ずっと彼に愛される女性の条件とは?

大切な彼にはずっと愛して欲しいもの。しかし愛される努力をしなければ、彼からの愛はいつか消えてしまうものです。人から好きでい続けてもらう為にも努力が必要なのです。

さて今回は、「いつまでも愛される女性の条件」についてお話です。

自己肯定感が高い女性は愛される

とりあえず「自己肯定感って何?」という方に向けてとても簡単に説明すると、「自分はこれで良い」「今の自分でOK」といった風に、自分を自分で認めてあげられる感覚のことをいいます。

例えばの話ですが、仕事などで些細なミスをした場合、「自己肯定感が高い人間」であれば「次は気を付けよう」となるのに対し、「自己肯定感が低い人間」というのは「こんな仕事もできないなんて自分はダメなやつだ」と自分を根本から否定してしまいます。

で、自己肯定感が低い人間は結局のところ「自分で自分を肯定できないから、他人からの評価で自分を肯定する」という思考になりがち。だからこそ、人に依存しやすい体質の方が多かったりします。

で、そんな自己肯定感が低い女性が彼から愛されるのかと言えば、そんなことはありません。というより、「私なんて……私なんて……」と極度に連呼する方と異性、同性を問わずにお知り合いになりたいですか? そういう方とのお話、とっても疲れませんか?

だからこそ自己肯定感が低い女性は注意が必要。いつまでも彼が慰めて愛してくれるとは限らないのです。

ずっと彼に愛される女性の条件とは?

自分の弱み・隙を見せることができる女性は愛される

バッチリメイク、きちんとしたファッション、立ち姿も完璧! そんな女性を時々見かけることもあるでしょう。どこまでも完璧に見える女性。言い換えれば完璧で隙のない女性。

さて、そんな女性は羨望の眼差しを向けられる、これは頷ける話。で、そういう女性しか男性に愛されないのかと言えばそれはちょっと違うお話。

思うに「愛する」という行為には「相手の欠点すらも好きになれるかどうか」という要素が含まれているものです。相手の欠点が嫌いで仕方ないのであれば、それは好き止まりということ。

で、そう考えると「愛する」という行為には「相手の欠点」が結構重要なわけで、「完璧で隙がない女性」よりも、「弱みと隙がある女性」の方が愛されやすいとも言えます。

もちろん「完璧で隙がない女性」が愛されないというわけではありません。が、それでも「自分の弱さ・隙」を認めて無理に隠そうとしない女性というのは、相手の男性(彼)からしてみる「女の子だけど、やっぱ俺と同じ人間だなぁ」と思ってしまうもの。

つまり人というのは、「あ、この子は自分と同じだ」という感覚が相手に感じられない場合、好きとか愛とかを通り超して、単なる羨望や憧れという感情を抱いてしまうということです。

だからこそ、自分の弱みをさらけ出すというのは、愛される為の要素の一つなのです。

ずっと彼に愛される女性の条件とは?

なんだかんだエロい女性はモテる

はい、怒られそうな話ですが実際エロい女性はやっぱりモテますし、愛されキャラになります。ただし、エロいという言葉ですが「誰とでもセックスをする」という意味ではなく、「下ネタに乗ってくる」と言った感じの意味。もしくは「なんかエロい」というオーラを身に纏っている女性のこと。

まあ簡単に言ってしまえば、「男性の思考が分かる女性」ってやつです。

ですが実際、これは男女が逆であっても同じことが言えるはずです。つまり女性にモテる男性というのは、これも結局のところ「女性の思考が分かる男性」ということ。相手のして欲しいことが分かるのですから、そりゃ強いわけです。最強です。

ただ、このあたりのことは「努力して下ネタを話せるようになる」と頑張らなくも問題なし。別の要素を磨きましょう。

ずっと彼に愛される女性の条件とは?

最後に

さて今回は、「いつまでも愛される女性の条件」というお話でした。自己肯定感MAX・自分の弱みを見せることができる・エロいという3条件が彼に愛され続ける為に必要なこと。一度、自分の現状を思い直してみましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…