「彼氏の存在」に恋しているだけ!? 本当は愛してないかもしれないサイン4つ

突然ですが、今恋人がいる人に質問です。彼氏のことを本当に愛してますか?

「Yes」と即答できない女子は、もしかしたら彼ではなく「彼氏の存在」に恋しているだけかもしれませんよ?

 そこで今回は、本当は愛してないかもしれないサインを紹介したいと思います。

彼氏の存在がうっとおしくなる時がある

彼氏の存在がうっとおしくなる時があるのなら、もしかしたら彼ではなく「彼氏の存在」に恋しているだけかもしれません……。

 「彼氏の存在がうっとおしくなるのは、どんな時?」というアンケート結果から、うっとおしく思う時は「一人の時間を楽しみたい時」「新たな出会いがあった時」で6割を超えます……。「彼氏の存在」に恋しているだけ!? 本当は愛してないかもしれないサイン4つ彼氏の好きなところを10個挙げられますか? もしそれでつまずくならちょっと危険かもしれません。

付き合っているのに、うっとうしく思うことがあるのはちょっと残念ですが、まぁ……誰にでもその時の心の状態次第では、血の繋がっている家族ですらうっとおしく思う時もありますもんね。

短期的な「うっとおしい!」ならまだ大丈夫でしょう。

寂しいときに会えないと浮気心が芽生える

寂しい時に彼に会いたいと思うのは、まぁ普通のこと。会えれば寂しさも紛れていいでしょうが、彼が忙しくてとか、出張で遠くに行っていて会えない場合どうしますか? 

寂しい時に会えないと他の男子に連絡してしまうとか、ちょっと浮気心が芽生えてしまう……という場合、もしかしたら彼を愛しているのではなく「彼氏という存在」に恋しているだけかもしれません。

何かあった時に簡単に他の男子に目が行くのは、愛しているとは言い難いです。「彼氏の存在」に恋しているだけ!? 本当は愛してないかもしれないサイン4つ

彼の目よりも人の目を気にする・他のカップルと比べてしまう

彼の目を気にするのではなく、「彼と一緒に歩いている自分は他の人からどう思われているか」と他人の目を気にするのであれば、彼のことを本当に愛してはいないんじゃないでしょうか?

きっと本当に彼のことを愛してたら、周りの目なんて気にならないはず。

また、ついつい他のカップルと自分たち二人を比べてしまうというのなら、今の関係に満足していないのではないのでしょうか?

そりゃあ付き合っていれば、時には不安や不満になることもあるもの。

でも、他のカップルと比べて「私達のほうがまだマシか」とか「あっちの方が幸せそう……」と比べたところで、不満や不安は解決はしないですよね? 比べるのではなく、自分たちで話し合って解決するべきです。

人の目を気にしてしまう、他のカップルと比べてしまうというのなら「彼氏の存在」に恋しているだけかもしれません。

「彼の好きなところは?」と聞かれたらスペックが先に出てくる

「彼の好きなところは?」と聞かれて、一番最初に彼のスペック、例えば「東大卒で頭がいいところ」とか「会社役員で稼いでいるところ」など、中身ではなく彼のバックヤード的なものが出てくるのなら「彼氏の存在」に恋しているだけかもしれません。

おそらく彼のスペックに惚れている状態で付き合っている場合、彼よりもハイスペックな男子が現れたら簡単にそっちになびいてしまうでしょう。「彼氏の存在」に恋しているだけ!? 本当は愛してないかもしれないサイン4つ

終わりに

女子の中には「彼氏という存在が欲しくて付き合った」のか「彼が好きで付き合った」のか自分でもよく分からない人もいるはず。

特に失恋直後とか、悩み事があって心が弱っている時に始まった恋愛だとわからなかったりしますよね。もしあなたが上述に当てはまるのなら、今の恋は“まやかし”かもしれません。

美佳の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…