視線をそらす心理・意味は、男性と女性で大きく違うんです!

会話をしているとき、また、たまたま遠くにいる人と目が合ったとき、視線をそらしたり、そらされたりすることってありますよね。

この「視線をそらす」行為に隠されている思い、実は男女間で大きく異なっているみたいで……?

視線をそらすことを応用した、恋愛テクニックも一緒にご紹介します。

恋愛において「視線をそらす」意味って?

「目が合って、なんとなく気まずいから視線をそらしちゃった」「相手の目を見ながら会話していたけれど、ずっと見ているのも変な感じがするから途中で視線をそらす」などなど、人間関係において「視線をそらす」場面はいくつか出てきます。

よほど親しい間柄の相手でなければ、長時間にわたって目を合わせていると居たたまれない気持ちになりますからね。

その一方で、気になる相手のことはずっと見つめていたいと思うのが人情。「熱い視線を送りすぎたあまり、突然相手と目が合って慌てて目をそらしちゃった!」という経験を持つ人もいるでしょう。

実はこの「視線をそらす」という行為に隠された心理、男女で意味が違ってくるんです。その違いとは?

視線をそらす心理・意味は、男性と女性で大きく違うんです!

女性は恥ずかしいから視線をそらす

好きな人を見つめていたら、たまたま相手がこちらを見て、「目が合っちゃった! どうしよう!」そんなとき、女性はとっさに視線をそらします。

まるで、「目が合ったのは、たまたま。決してあなたのことを見つめていたわけではないのよ!」と、暗にアピールするかのように。

このように、女性は好きな相手、気になる相手と目が合うと視線をそらす傾向が強いです。これは、恥ずかしさや照れ隠しといった心理に基づく行動ですね。

男性は興味がないから視線をそらす

一方、男性の場合はどうでしょう。男性も女性と同じように好きな相手のことをじーっと見つめますが、目が合ったからといってすぐさま視線をそらすことはありません。

男性の心理はもっとシンプル。「好きだから見ていたい」「目が合って嬉しい」「もっともっと見ていたい」と思う傾向が強いのです。

自分が相手に好意を持っているということを、できれば悟られたくない女性。対して男性は、それを隠そうとはしません。よく「男性は単純、女性は複雑」と言われますが、視線に隠された心理一つとってみても、それがよくわかりますね。

視線をそらす心理・意味は、男性と女性で大きく違うんです!

視線をそらすことで恋愛を有利に進めることができる

「目は口ほどにものをいう」なんて言葉があるように、人と人との会話の中で、目の働きはとても重要なポイントになります。

よく「あの人、口調はゆったりしているけど、目が笑ってなくて怖いよね」「無口でとっつきにくい人かと思ってたけど、子どもを見る目がとても優しくて、実は怖い人じゃないんだなって気づいた」なんて言いますよね。

実はこの目や視線を使ったテクニックが、ビジネスシーンでよく用いられているんです。もちろんビジネス用途だけでなく、恋愛術としても応用が可能なのでご紹介しますね。

テクニックといっても、難しいことはしません。するのはズバリ、「先に視線をそらすこと」これだけ。それだけで相手に不安感を与え、その場をリードすることができるようになります。

ちょっと想像してみてください。会話中、ふと相手が視線をはずしたら、どう感じるでしょうか?

「急に視線をそらすなんて、怒ったんだろうか?」「何か失礼なことを言ってしまっただろうか?」と、少し不安を覚えるのではないでしょうか。

相手を不安にさせることで、自分が優位に立てます。すると、自分のペースで会話を進めることができるんです。

恋の駆け引きを楽しむなら、視線の動きをコントロールしましょう。たとえば彼から「今度どっか行こうよ」と声をかけられたときにすぐ食いつくのではなく、一瞬視線をそらして悩んでみせる。

彼がちょっと不安がったら、「あなたが運転してくれるならいいよ」と条件を持ち出すと、普通にOKするより、彼はあなたのことがもっと気になってしまうのです。

視線をそらす心理・意味は、男性と女性で大きく違うんです!

おわりに

“目は口ほどに物を言う”といいますが、「その目の動きが何を意味するのか」は、性別や性格によって異なります。自分自身の思い込みだけで突っ走って、盛大な勘違いをしないよう注意が必要です。

また、恋愛を有利に進める上で、あえて視線をそらすテクニックを活用するのもアリ! 時には相手の心を振り回す小悪魔になってみるのも良いですね♡

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

3うーん…