、よかれと思って攻めている場所が、男性にとってはまったく気持ちよくない場所だった、というのはよくある話。これだとせっかくの奉仕の心意気が台無しに。

そこで今回は、「男性が感じるポイントを攻める上で大切なコト」についてお伝えしますので、是非これからのセックスに取り入れてみてください。

あなたはセックスでの“奉仕”は好きですか? もし奉仕が好きな女性であれば、きっと「もっと私で気持ちよくなってもらいたい」と考えているはず。

でも、よかれと思って攻めている場所が、男性にとってはまったく気持ちよくない場所だった、というのはよくある話。これだとせっかくの奉仕の心意気が台無しに。

そこで今回は、「男性が感じるポイントを攻める上で大切なコト」についてお伝えしますので、是非これからのセックスに取り入れてみてください。男が感じるポイントを攻める上で大切なコトとは?

男性が感じる場所は微妙に違う! もっと男性の声に耳を傾けてみて

女性によって感じやすい場所が違うように、男性も感じるポイントが違います。まあ、そこまで劇的に変わるものではないですが、フェラにしても騎乗位にしても“こうされると気持ちいい”というのがあります。

また、男性の大半は女性からの奉仕の最中に「もっとこうして」と指示することは珍しくありません。つまり、感じるポイントをハッキリと伝えてくれるので、その声をきちんと聞いておくのが大切。

自分の思い込みだけで奉仕するよりも、指示通りにしてあげたほうが満足度は高いですし、テクニックによってはあっという間にイカせることができるワケです。

「今日はいつもより早く終わらせたい」そういう時にも役立つことなので、男性の感じるポイントを把握しておくのはなにかと便利ではないでしょうか。

「どうされると気持ちいい?」と逆に聞いてみるのもいいでしょう。
男が感じるポイントを攻める上で大切なコトとは?

フェラと手コキで感じてもらうには亀頭攻めがポイント

女性の奉仕で代表的なのが「フェラ」と「手コキ」。しかしながら、この2つは極端に上手い・下手が分かれ、どんなに教えても一向に上達しない女性も多いです。男性の指示が感覚的で「わかりにくい」というのもありますが……。

フェラと手コキが下手だと言われる女性の多くは、“竿”の部分ばかり攻めたりシゴイたりで、男性からすると次第に“射精感”はこみ上げてくるものの、そこまで気持ちよくはなかったり。

「男性の感じる場所がよくわからない」そういう時には「亀頭」を軸とした攻めをしてみましょう。亀頭は男性にとっていちばん敏感な部分ですから、ぜひとも押さえておきたいところ。

ただし! 感じるポイントだからといって亀頭ばかり攻めてしまうのはNGです。感度が強すぎるので男性のほうがダレてしまいます。竿7:亀頭3くらいにして様子をみてみましょう。

フェラと手コキで奉仕をする際には、亀頭を攻めることを意識するだけでも全然違うので、男性に気持ちよくなってほしい時にはお忘れなく。
男が感じるポイントを攻める上で大切なコトとは?

男性が挿入中に感じるには“女性の声”が大事

男性が感じるためのポイントは、感触以外にも女性の声によって感度が変わったりします。よく耳にしませんか? 「セックスで喘ぎ声を出してくれる女性は最高」というのを。

これは心因要素ですが、セックスでの女性の声ってめちゃくちゃエロいんです。そのエロさが股間に響き、勃起力を高め、そして硬くなる、故に感度も上がるんです。

挿入中は男性の気持ちいいようにピストンできるので、女性の声によって感度が増せばセックスの気持ちよさも高まるのです。これもある意味女性の奉仕ではないでしょうか。

男性の行動に合わせて喘ぎ声のトーンを上下させたり、「気持ちいい」「大好き」「もっと」などの言葉でもかまいません。とにかく、あなたたちの“声”そのものが、男性の感じるポイントに繋がっていくのです。
男が感じるポイントを攻める上で大切なコトとは?

男性の反応を楽しんでみて

女性はセックスに対して受動的な人が多いので、我関せずの姿勢になることが多いでしょう。

でも、セックスをする関係にある以上、女性も楽しまないのは少し損だとも言えます。たまには男性が快楽に歪む表情を見たり、あなたの攻めによって悶える男性を見るのも悪くないと思いますよ。

この記事どうだった?

8いいね!

0うーん…