「幸薄い」ってどういう意味?「幸薄い」と思われる人の特徴とは

「幸薄い」と言われた時、どういう意味で言われたのか分からない人も多いのではないでしょうか。言葉の雰囲気から「悪口」のような印象もうけますが、「幸薄い」と言った当人は一切悪気がないということも……。

そこで今回は、「幸薄い」という言葉の意味と、「幸薄い」と思われてしまう人の特徴をご紹介します。

「幸薄い」ってどういう意味?

さてさて、それではまず「幸薄い」の正しい意味について知っておきましょう。

「幸薄い」という言葉には「幸せに恵まれない人のこと」という意味があります。似たような言い回しとしては、「幸薄い人・幸薄な人・不幸そうな人」というもの。

正直言って「辞書としての正しい意味」だけであれば、この言葉はポジティブな言葉であるとは言えないのは確かです。

<参考元>
weblio類語辞書|weblio
https://thesaurus.weblio.jp/content/幸が薄い人

「幸薄い」ってどういう意味?「幸薄い」と思われる人の特徴とは

「幸薄い」と思われる人の特徴とは

では、いったいどんな顔が幸薄い顔なのか。

そんなことを言うと、「ブサイクな顔が幸薄い顔」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、顔が悪いからというよりも、表情や立ち姿によって「幸薄そう」と思われることが多いのです。

で、具体的に、幸薄い男女の特徴を上げるとするなら「笑顔が少ない・姿勢が悪い・声が小さい」という3つの要素。

どんよりして口角が下がっている顔、立ち姿が情けない、声が聞き取りづらい、このような状態の人間であれば「幸薄そう」と言われてしまうのは必然。そして、そういった人間には近寄り難い印象が生まれてしまうものです。

というより、もっと言ってしまえば「人生楽しくなさそうだな」なんて他人から思われた時点で、「幸薄そう」な人間の烙印を押されてしまう可能性もあります。

覇気(はき)やオーラという不確かな言葉。でも実際、その人の雰囲気を左右するのは、表情・姿勢・声の大小と言ったものなのです。

「幸薄い」ってどういう意味?「幸薄い」と思われる人の特徴とは

「幸薄い」と言われる女性の顔の特徴とは

さてさてここからは、女性を対象に「幸薄そう」と言われてしまう理由をご説明。正直なところ、「幸薄い」という言葉は男性にはそこまで使用されず、女性に使用されていることが多いです。

で、この「幸薄い」という言葉が指す女性の顔の特徴、それは主に「色白・あまり笑わない・顔の線が薄い」という3つの要素。身近に「幸薄い顔」のお知り合いがいる方には「確かにー」と思って頂けたはず。

そして、「んん?」と思った方もいらっしゃることでしょう。「そこまでネガティブじゃないよね」と。しかしその通りなのです。実際、女性に対する「幸薄そう」という言葉には、そこまでネガティブな意味が含まれているわけではないのです。

もっとも近いニュアンスの言葉なら「美人薄命」と言った感じでしょうか。「綺麗な顔立ちをしているものの、どこか儚く悲しげな雰囲気を纏って(まとって)いる」、それが「幸薄い顔」であるのです。

「幸薄い」と言われてしまう芸能人も

「幸薄い」という言葉には「綺麗な顔立ちをしているものの、どこか儚く悲しげな雰囲気を纏っている」という意味もあると上記しましたが、そう聞いて思い浮かべる芸能人の方って結構いませんか?

例えばですが、木村多江さんなんかもそうですし、吉高由里子さんや、宮崎あおいさんなどなど、なんとなく「幸薄そうな顔」の役が、はまり役になっている気さえします。ということで、幸薄い顔がブスかと言えば全くそんなことはないわけですね。

「幸薄い」ってどういう意味?「幸薄い」と思われる人の特徴とは

「幸薄い」より「幸せそうな人」を目指そう!

「幸薄い」より「幸せそうな人」を目指そう!

幸薄い、という言葉は別段悪い言葉ではありません。が、同時に「100%良い」という意味でもありません。言ってはアレですが「夏の夕暮れに鳴くヒグラシ」みたいな感じの哀愁を漂わせているのです。なればこそ、他人から見られて幸せそうな自分を目指しましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…