アネモネの花言葉は色によって違うって知ってた? 色別にご紹介!

アネモネは、まだ肌寒さの残る早春に咲く花です。アネモネの花言葉を聞いたことがありますか?
花束をプレゼントする時は、その花の持つ花言葉にも注目して選ぶことができたら素敵ですね。アネモネは様々なカラーがあり、カラー別に花言葉が違います。早速ご紹介していきます。

アネモネの花について

アネモネは学名「Anemone coronaria」、和名を「牡丹一華(ボタンイチゲ)」と言います。

キンポウゲ科のイチリンソウ属で、一つの茎から一つの花が咲きます。日本では夏の初め頃に地上に出ている草や茎や花が枯れてしまった後に、土の中で球根を作ります。

暑い夏はそのままじっと土の中で過ごし、秋になるとやっと目を出し始めます。そして春の日差しが少しずつ届くようになると、綺麗な花を咲かせます。

ベランダでプランターを使用して育てることも可能です。一年中肥料をこまめにやれば、一度植えたものが何年も花を咲かせるでしょう。

アネモネにはアネモネ・コロナリア、アネモネ・ホルテンシス、アネモネ・パボニナ、アネモネ・フルゲンスという種類がありますが、一般的にはアネモネ・コロナリアを「アネモネ」としているようです。

アネモネの花言葉

アネモネは古代ギリシャでは死を象徴する花だと言われていました。光がないとすぐに花はしぼんでしまい、摘み取るとすぐに枯れてしまうからだそうです。

寂しいエピソードを持つアネモネの花言葉は、「恋の苦しみ」「辛抱」「見放された」「見捨てられた」「儚い恋」など、やはり寂しい意味のものが多いです。

それでも無邪気・可能性などの意味もあると言われているので、少し救われたような気持ちにもなるから不思議です。

白いアネモネの花言葉

白いアネモネの花言葉は「真実」「期待」「真心」「希望」という意味があります。まっさらな穢れのない白は一点の曇りもなく、真っすぐに相手に届くことでしょう。

真っ白い花は見ているだけで心が洗われるような気持ちになるので、初恋の相手に贈るのにピッタリかもしれません。白は世界的にも神聖な色として扱われることが多いものです。

アネモネの花言葉は色によって違うって知ってた? 色別にご紹介!

紫のアネモネの花言葉

紫のアネモネの花言葉は「あなたを信じて待つ」「信じて従う」という意味があります。紫は渋いイメージがありますが、アネモネの紫は柔らかい薄紫色です。

忠誠心を誓うような花言葉は、遠距離恋愛をしている相手に贈るのにピッタリです。どんな時でもあなたのことを信じているという気持ちがきっと伝わることでしょう。

ピンクのアネモネの花言葉

ピンクのアネモネには「待望」という花言葉があります。濃いピンク色は女性が好きな人も多いでしょうが、まるで誰かに恋焦がれている気持ちが花に移ったようです。

花束にしてピンクが寄せ集まると、更にその思いが強くなったように感じます。片思いの相手にそっとプレゼントしたいですね。言葉にはできない気持ちを、ピンクのアネモネが代わりに伝えてくれるでしょう。

アネモネの花言葉は色によって違うって知ってた? 色別にご紹介!

青いアネモネの花言葉

青いアネモネには「堅い誓い」という花言葉があります。心が落ち着くような澄んだ青空と同じ青色のアネモネは、心の清らかさを表しているようです。

婚約する時や、結婚する時にプレゼントするとあなたの強い誓いの気持ちを表現することができるでしょう。

赤いアネモネの花言葉

赤いアネモネには「君を愛す」という花言葉があります。情熱的な赤は、アネモネの持つ寂しい花言葉さえも打ち消してくれる強さを感じますね。

男性が女性にプレゼントする花束の王道と言えば赤いバラの花束ですが、ちょっと工夫をしてアネモネを贈るというのも素敵です。目にも鮮やかな真っ赤なアネモネは、強い気持ちや思いを伝えてくれると思います。アネモネ自体は派手な花ではありませんが、赤だとパッと目を引くので不思議ですね。

アネモネの花言葉は色によって違うって知ってた? 色別にご紹介!

終わりに

いかがでしたでしょうか?

お手入れも難しくなく、何年もあまり手をかけずに可憐な花を咲かせてくれるので、ベランダなどで育てるのも手軽にできそうです。

色によって様々な意味の花言葉があるので、自分にピッタリの色のアネモネを育てることができたら素敵ですね。花束をプレゼントする時にそっと花言葉のメッセージカードを添えるのもおすすめです。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…