幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介

幸薄い印象を持たれることはあまり良いことではないので、その印象を持たれる場合は印象の改善をすることが望ましいです。

その印象改善の方法にはいくつか種類があるので、自分が幸薄いという印象を持たれる原因に合わせて、正しい方法を実践できるようにしましょう。

幸薄いってどういう意味?

幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介「幸薄い」とは、「幸せに恵まれないこと」です。そのため、幸薄いと言われる人は、幸せに恵まれていない人ということになります。

しかし、幸せは目に見えるようなものではありません。目に見えないものであるにもかかわらず、幸薄いと言われるのはその人が幸薄い特徴を持っているためです。

幸薄い人の特徴8選

幸薄い人にはいくつかの特徴があります。その特徴にはいろいろ種類がありますが、それらは基本的に人生を楽しんでなさそうに見えるような印象を与えるものが多いようです。

幸薄いと思われないようにするためにも、まずはどのような特徴が人生を楽しんでいないような印象を与えるのか、その特徴を自分が持ってしまっていないかを確認するようにしましょう。

1:メイクが薄い

幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介顔色が悪いと他人に暗い印象を与えてしまうことがあります。そのため、人によってはメイクをしていなかったり、メイクが薄かったりなどすると、顔色が悪い人は疲れてそう、苦労してそうなどの暗い印象を与えてしまうことがあります。

これらの印象を与えることで幸薄いと思われてしまうこともあるでしょう。

2:表情が変わらない

いつも無表情で何をしていても楽しそうにしておらず、嫌なことがあっても怒ったり、悲しんだりなどの表情を表に出さない人も周囲に暗い印象を与えてしまうことがあります。

また、感情が表に出ないことからネガティブな印象を与え、人生に疲れているように見えてしまうことから幸薄い人と思われてしまうこともあります。

3:色白・血色が悪い

顔色が悪い人がメイクをしていなくて、メイクが薄かったりなどすると、疲れた印象を与えてしまって幸薄い人と思われてしまうことがあるでしょう。

その顔色の悪さとは、血色が悪い肌の色をしていたり、色白であったりなどを指します。色白は肌が綺麗な人という印象がありますが、幸薄い人の色白は青白い色で不健康な印象を与えるような白さをしているでしょう。

4:下がり眉・口角が下がっている

下がり眉であったり、口角が下がっていたりなどすると、弱々しい印象を与えてしまうことがあります。そのため、何をするときにも自信がなさそうに見える様子から幸薄い人という印象を持たれてしまうこともあります。

目元や口元は顔を見た際に第一印象を決めることもある大事なパーツです。そのため、下がり眉であったり、口角が下がっていることで、第一印象から幸薄いという印象を持たれる可能性もあります。

5:顔の線が薄い

目が細かったり、目鼻立ちがハッキリしていない場合は、表情から明るい印象を与えられないことがあります。

話し方や立ち振る舞いなどからポジティブな印象を与えられることもありますが、もし言動がネガティブであれば、顔の線が細いことによって与える表情からの印象を強調してしまうこともあります。

そのため、表情や言動の印象から幸薄い人という印象を与えてしまうこともあるでしょう。

6:声が小さい

幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介気弱でネガティブな印象を与えてしまうことで、幸薄いと思われてしまう場合があります。そのため、声が小さい人は自信がなさそうに見えてしまい、幸薄そうな印象を持たれてしまうことがあるでしょう。

また、声が小さくて相手がその声を聞き取れず、聞き返されたときに、緊張や萎縮してしまい、さらに声が小さくなってしまう人もいます。このような人はさらに幸薄い人の印象を強めてしまうことがあります。

7:いつも受け身

自信がなく、ネガティブな印象を与えると幸薄い人と思われてしまうことがあります。そのため、積極的に発言したり、行動を起こしたりできず、いつも受け身でいると幸薄い人という印象を持たれてしまう可能性があるでしょう。

ただ大人しいだけで幸薄いという印象を持たれることはありませんが、いつも受け身で消極的な態度をしていることによって、ネガティブで自信がない印象を強めてしまうことになってしまいます。

8:自分に自信がなくネガティブ思考

自分に自信がなくネガティブ思考な人は、いつも受け身であったり、声が小さくなったりなどしますが、これらは幸薄い印象を与えてしまう行動になってしまいます。

これら以外にも、何も悪いことをしていないのに必要以上に謝っていたり、いつも何かに悩んでいる様子も自信がなくネガティブな印象を与えてしまう行動となります。

幸薄いと思われない方法7選

幸薄いと思われるということは、あまり良い印象を持ってもらえていないということです。そのため、幸薄いと思われることが多い場合には、そのような印象を持たれないように対処しましょう。

幸薄いと思われないための方法はいくつかあるので、自分が幸薄いと思われる原因に合わせたものを実践するようにしましょう。

1:笑顔を意識する

幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介暗くてネガティブな印象を与えてしまうと幸薄いと思われてしまいます。そのため、できるだけ笑顔でいることを意識して、明るくポジティブな印象を周囲に与えることを意識しましょう。

笑顔を作ることが苦手という場合は、挨拶などをする際に明るい表情をすることだけでも意識しましょう。表情を明るくするだけでも暗い表情でいるより周囲からの印象は良くなります。

2:自分の意見をはっきり言う

ネガティブで発言や行動ができなかったり、言動が消極的であったりなどすると、幸薄いと思われてしまいます。そのため、自分の意見はハッキリと言うようにして、やりたいことは積極的に行動に移すようにしましょう。

なかなか自分の意見が言えないという人は、ご飯を食べたときに美味しいと言ったり、誰かと遊んだときに楽しいと言ったりなど、思ったことや自分の感情を口に出すことを意識しましょう。

3:自分に自信を持つ

ネガティブで自信のない様子は周囲に幸薄い印象を与えてしまいます。そのため、自分に自信を持ち、ポジティブな言動をするように意識しましょう。ポジティブになることで積極的な言動が増え、周囲に幸薄い印象を与えることがなくなります。

その自信を持ってポジティブな印象を与えるためにも、笑顔を意識したり、意見をハッキリ言うなどの行動をしてみましょう。

4:少し大きめの声で話す

自分に自信がなく、ネガティブでいると、声が小さくなり、その声の小ささから幸薄い印象を与えてしまうこともあります。そのため、幸薄い印象を与えないためにも、人と会話をするときには自分が普段出している声よりも少し大きめの声を出すことを意識しましょう。

また、大きめの声を出すことで会話が聞き取りやすくなって明るい印象を与えたり、自信があるように見えてポジティブな印象を与えたりなどすることもできます。

5:運動する

血色が悪くて、肌が青白い色をしていると、不健康な印象を与えてしまい、幸薄い人と思われてしまうことがあります。そのようなことを避けるためにも、運動をして健康的な体作りをし、肌色の改善をしましょう。

また、運動をしていることでポジティブな感情になることができたり、周囲にポジティブな印象を与えることができたりなどもします。

6:血色がよく見えるメイクをする

血色が悪くて幸薄い印象を与えてしまっている人は、運動をして健康的な体作りをすることで幸薄いと思われないようにすることができます。しかし、中には運動が苦手であったり、運動する時間を確保できないという人もいます。

そのような場合は血色が良く見えるようにメイクでカバーしましょう。チークを使って健康的な肌色を作れば、表情で幸薄い印象を与えることを防ぐことができます。

7:アイラインやマスカラをする

幸薄いと言われる女性必見! 特徴9選と幸薄いと思われない方法7選紹介目が細かったり、目鼻立ちがハッキリしていなかったりなどすると、顔の印象から幸薄いと思われてしまうことがあります。そのようなことを防ぐためにも、肌色と同様に顔の線の細さもメイクでカバーするようにしましょう。

目が細い場合にはアイラインやマスカラなどを使って目を大きく見せたり、目のインパクトを強めたりなどしましょう。また、メイクをして表情に自信を持つことで、ポジティブな印象を与えることもできるようになります。

幸薄い人から卒業しよう

幸薄いという印象を持たれることは、あまり良いことではありません。そのため、幸薄い人という印象を持たれることがある場合、そのような印象を持たれないように対処しましょう。

また、幸薄い人と思われる人にはいくつかの特徴があるので、対処するためには、自分がどのような特徴を持っているのかを知り、特徴に合わせた対処をする必要があります。正しい対処を行って、幸薄い人から卒業できるようにしましょう。

センチネルの他の記事を読む