「休日なのに暇!」一人でできる有益な暇つぶしとは?

暇な休日、皆さんはどのように過ごされますか?「友人と遊ぶ」「どこかに出かける」など暇つぶしの方法はいくつもありますが、それらが不可能な場合は暇が苦痛になってしまうもの。

そこで今回は、「一人でできる暇つぶしの方法」をご紹介します。

暇なのも悪いことじゃない

全く関係のない話ですが、休日って3日くらい必要だと思いません? 毎日8時間働いて週末だけ休みというのはなかなかしんどい。

ちなみに現代の8時間労働。これはかの産業革命の際、労働時間を是正する際に誕生した「仕事に8時間を、休息に8時間を、やりたいことに8時間を」なんて標語が関係していたりします。

で、それに倣って「身体を休める為に一日、片付けなきゃいけない用事の為に一日、趣味や余暇の為に一日」ぐらいの勢いで3日は休日が欲しいですね。端的に言えば休む為の準備をする休みが欲しい。5分前集合の為の5分前集合みたいな感じです。

まあ、そもそも充分な休みがなければ、「暇」という感覚を覚えることができず、休日は寝て過ごすなんてこともあります。暇と感じられるのは、肉体的には良いことなのかもしれません。

一人でしかできない暇つぶし、それが読書

さて、話を戻します。暇で退屈で仕方がない休日。そんな休日をただボーっと過ごすのは非常に勿体なく思ってしまうものです。

ですからそんな時は読書をして過ごすのは如何でしょうか。人生を豊かにする方法の一つとしてよく取り上げられる読書。

別に純文学を読むだけが読書ではありません。流行りの恋愛映画の原作本を読むのも立派な読書の一つです 。もしくはタイトルで惹かれた面白い本を読んでみるのも読書の一つ。

別に賢くなる為に読書をする必要などはなく、ただ単に自分の興味のあるジャンルの本を読むだけでいいのです。むしろ読書というのは一人でしかできない行為ですから、「休日なのに暇」という時にはもってこいなのです。

最近では電子書籍なんかも充実しているのでわざわざ外に出る必要もなく、お家にいながら本を購入できますので、手軽に楽しめるはずです。「休日なのに暇!」一人できる有益な暇つぶしとは?

趣味を見つける、という趣味を持つ

暇を暇でなくする方法、当たり前ですが暇を潰す「方法」がなければいけません。暇を暇として感じない方法があれば暇は消えてなくなります。

もう何言ってるのか分からない感がありますが、要するに暇つぶしの方法を見つけるのはとっても重要。そして、その方法を趣味と言ったりするのです。

で、おススメしたいのが「趣味を見つけるという趣味」を持つこと。まあ、言ってしまえば「色々とチャレンジしてみる」ということですね。

趣味が長続きしないなんて方には特におススメ。趣味が長続きしないということは、趣味を見つける趣味を永遠に楽しめるということになります。

とにかく、普通に趣味を見つけるにしても、色々なことにチャレンジしてみるのはとっても良いこと。知見も広がりますし、人との話のネタにも繋がります。「休日なのに暇!」一人できる有益な暇つぶしとは?

暇人御用達、ウィキペディアゲーム

暇で暇で仕方ない、すぐに暇つぶしがたい。そんな方にはこのゲームがおススメです。本当に暇な方だけどうぞ。

方法は至って簡単。まずは適当に「ウィキペディアのページを開きまして(例えば犬のページ)」、そこをスタート地点とします。

で、次に適当に「部屋の中にある適当な物を選び(例えばゴミ箱)」、それをゴールとします。そして、最初に開いたページ(ここでは犬のウィキペディアのページ)から、部屋の中にある適当に選んだ物のページ(ここではゴミ箱)まで、リンクを辿って辿り着くというものです。

まるで連想ゲームのようにして楽しめ、かつ膨大な情報を同時に閲覧できる為、今までになかった情報を知ることができるというオマケ付き。最高の暇つぶしです。「休日なのに暇!」一人できる有益な暇つぶしとは?

最後に

さて今回は、「休日に暇を潰す方法」をご紹介させて頂きました。この記事も暇つぶしの役に立ったのであれば、非常に嬉しく思います。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…