gスポットを開発すれば中イキできる! ピストン運動でイってみたくない?

超有名ロックバンドの歌にもあるgスポットですが、さてさて実際「一体どんなものなのか、開発するとどうなるのか」なんて疑問をお持ちの方も多いはず。

そこで今回は、「gスポット」についてご説明。開発すれば中イキ確実!?

そもそもgスポットって何?

まずはgスポットが何かを知らない方に向け、gスポットについてご説明。と言ってもgスポットを詳しく説明すると、とんでもない文章量になってしまいます。ですから超絶簡単に説明すると、「膣口から3~5センチ付近にある、性感帯ポイント」であります。言ってしまえば、膣の中にある性感帯。

で、このgスポットですが基本的に開発によって気持ちよくなっていく器官として知られています。つまりなんの開発もしなければ気持ち良くなるということはなく、gスポットで気持ち良くなろうと思うのであれば、色々な方法で開発をしていく必要があるのです。

そしてgスポットを開発することで得られるメリット。それは中イキしやすくなるということです。つまりはピストン運動でオーガズムを迎えることができるということ。外イキ(クリトリスへの刺激でイク)は出来ても、中イキ(ペニスのピストン運動でイク)が出来ない方は、このgスポットを開発してみましょう。

gスポットを開発すれば中イキできる! ピストン運動でイってみたくない?

gスポットはどこにある?

さてさて、そんな中イキに欠かせないgスポットの場所。

その場所は先程上記したように、膣口から3~5センチ入った辺り。膣の前壁(お腹側)にあります。ちょうど恥骨の裏側あたりの位置にあり、触った時の感覚はザラザラしています。更に言えば性的刺激を受けることによって、プクリと盛り上がる、そこがgスポットです。

因みに探り当てる理想の体制は仰向けの状態。両膝を立て、適度に開脚しておくとをおススメします。

さてさて、と言ってもgスポットの場所には個人差があり、上記した内容の場所からちょっと右にズレていることもあれば、左にズレていることもあります。ですから探す時は根気よく。かと言ってあまり乱暴に闇雲に探すのはダメ。膣内を傷つけてしまう場合もあります。

もし自分で発見できない場合、パートナーがいるのであれば、一緒に探してもらうというのも手ですね。因みにgスポットへの刺激は、クリトリスを刺激した時のように一か所が集中して気持ちいい、ではなく、気持ちよさが膣全体に広がっていく感覚です。gスポットをちゃんと刺激できているかを見分ける為に意識してみましょう。

それからgスポットへ刺激を受けると「おしっこしたい」と感じていることもあります。これはgスポットの位置と膀胱の位置が近いことも関係しているわけですね。

gスポットを開発すれば中イキできる! ピストン運動でイってみたくない?

gスポットの開発方法

gスポットの開発は、中イキの手助けになるということ。gスポットの探し方がお分かりになったあたりで、今度はgスポットを開発する方法をお教えします。

と、いっても絶対に守って頂きたいことが一つありまして、それはゴシゴシガシガシと刺激をしないこと。あまり強く刺激すると膣内を傷つけてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

それではgスポットを刺激していきましょう。まず、探り当てたgスポットに指先二本を添えます。そして第二関節を支点として、gスポットに二本の指先の腹を当て、前後にクイクイと動かす感じです。ふり幅は約3~4㎝が理想的。もしくは二本の指の腹で、gスポットを軽くトントントンと、リズミカルにノックするのもOKです。膣全体にじんわりと気持ち良さが広がっていくかどうかがポイントです。

そして開発には時間が必要。一日二日で感じるようになるわけではなく、時間をかけて開発していきましょう。そうすることで中イキできる身体になっていくのです。

gスポットを開発すれば中イキできる! ピストン運動でイってみたくない?

最後に

さて今回は、「gスポットについて」のお話でした。gスポットを開発することで中イキしやすくなる身体に。セックスの時中でイケないから、イッた振りをするというものはこれでさようなら。これを覚えて楽しいセックスライフを。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

0うーん…