誰も教えてくれない友達の作り方☆ 大切なのはシンプルな法則!

――もっと友達がほしいのに作り方がわからない……。
――まわりの子がみんなコミュ力高いリア充に見える……。
――私なんかと友達になりたい人なんていないよね……。

そんな悶々とした気持ちを抱えているあなた!

今回は、そんなあなたの悩みを解消すべく、あなたがなにより知りたいであろう“友達の作り方”を大公開しちゃいます!

ぜひこの記事を参考に、楽しい友達に囲まれたキラキラな日々を過ごしてくださいね。

自虐と自己憐憫はただちに捨て去るべし

友達がほしいのにできない、そんな悩みを抱えている人の多くに共通する感情。それは“自虐”と“自己憐憫”です。

「私は○○だから、そんな私が人に好かれるはずがない」
「私はずっとひとりなんだ。このままひとり、誰にも気にかけてもらうことなく生きていくんだ」

ふと孤独に襲われたとき、まるでルーティーンのようにこんな思考が頭を支配してしまうのがこのタイプ、“友達がほしいのにできない人”。

けれども皮肉なことに、そんな思考そのものがあなたを友達に囲まれた楽しい毎日から遠ざけてしまっているんです。

考えてもみてください。あなた自身、そんな“自虐”と“自己憐憫”にとらわれた人と親しくなりたいと思うでしょうか?

たくさんの人に「この人と仲良くなりたい」と思われるあなたになるためにも、“自虐”と“自己憐憫”はいますぐに捨て去ってしまいましょう!
誰も教えてくれない友達の作り方☆大切なのはシンプルな法則!

“好かれる”よりも“好きになる”ことがすべてだと知るべし

“友達がほしいのにできない”と思っている人は、多くの場合、“私は人に好かれない”と感じています。それが事実であれ、ただの思い込みであれ、知っておくべき事実をここでお伝えしておきましょう。

それは、“結局のところ友達になれる人というのは、あなたが自分から『この人好きだな』と思った相手のみ”というもの。

あなたの周囲に100人の友達候補がいたとしても、その中にあなたが自分から好きだと感じられる人がひとりもいなければ、その100人の中から友達を作ることは不可能なのです。

これはつまり、“友達がほしい”と思うのであれば、まずは自分から好きになれる相手を見つけることが必要だということ。

「誰か私に興味を持ってくれないかな……」と待っているだけでは、大切にしたいと思えるような友達を作ることはできないのです。
誰も教えてくれない友達の作り方☆大切なのはシンプルな法則!

ハッタリ上等! 理想の自分を演じるべし

最後にお伝えする“友達の作り方”。それは、“理想の自分を演じる”というものです。

こういうと、「そんな偽りの自分で友達を作ろうとするなんて……」と抵抗感を抱く人がいるかもしれませんね。

でもちょっと考えてみてください。今のあなたは、本当に真実の姿なのでしょうか? 真実のあなたとは一体どんなあなたなのでしょうか?

ここでいう“理想の自分”とは、あくまでも“あなたが望む真実のあなた”です。

「もっと笑顔がステキな人だったら良かったな」
「もっと誰とでも明るく話ができる人になりたかったな」

そんな理想を、今から叶えてしまいましょう。

あなたが考える“理想のあなた”は、きっとたくさんの人に「この人と友達になりたい」と思わせることのできる魅力的な人のはずですよ。
誰も教えてくれない友達の作り方☆大切なのはシンプルな法則!

おわりに

いかがでしたか? ついつい難しく考えてしまいがちな友達の作り方ですが、実はいくつかのポイントを理解するだけで誰でも簡単にマスターできるものなんです。

今回ご紹介した方法を、ぜひこの瞬間から実践してみてください。

これまでずっと夢見ていた、たくさんのステキな友達に囲まれた理想の未来があなたを待っていることでしょう。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…