官能小説よりエロいエッチをする方法【ひとみしょうのエロくてすみません】

実は官能小説を読んだことがないので、官能小説というお題を頂いてからちらっとそれ関連のサイトをチェックしましたが、全部読まなくてもだいたいの内容が分かりました。

あなたも官能小説を読んだことがないとしても、恐らくあなたが想像している通りのことを(女子向けのエロいマンガとか、女子向けのエッチな動画の内容を)文字だけで表現している小説のことです。

さて、その官能小説よりエロいエッチをしたい場合、どうすればいいのか? わたしにはそんなエロ気持ちいい&うっとりしちゃうようなことをしてくれる相手がいないから無理! と思って寝ちゃってもいいと思いますが、それでは身も心も疼いて仕方のない人はどうすればいい?

どうやって探すのか?

官能小説よりエロいエッチをしようと思えば、まず「それ向きの」相手を見つけるところから始めるしかないように思います。

今あなたに付き合っている彼がいて、彼がエッチに淡泊だった場合、いきなり彼に官能小説向きのエロい人格に変わってもらおうと思っても、それはきっと無理です。

エロに興味津々&女子のことを気持ちよくさせるのが好きなパートナーを自分で探してこなくてはならない。魚を釣りたければ魚のいる場所に行くしかないのと同じです。ではどうやって探すのか?

女子の場合はエロいマッチングアプリで探すという方法がきっとすぐに浮かぶかもしれないですね。

男がそういうサイトに登録してもなかなかエッチできる相手に巡り会わないので、これは女子ならではのおいしい方法だろうと思うのだけれど、でも安全性を考えたらどうなのだろうと躊躇する人もいますよね。

でも思うんですが、エッチの基本は「自分の身は自分で守る」だから、エロいマッチングアプリを使ってエロいパートナーを探すのか否か、まずは自分で決めることです。

ちなみに運が良ければ、官能小説よりエロいエッチをしてくれる男と出会えるそうです。「そうです」というのは、女子から聞いたことなので「そうです」としか言えないのですが、そういう女子も運が悪ければ、最悪の場合、今この世にいないわけだから、わたしも運がいいはずだと信じ込んでそういうアプリに登録するのはありかもしれない。でもあくまでも自己責任です。

官能小説よりエロいエッチをする方法【ひとみしょうのエロくてすみません】

だいたいそんな風にしてパートナーを得ています

マッチングアプリを使わないなら、事あるごとに「官能小説よりもエロいことをしてみたい」と公言することです。

友達みんなに公言することはできないでしょうが、でもそういうことを言える相手って、必ず一人か二人いますよね。

例えば、会えばいつもエロトークばっかりする友達とか。そういう友達に「わたし、官能小説よりエロいエッチをしてみたいと思ってるんだけど」と言うといいです。そしたらそれを聞いた友達がちょうどいいパートナーを紹介してくれるかもしれない。

紹介してもらえなくても、「この子、官能小説よりエロいエッチをしてみたいって言ってるよ」というのが人づてに伝わって、合コンか何かのパーティーでそういう男性と知り合えるかもしれません。

ちなみに、そうやって自分がしたいエッチを事あるごとに誰かに言っていれば、やがてそういう人と知り合えます。官能小説よりエロいエッチをしているカップルって、だいたいそんな風にしてパートナーを得ているから。

官能小説よりエロいエッチをする方法【ひとみしょうのエロくてすみません】

エロい雰囲気が体中から溢れてくればOK

それは恥ずかしくて無理とか、そういう友達がいないという場合は、官能小説よりエロいエッチをしたいと願うことです。毎晩願うことです。願っていれば不思議なもので、そういう雰囲気が体中から出てきます。

そしたらそういうあなたを見た男性が「この子、なんかすごくエロいエッチをしたがってるように見える」と思って、あなたに上手く接近してくるので、その彼を上手く捕まえてエッチしちゃうといいです。

エロい男は、女子の体から溢れているエロそうな雰囲気を絶対に見逃さないんですよね。

官能小説よりエロいエッチをする方法【ひとみしょうのエロくてすみません】

ハプニングバーとかカップル喫茶ってあるでしょ? そういうところで話を聞いていると、大抵お互いに何となく似たような雰囲気を感じとって(つまり彼は彼女のことをエロいと思い、彼女も彼のことを絶対にエロいと思い)、それである日エロトークになってからの、サクッとエッチをして、お互いに「この人、絶対にいける」と思って、「実は官能小説よりエロいエッチをしたいんだけど」みたいな話になって、実際にそういうエッチをしてお互いに燃えて、ずっと付き合っている、というケースが非常に多いです。

適任のパートナーさえ見つかれば、いくらでも官能小説よりエロいエッチをすることができます。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

32うーん…