似た者同士とそうじゃないカップル、どっちが長続きしやすい?

恋人が「似た者同士」だと、価値観が同じなので長続きするように思えますが、全く性格の違うカップルだとそれはそれでお互いに良い刺激を受けて成長し合えることも……。

似た者同士とそうじゃないカップル、どっちが長続きしやすいものなのでしょうか?

似た者同士のカップルはマンネリになりがち?

恋人と似たところがたくさんあると、デートで行きたい場所にも悩まずにすむし、意見のぶつかり合いで消耗することも少ないです。その為、非常に穏やかな関係を築けるカップルが多く、傍から見ると平穏そのもの。

しかし、その刺激の無さがいつしか「物足りなさを感じる関係」に変わり、やがて別れへと繋がるケースも多いのです。

ちょうどマンネリを感じていたところへ刺激的な異性が現れると、二人の関係に危険信号が灯るかもしれませんね。

また、「同族嫌悪」という言葉があるように、似ているからこそ些細なところにイライラしてしまうこともあります。

似た者同士とそうじゃないカップル、どっちが長続きしやすい?

正反対のカップルは絆が深まれば強い

いまいち意見の合わない相手との恋は、関係が落ち着くまでぶつかり合いの連続です。事あるごとに「どうしてそうなるのかなぁ?」とイライラし、激しく口論をしてしまうこともあるでしょう。

この時点で「もうダメだ」と別れてしまえば、相手とのことは単なる嫌な思い出として記憶されるだけですが、頑張って乗り越えれば「お互いの価値観を認め合えるナイスカップル」になれる可能性があります。

様々な葛藤を乗り越えた二人だから絆が強く、ちょっとやそっとのことでは揺らがないし、相手と違う意見を言っても嫌われる心配がないので、安定した関係を築くことが可能です。

結婚しても、それぞれの得意分野を活かして補い合える関係になれるでしょう。

似た者同士とそうじゃないカップル、どっちが長続きしやすい?

じゃあ、似た者同士のカップルはダメなの?

どちらかに飽きが来てしまえば恋人関係を続けるのは難しいですが、カップルにとって相手の考えていることがよく分かるというのは大きな強みです。

相手が何を考えているのか分からないとなると、落ち込んでいる時にどう声をかければいいのか分からないなど、日常的に困った場面が頻発することにもなりかねないからです。

ポイントのずれた対応ばかりしていれば、相手の気持ちも少しずつ離れていってしまいますよね。

また、似た者同士のカップルは「好きだ」と感じるものも似ているので、自分が興味を持っているものを否定される心配がなく、のびのびと自由に過ごせるというメリットもあります。

「夫がプラモデルにのめり込む気持ちが分からない」「妻がアイドルの追っかけにお金を使いすぎ」などというぶつかり合いがなければ、結婚後の生活もずいぶんと楽ですよね。

独身時代も、どちらかが趣味のイベントに出かけるとなれば、行きたい気持ちを理解して快く「いってらっしゃい」と送り出してあげられることでしょう。

似た者同士のカップルは、お互いに刺激を与え合う努力を

せっかく抜群の相性である「似た者同士のカップル」なのですから、マンネリが原因で別れてしまうなんてもったいないですよね。

しかし、何の努力もせずにいたら、お互いを空気のように感じるようになるのは時間の問題です。

居心地の良い関係はとても魅力的だけれど、ぬるま湯に浸かってばかりじゃなく、時にはドキドキ・ハラハラするような体験もしてみたいと思うのが人間ですからね。

そこでおすすめなのが、あえて会わないようにする時間を作ること。

週末になれば当たり前のようにデートをするのではなく、お互いに合意の上で一定期間会わない時間を作り、それぞれに思いっきりやりたいことをするのです。

もし、あなたが彼氏にマンネリを感じていたとするならば、浮気にならない程度に他の男性と接触を持つのも良いのではないでしょうか。

いつも隣にいるからこそ分からないことも、会わないでいる間に他の男性と比べることで、彼氏の魅力を再発見できるかもしれません。

また、二人でどこか遠くへ旅行に出かけたり、いつもとは違ったデートプランを提案したりするなど、変わったことをしてみるのも一つの方法ですよ!

似た者同士とそうじゃないカップル、どっちが長続きしやすい?

終わりに

似た者同士と正反対。

どっちなら長続きするというのではなく、お互いに思いやりの気持ちを持てたり、適度な緊張感を維持できたりするかどうかが重要なのですね。

相手の気持ちを正しく理解しようとすること、自分の価値観を一方的に押し付けないこと、マンネリを感じたらそれを振り払う努力をすること。

こうした努力を自然にできる関係であれば、少しぐらいの障害はちゃんと乗り越えられるのではないでしょうか。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…